2023年8⽉23⽇(⽔)〜28⽇(⽉)まで⽇本橋三越本店で開催!

⻑坂真護展 Still A BLACK STAR – truth of capital –

⻑坂真護展 Still A BLACK STAR - truth of capital -の画像先進国が投棄した廃棄物でつくるアート
世界最悪のスラム街を
公害ゼロのサステナブルタウンへ

アートを通じてサステナブルな社会をめざす美術家・⻑坂真護の展覧会「⻑坂真護展 Still A BLACK STAR – truth of capital –」が、2023年8⽉23⽇(⽔)〜28⽇(⽉)に⽇本橋三越本店で開催!




世界でも有数の電⼦機器の墓場と⾔われるガーナのスラム街 “アグボグブロシー” 。⻑坂真護はアグボグブロシーやそこで暮らす⼈々との出会いをきっかけに、スラム街に集積した廃棄物を使ったアート作品の制作を開始。「サステナブル・キャピタリズム(=経済・⽂化・環境の3軸が好循環する持続可能な資本主義)」を掲げ、その売上を現地の⼈々へと還元する活動を続けています。

⻑坂真護展 Still A BLACK STAR - truth of capital -の画像

Star ish girl

⻑坂真護展」では、活動の原点である「ガーナ」シリーズを中⼼に、⻑坂真護の世界平和への願いが込められた作品の数々を展⽰・販売します。

ガーナのスラム街の電⼦機器廃棄物の⼭を⾒た際の想いを形にした「ガーナ」、平和を祈った「⽉」、未来を描いた「新世界」、⼩⾖島を舞台に描いた「⼩⾖島」、スラム街に住む⼦どもたち⾃⾝が描いた「スーパースターズ」、そして⾃⾝の路上画家時代の作品群「路上時代」など、さまざまなテーマで構成。

そのほか、⾼さ4メートル超えの⽴体作品「Tea pot on capitalism」や、横幅7メートルを超える「War of capital」、⾃⾝の代表シリーズ「真実の湖」の新作などを初披露する予定です。

「2030年までに、ガーナ⼈10,000名の雇⽤を通じ、“世界最悪のスラム街” を “公害ゼロのサステナブルタウン” へ」という、⻑坂真護の挑戦を体現する展覧会です。
※約3万⼈が住むと⾔われるアグボグブロシーで、事実上全世帯から雇⽤創出となる1万⼈雇⽤をめざしています。

⻑坂真護展 Still A BLACK STAR - truth of capital -の画像

⽉への集い

⻑坂真護展 Still A BLACK STAR - truth of capital -の画像

Tea pot on capitalism

⻑坂真護展 Still A BLACK STAR - truth of capital -の画像

Flower

⻑坂真護(ながさか まご)

美術家
MAGO CREATION株式会社 代表取締役
MAGO MOTORS JAPAN株式会社 代表取締役
MAGO MOTORS LTD CEO
iU 情報経営イノベーション専⾨職⼤学 客員教授

1984年⽣まれ。2009年、路上の絵描きとなり世界を放浪後、2017年に世界最⼤級の電⼦機器の墓場と呼ばれるガーナのスラム街・アグボクブロシーへ向かう。それ以降、スラムの⼈権と環境保全を改善するため廃棄物で作品を制作し、その売上から⽣まれた資⾦で、現地にアートギャラリー、リサイクル⼯場建設、オーガニック農業やEVの事業を展開。経済・⽂化・環境の3軸が好循環する新しい資本主義の仕組み「サステナブル・キャピタリズム」を提唱し、2030年までにガーナ⼈10,000名の雇⽤創出をめざす。スラム街をサステナブルタウンへ変貌させるため、⽇々精⼒的に活動を続けている。2022年、上野の森美術館にて⾃⾝初となる美術館個展を開催。第51回ベストドレッサー賞(学術・⽂化部⾨)受賞。ガーナに「MAGO MOTORS LTD」を設⽴し、現在ガーナ⼈38名の雇⽤を創出(2023年7⽉時点)。
http://www.magogallery.online

