メダカが泳ぐ小さな生態系

“ビオトープ”をつくろう!

小さなものなら庭やベランダでもつくれる“ビオトープ”。単に生き物を飼うだけではなく、これなら自然と生態系の観察もできます。ずっと見ていても飽きない、意外と楽しいですよ。(記事作成:2008年9月)

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

ビオトープとは?

“ビオトープ(Biotop)”とは人工的に作られた“さまざまな生き物が共生できる場所”のことです。ドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルが提唱したのがはじまりと言われ、ギリシャ語の「bio(ビオ:命)」と「topos(トポス:場所)」との造語になります。

ドイツでは工業化などによる環境問題が深刻化した1970年代頃から、失われた生態系を復元するため、本来その地域に棲む生物が生息できるよう、生態系保全を意識した地域づくりとしてビオトープがつくられるようになりました。

日本でも1990年代末頃から各地でビオトープがつくられはじめ、今(2008年現在)では学校などにも導入され、体験学習のひとつとしてビオトープが活用されています。

※参考:独立行政法人 国立環境研究所

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

直径約70cmほどの睡蓮鉢です。5,000円で購入しました。ネットにもたくさんの種類の睡蓮鉢が売っています

ベランダにビオトープをつくろう!

このビオトープ、国が整備するものはもちろん、学校につくられるものもかなり本格的ですが、ごくごく小さいものなら自宅のお庭やベランダでも可能です。庭やベランダにつくることから「ビオトープガーデン」など別称で呼ばれることもありますが、今回はこのビオトープをベランダにつくってみました。

「なぁ〜んだ、そんなの?」と思われてしまうかもしれませんが、つくり方はとっても簡単。大きめの睡蓮鉢に土(荒木田土か、最近ではビオトープ用の土も販売されています)を敷いたら水を入れ、そこに水生植物を植え、メダカを放せばおしまいです。かかる費用も、睡蓮鉢の価格によりますが、5,000円〜8,000円もあれば最小限なものはできあがります。

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

「ホテイアオイ」という水草です。水に入れておくと、勝手に株が分かれて増えていきます。1株50円で購入。夏には紫色のきれいな花を咲かせるそうです

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

「スイレン」という水草です。根をガッチリと張ってしまうので、鉢に入れたままの方が、あとの管理が楽です。1,000円で購入しました

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

田んぼからとった土「荒木田土」には、微生物がいっぱい。2リットルで300円程度。「ビオソイル」という、ビオトープ専用の土も販売されているそうです

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

薄い黄色の「ヒメダカ」と、薄い青色をした「青メダカ」を購入しました。3匹で500円程度。縁日の「メダカすくい」ですくってきてもいいですね

自然は巡る

そしてこのビオトープ、すごいところはエサも水の入れ替えも、もちろんエアポンプなども必要ないところ。人工でつくったものとは言え、自然な生態系を目指していますから、エサやエアポンプなんてものは必要ないのです。

睡蓮鉢の底に敷いた土には目に見えない微生物がいっぱい生息しています。メダカはその微生物を食べ、植物はメダカの排泄物を栄養に育ち、光合成により水中に酸素をもたらしてくれるのです。さらに不思議なことに、どこからかタニシが出てきて鉢内に付いた藻を食べて掃除してくれます。蒸発して少なくなった水は、雨によってもとに戻ります(夏場など蒸発が激しく、あまりにも少なくなったら、水を足します)。

また外的な要素も関わってくると、さらに楽しいことになります。鳥が水を飲みに来たり、トンボが卵を産みに来たり。個人的な目標のひとつは、このビオトープに自然にヤゴが現れること。その場合もちろんメダカがエサとして食べられてしまうのでしょうが、それはそれ、生態系ですから。当初7匹だったメダカですが、今では20匹近い稚魚が元気に泳いでいます。ヤゴが現れる頃には生態系が崩れない程度には増えていることでしょう。

なお、かなり後で気が付いたのですが、ヤゴが無事羽化できるよう背の高い植物も植えないといけないですね。

ずっと見ていても飽きない、意外に楽しいんです

そうやって今後の展開なども想像しながら見ていると、こんな小ちゃなビオトープですが、意外におもしろいんです。おそらくは予想していなかったことも、起こるんでしょうね。今では毎日ベランダに出ては、メダカ元気かな、とか、稚魚は何匹いるかな、なんてしばし見入っています。自然ですから、癒しとしての役割もあるかもしれませんね。

