2023年10月18日(水)~2024年3月31日(日)森美術館で開催!

私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

森美術館開館20周年記念展「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」の画像

エミリヤ・シュカルヌリーテ 《沈んだ都市》2021年
ビデオ・インスタレーション 9分33秒

現代アートを通して環境危機を考える
我々の未来にある「希望」とは?

世界共通の喫緊の課題である環境危機に対して、現代アートを通して多様な視点で考えることを提案する森美術館開館20周年記念展「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」が、2023年10月18日(水)~2024年3月31日(日)に森美術館で開催!

産業革命以降、特に20世紀後半に人類が地球に与えた影響は、それ以前の数万年単位の地質学的変化に匹敵すると言われています。環境危機は喫緊の課題であり、国際的なアートシーンにおいても重要なテーマとして多くの展覧会が開催されています。




「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」では、現代アートの環境危機に対する向き合い方や取り組み、そしてどのように私たちの問題として意識喚起していくのかを、国際的なアーティストによる歴史的な作品から本展のための新作まで多様な表現を紹介します。

また、人類による過度な地球資源の開発の影響を明らかにすると同時に、AIなど最先端のテクノロジーと古来の技術の双方の考察を通して、ある種の「希望」も提示します。

森美術館開館20周年記念展「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」の画像

ハンス・ハーケ《海浜汚染の記念碑》(《無題》1968-1972/2019年の部分)1970年
デジタルCプリント 33.7×50.8 cm
Courtesy: Paula Cooper Gallery, New York © Hans Haacke / Artists Rights Society (ARS), New York

地球環境は誰のもの?
現代アートの環境危機との関わり方

本展のタイトル「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」は、私たちとは誰か、地球環境は誰のものなのか、という問いかけです。人間中心主義的な視点のみならず、地球という惑星を大局的な視点から見渡せば、地球上にはいくつもの多様な生態系が存在することにあらためて気付くでしょう。

本展では、環境問題をはじめとするさまざまな課題について多様な視点で考えることを提案します。また輸送を最小限にし、可能な限り資源を再生利用するなどサステナブルな展覧会制作を通じて、現代アートやアーティストたちがどのように環境危機に関わり、また関わり得るのかについて思考を促し、美術館を対話が生まれる場とします。

森美術館開館20周年記念展「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」の画像

西條 茜《果樹園》2022年 陶 130×82×82 cm
展示風景:「Phantom Body」アートコートギャラリー(大阪)2022年
撮影:来田 猛

イベント名
私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために
開催期間
2023年10月18日(水) ~ 2024年3月31日(日)
※会期中無休
開催時間
10:00~22:00(最終入館は閉館時間の30分前まで)
※火曜日のみ17:00まで
※ただし2024年1月2日(火)、3月19日(火)は22:00まで
対象年齢
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
https://art-view.roppongihills.com/jp/info/index.html#access
アクセス
・東京メトロ 日比谷線「六本木」駅 1C出口 徒歩約3分(コンコースにて直結)
・都営地下鉄 大江戸線「六本木」駅 3出口 徒歩約6分
・都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」駅 7出口 徒歩約9分
・東京メトロ 南北線「麻布十番」駅 4出口 徒歩約12分
・東京メトロ 千代田線「乃木坂」駅 5出口 徒歩約10分
料金
平日
・一般:2,000円(1,800円)
・学生(高校・大学生):1,400円(1,300円)
・子ども(4歳~中学生):800円(700円)
・シニア(65歳以上):1,700円(1,500円)

土・日・休日
・一般:2,200円(2,000円)
・学生(高校・大学生):1,500円(1,400円)
・子ども(4歳~中学生):900円(800円)
・シニア(65歳以上):1,900円(1,700円)