イベント名
⻑坂真護展 Still A BLACK STAR - truth of capital -
開催期間
2023年8月23日(水) ~ 2023年8月28日(月)
開催時間
10:00〜19:00(最終⽇は18:00終了)
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
⽇本橋三越本店 本館7階 催物会場(〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1)
https://www.mistore.jp/store/nihombashi/access.html
アクセス
・銀座線「三越前」駅より徒歩約1分
・半蔵門線「三越前」駅より徒歩約1分
・東西線「日本橋」駅(B9出口)より徒歩約5分
・都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩約5分
・JR「新日本橋」駅より徒歩約7分
・JR「東京」駅(日本橋口)より徒歩約10分
※東京駅からは「無料巡回バス メトロリンク日本橋」東京駅八重洲口のバス停(鉄鋼ビルディング)をご利用ください。
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20240722_present_rakugakids_01

    プレゼント!南砂町SUNAMO店、海老名ビナウォーク店オープン記念!「あそんで!そだてる!らくがキッズ」親子ペアご招待チケット プレゼント!

    雨でも子どもたちが思いきり身体を動かして遊べる施設「あそんで!そだてる!らくがキッズ」の南砂町SUN…
  2. 20240719_movie_tosochu_06

    プレゼント!JO1とFANTASTICSが競演!逃走中 THE MOVIE「ハンターグローブ」プレゼント!

    子どもたちに大人気のバラエティ番組「逃走中」。その「逃走中」が20周年という節目にドラマ映画化!『逃…

注目イベント

  1. リリース用KV_0620pm_fix_ol

    2024年7月20日(土)〜9月1日(日)コレド室町および日本橋エリアで開催!

    月面ワンダー ~日本橋に月をつくってみた~
    人類未体験の “ムーン” エンターテインメント「月面ワンダー ~日本橋に月をつくってみた~」が、20…
  2. 「オバケ?」展 の画像

    2024年7月13日(土)〜 9月29日(日)PLAY! MUSEUMで開催!

    「オバケ?」展 親子体験レポート!
    絵本、漫画、落語、アニメーション、音楽、写真などで楽しむ、オバケの不思議が大集合の「オバケ?」展が2…
  3. 20240712_report_konchuten_00

    2024年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「昆虫MANIAC(昆虫マニアック)」体験レポート!
    国立科学博物館の研究者によるマニアックな視点と昆虫標本に最新の昆虫研究を織り交ぜ、カブトムシやクワガ…
  4. 20240710_report_giantdinos_00
    全長約37メートル、世界最大級の巨大竜脚類「パタゴティタン・マヨルム」の全身復元骨格を展示する「巨大…
  5. 20240726_event_NAKED_OMATSURI_01

    2024年7月26日(金)〜8月16日(日)丸ビル(東京駅直結)で開催!

    NAKED “OMATSURI” Eat, Play, and Dance!(ネイキッド おまつり)
    東京タワー、新宿御苑など東京を代表するスポットで新体験を生み出してきたNAKED, INC.(ネイキ…

おすすめスポット

  1. 20220730_spot_SASUKEkidsADVENTURE_01

    超人気番組とコラボしたフィールドアスレチックが、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストに登場!

    SASUKEキッズアドベンチャー
    子どもと楽しめるアスレチック施設「SASUKEキッズアドベンチャー」が2022年7月30日(土)さが…
  2. 20230221_report_Wizkids_03
    東京ディズニーランドに好アクセスの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」内にオープンしたイ…
  3. 2024autumn_spot_tokyodome_01

    2024年秋、東京ドームシティ「黄色いビル」6階にオープン!

    施設名未定(宇宙旅行が体験できる宇宙関連施設)
    フリーローミング(自由歩行型)VR(バーチャルリアリティ)で未来の宇宙旅行が体験できるスペースエンタ…
  4. 20230313_report_dino2023_17

    2023年3月14日(火)〜6月18日(日)国立科学博物館で開催!

    「恐竜博2023」体験レポート!
    特別展「恐竜博2023」が2023年3月14日(火)から国立科学博物館で開催! 前日に行われた内覧会…
  5. 2020_spot_shikoku_aquarium_01

    四国最大級の水族館が2020年4月にオープン!

    四国水族館
    四国最大級の水族館「四国水族館」が2020年4にオープン! 瀬戸大橋にほど近い香川県宇多津町のうたづ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る