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:01】スイレン鉢に荒木田土を入れます。荒木田土はまだ全部入れず、半分程度残しておきます

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:02】固まっている土は砕いておきましょう

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:03】スイレンをポットから取り出します

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:04】ポットから取り出したスイレンを鉢に入れます。スイレンは根をガッチリ張るので、こうしておいた方があとの管理が楽になります

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:05】スイレンの鉢をスイレン鉢に入れ、位置を決めます。そのまわりに残りの荒木田土を入れます

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:06】静かに水を入れます。水が濁らないように注意しましょう(とは言え、濁ります)

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:07】“静かに”と言っているのにかき混ぜてしまう子ども。まぁこんなもんでしょう。よい子は真似しないように

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:08】水を入れたらホテイアオイを浮かべます。今日できるのはここまで。メダカの放流は泥が沈殿し、水の濁りがなくなってからです。2〜3日このまま放置します

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:09】2〜3日もすると、だいぶ水が透き通ってきました。これなら、そろそろメダカを放せますね

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:10】水槽に入れておいたメダカを網ですくいます。小さいので慎重に

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:11】すくったメダカをビオトープへ移します。新しいこの環境は、気に入ってくれるでしょうか?

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:12】元気に泳いでいますね。水槽と違って横からの様子は見えなくなりますが、その方が自然と言えば自然ですね

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

【ビオトープの作り方:13】これでビオトープのできあがり。基本的にはこのまま何もしませんが、極端に水が少なくなったら水を足し、またアオミドロという藻が大量に発生したら取り除きます

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

ビオトープをつくって2週間ほどしたら、メダカのお腹に卵がありました。メダカは最初はお腹に卵を抱え、しばらくすると水草の根に卵を移します

メダカが泳ぐ小さな生態系 “ビオトープ”を子供と一緒につくろう!

水面をよ〜く見たら、卵から孵った稚魚が泳いでいました。体長5mmくらい。元気に大きくなるといいですね

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20170306_present_sing_01

    試写会プレゼント! 豪華日本語吹替キャストも話題!映画「SING/シング」(日本語吹替版)親子試写会プレゼント!

    2017年3月17日(金)の映画「SING/シング」の公開を記念して、抽選で10組20名様に、201…
  2. Main slab of rare fossil 'dinobird' and earliest bird found in the Upper Jurassic of Solenhofen in Germany, now on display at The Natural History Museum, London.  Known also as the London Archaeopteryx.

    2017年3月18日(土)〜6月11日(日)まで国立科学博物館で開催!「大英自然史博物館展」ご招待券プレゼント!

    「大英自然史博物館」の収蔵標本の中から貴重なコレクションを展示する「大英自然史博物館展」が、2017…

注目イベント

  1. 20170105_report_DAVID_BOWIE_is_03

    デビッド・ボウイの大回顧展が開催!ステージ衣装や手書きの歌詞などが公開!

    「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!
    2016年1月に亡くなった英国のロックスター、デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE …
  2. 20161208_report_GGP_01

    COMMUNE246を再生可能エネルギーとのタッチポイントに!

    GREEN POWER プロジェクトがソーラーパネルカー「みどり号」お披露目!
    『GREEN POWER(グリーンパワー)プロジェクト』では2016年12月8日(木)、東京・表参道…
  3. 20161208_report_desney_art_01

    2017年4月8日(土)から日本科学未来館で開催!

    企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」詳細発表!
    ミッキーマウスの誕生から最新作「モアナと伝説の海」まで、約90年にわたるディズニー作品の原画を展示す…
  4. 20161110_report_t_rex_01

    全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!

    新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!
    2016年11月10日(木)、株式会社ON-ARTが国際特許取得技術により実現した、全長8メートルに…
  5. 20161031_report_rasuko_01

    私たちの祖先クロマニョン人の豊かな創造性や芸術のはじまりを体感!

    特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」開催!
    東京・上野の国立科学博物館で11月1日(火)から「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…
  2. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  3. 201610_facilities_miraikan_01

    先端科学技術を体験するサイエンスミュージアム

    日本科学未来館
    「日本科学未来館」は、私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する体験型のサイエンスミュージア…
ページ上部へ戻る