※表示料金は消費税込
※本展は事前予約(日時指定券)が可能です。以下の専用オンラインサイトから「日時指定券」をご購入ください。なお日時指定券の販売開始日は、2023年8月4日時点では未定です。
https://visit.mam-tcv-macg-hills.com
※当日、日時指定枠に空きがある場合は、事前予約なしで入館可能。
駐車場
300円/30分(600円/時間)
主催者名
・主催:森美術館
・企画:マーティン・ゲルマン(森美術館アジャンクト・キュレーター)/椿 玲子(森美術館キュレーター)
*第2章ゲスト・キュレーター
バート・ウィンザー=タマキ(カルフォルニア大学アーバイン校美術史学教授、美術史家)
問い合わせ
ハローダイヤル:050-5541-8600
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. blue_pos_jp_f

    プレゼント!映画『ブルー きみは大丈夫』フレンドシップ・ブレスレット プレゼント!

    孤独な少女と、想像力豊かな子どもにだけ見える不思議な存在 “もふもふ” ブルーの物語、映画『ブルー …

注目イベント

  1. 20240513_interview_arashinoyoruni_01

    2024年8月24日(土)・25日(日)日生劇場で上演! 日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2024

    音楽劇『あらしのよるに』キャスト 白石隼也さん、南野巴那さんインタビュー!
    オオカミとヤギ、本来なら仲良くなるはずのないふたりが「食べる側」「食べられる側」の関係をこえて友情を…
  2. 202412_movie_saibou_01

    2024年12月、はたらきます!漫画『はたらく細胞』がまさかの実写映画化!

    はたらく細胞
    細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定で大ヒット中の漫画『はたらく細胞』が超豪華キャスト×…
  3. 20241206_movie_moana2_01

    2024年12月6日(金)全国劇場公開!『アナと雪の女王』『ウィッシュ』のディズニー・アニメーション・スタジオ最新作!

    モアナと伝説の海2
    珠玉の音楽と圧巻の映像美で世界中を感動の渦に包み込み数々の映画賞にノミネートされた『モアナと伝説の海…
  4. 東京スカイツリータウンⓇ 夏休みイベント2024の画像

    2024年7月12日(金)~9月1日(日)東京スカイツリータウンで開催!

    東京スカイツリータウン®夏休みイベント2024
    東京スカイツリータウンでは夏休みイベント「東京スカイツリータウン(R) 夏休みイベント2024」を2…
  5. 大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®の画像

    2024年7月13日(土)〜8月26日(月)東京スカイツリータウン®で開催!

    大昆虫展 in 東京スカイツリータウン® 〜ようこそ昆虫の惑星へ〜
    珍しい昆虫たちと直接ふれあえる「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」が、2024年7月13日(…

おすすめスポット

  1. 20220427_event_moomin_01

    2022年4月27日(水)~7月3日(日)ムーミンバレーパークで開催!

    ムーミン谷とアンブレラ
    日本最大級約1,200本の傘が広がる「ムーミン谷とアンブレラ」が2022年4月27日(水)~7月3日…
  2. 2018_kamogawa_001

    海の生き物たちと出会える場所、シャチ、ベルーガのパフォーマンスも必見!

    鴨川シーワールド
    イルカやシャチなどのパフォーマンス楽しめる水族館「鴨川シーワールド」。海の世界との出会いをテーマに8…
  3. pr

    2021年7月16日(金)開業! 新感覚の体験型デジタルミュージアム

    ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO
    図鑑でしか見られない生き物に会える新感覚の体験型施設『ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM …
  4. 20211203_report_MORIUM_00

    2022年1月12日(水)森永製菓 鶴見工場内にオープン!

    森永エンゼルミュージアムMORIUM(モリウム)
    子どもが大好きなお菓子「チョコボール」や「ハイチュウ」の森永製菓は2022年1月12日(水)、横浜の…
  5. 20230315_report_solaful_kids_08

    2023年3月17日(金)東京ソラマチにオープン!

    「みんなの遊び場ソラフルパーク」体験レポート!
    0歳のお子さんも安心して楽しめるインドアプレイグラウンド「ちきゅうのにわ」を中核に、さまざまな世代の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る