ミドリガメはビオトープで飼育できるかな? 〜ミドリガメの飼育と越冬〜

ミドリガメただいま冬眠中

※この記事はミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)の室外での飼育や冬眠による越冬を推奨するものではありません。冬眠により越冬させる際は、ミドリガメやお住まいの地域に合わせた環境をご用意ください。またこれによるいかなる損害についても、キッズイベントは責任を負わないものとしますので、あらかじめご了承ください。

20180103_ikimono_kame_toumin_01

ミドリガメの越冬を達成
冬眠中の環境について

ミドリガメミシシッピアカミミガメ/緊急対策外来種)の飼育を室外(ベランダ)でできないものか、そして冬は冬眠して越冬してくれないかと考え、2014年9月末、カメも随分と大きくなったので思い切って室外飼育に踏み切り、はじめて越冬を行ないました。

【レポート】「ミドリガメの室外飼育と越冬」の環境・経緯はこちら!

暖かくなった2015年春、冬眠から醒めて水からぴょこんと頭を出したミドリガメを見たときは、安心するとともに、自然との関係や生物の生命力はすごいなと感動しました。その後も毎年無事に越冬を繰り返し2018年を迎え、今まさに春に向けて冬眠中ですが、その環境は毎年異なっています。

2014年に用意した「ミドリガメのビオトープ」は、約50cm×73cmの「プラ舟(ぷらぶね)」に「荒木田土」と水性植物を入れ、ミドリガメは土の中で冬眠しました。しかし土はミドリガメが動くため常に濁っていたり、水の入れ替えのたびに少しずつ流れてしまい、2度目の冬眠を乗り越え、3度目の冬眠を迎える2016年の年末にはすっかりなくなってしまいました。

ミドリガメの室外飼育、ビオトープと越冬「ミドリガメのビオトープ」

2014年に用意した「ミドリガメのビオトープ」。カメが動くので常に水は濁り、水草はすべて食べてしまいました

冬眠に向けて新たに土を購入するか迷いましたが、土は重くて水の入れ替えや掃除が大変なのでビオトープから土をなくし、石と水だけの環境としました。植物も結局全部食べてしまうので、なし。味気ない環境ですが、水と甲羅干しができる石のみに。

しかし冬眠するのに水深の浅い水だけではかわいそうなので、3回目となる2016年末は近所からイチョウの落ち葉を集めてそれを寝床としました。プラ舟にたっぷりイチョウの落ち葉を入れ、水も多めに入れたところ、春には無事起きてきました。

予想と違ったのは、冬でも水に濡れた葉は腐るということ。落ち葉でもイチョウの葉には油分が多く含まれているから腐りづらいと思っていましたが、水は紅茶のような色になり、春近くには少し臭いも出てきていました。

そこで2017年末〜2018年春に挑戦しているのが、桜の落ち葉と水を少なめにしたもの。水も灯油ポンプとしておなじみの “醤油チュルチュル” を使って汚れてきたら取り替えています。

水を少なめにしたことで、落ち葉をよけると冬眠しているミドリガメを確認することができます。春に元気な姿を見せてくれるよう願いつつ、このまま静かに見守ることにしましょう。

ミドリガメの冬眠、ミドリガメのビオトープと越冬「ミドリガメのビオトープ」

2017年末〜2018年春のミドリガメの越冬環境は桜の落ち葉。上にかぶせているのは発泡スチロールの板

ミドリガメの冬眠、ミドリガメのビオトープと越冬「ミドリガメのビオトープ」

落ち葉をよけてのぞいてみると、冬眠中のミドリガメの甲羅が見えました

カメ冬眠中の呼吸はどうしてる?
カメの冬眠のメカニズム

体温を外の気温に頼り、自ら調節することのできない変温動物のカメは、気温の降下にともない体温と体の機能も低下し仮死状態になります。この状態で越冬することが「冬眠」です。カメの場合、気温や水温が15度以下になると活動が鈍くなり、5度前後になると冬眠をはじめるようになるそうです。

うちにいる2匹のミドリガメも、1匹は早々に冬眠状態に入りましたが、もう1匹は12月中旬ごろまでノソノソと動いていました(2017年12月の平均最高気温は11.1度、最低気温は2.7度)。

冬眠する場所は野生の場合、水底の土中やたまった落ち葉のなか、水辺近くの土に穴を掘って潜ります。ここでひとつ疑問が浮かんできます。そう、カメは肺呼吸をしているので、水中で冬眠している際の呼吸はどうしているのか、ということです。

通常カメは定期的に水面に顔を出して呼吸をします。しかし冬眠中はこのような息継ぎはせず、皮膚や粘膜から水中に溶けている酸素を取り入れる皮膚呼吸をしています。仮死状態では必要とする酸素が少なくてすむため、皮膚から取り入れる少ない酸素量でも生きていけるそうです。

【レポート】ミドリガメのビオトープづくりに挑戦はこちら!
【レポート】ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)の飼い方はこちら!
【レポート】メダカの住むビオトープのつくり方はこちら!

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20190424_event_wienmodern_00

    プレゼント!国立新美術館で開催!「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」ご招待券プレゼント!

    2019年に迎える日本・オーストリア外交樹立150周年を記念した「ウィーン・モダン クリムト、シーレ…
  2. 20190419_Netflix_rirakkuma_01

    Netflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』特製リラックマぬいぐるみプレゼント!

    世界中で愛され続けている “リラックマ”初のストップモーションアニメーション、Netflixオリジナ…

注目イベント

  1. 20190412_report_PIXAR_01

    2019年9月16日(月・祝)まで六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催!

    「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」に行ってきた!
    PIXAR(ピクサー)のアニメーションづくりのひみつを、実際に体験しながら学べる展覧会「PIXAR…
  2. 20190405_report_mammal2_01

    2019年6月16日(日)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」に行ってきた!
    2019年4月5日(金)、特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」に行ってきました!動物が生き残…
  3. 20190303_report_davinci_stone_03

    自己肯定感、共感力、コミュニケーション力をみがく体験イベント!

    第13回 ダヴィンチマスターズ(in ハウスクエア横浜内)開催!
    実験や観察などの体験を通じて科学や数理への興味を抱くきっかけづくりを行なう人気のイベント「ダヴィンチ…
  4. 20190221_report_MAT_06

    2019年3月3日(日)まで東京シティビューで開催!

    Media Ambition Tokyo 2019[MAT]に行ってきた!
    第1線で活躍するアーティストのデジタルアート作品を、東京シティビューならではの景色と融合した展示や体…
  5. 20190208_report_Pooh_01

    2019年2月9日(土)〜4月14日(日)まで、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催!

    「クマのプーさん展」に行ってきた!
    世界中で愛されている「プーさん」の原画展「クマのプーさん展」が、2019年2月9日(土)より東京・渋…

おすすめスポット

  1. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    KidsBee(キッズビー)
    日本初の本格ビュッフェ+室内遊具で親子3世代が安心して楽しめる大型施設『KidsBee(キッズビー)…
  2. 20180317_spot_foretaventure_chiba_01

    2018年3月17日(土)オープンのアドベンチャー施設

    フォレストアドベンチャー・千葉
    樹上での大冒険が楽しめる「フォレストアドベンチャー・千葉」が2018年3月17日(土)、さくら名所百…
  3. 20180621_spot_borderless_teamlab_01

    2018年6月21日(木)「身体で世界を捉え、立体的に考える施設」が東京・お台場にオープン!

    チームラボアスレチックス:運動の森
    森ビルとチームラボがお台場にオープンする「MORI Building DIGITAL ART MUS…

アーカイブ

ページ上部へ戻る