2019年11月30日(土)、12月1日(日)、神田明神で開催!

平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映&パフォーマンス

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

2020年の「月夜のからくりハウス」再演に向け、プチ「月夜のからくりハウス」が開催!

平成まぜこぜ一座のプチ公演が
2020年の再演に向け開催!

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました!

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

会場となった神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIO。当日は「江戸東京夜市」が開催。結婚式や七五三もあり、たくさんの人で賑わっていました

これは2017年12月10日(日)に品川プリンスホテル「クラブ eX」で開催した一夜限りの舞台「月夜のからくりハウス」の記録上映とミニパフォーマンスの上演。2017年の公演は大好評で再演を望む声も多く、本来なら舞台の公演をしたいところですが、協賛や助成がつかず再演にはいたらず、しかし2020年の再演に向け、“前へ進むために” 実施されたものです。

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

Get in touchも露店を出店。「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンスのチケットを販売していました

“平成まぜこぜ一座” は
映画『グレイテスト・ショーマン』

“平成まぜこぜ一座” は、女優の東ちづるさんが代表を務める、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざす一般社団法人 Get in touchが結成したパフォーマンス集団。

2016年のリオ・デ・ジャネイロで開催されたパラリンピックで注目を集めた「車椅子ダンサー」、HIVの啓発を行なう「女装詩人」、芸能界で唯一の「寝たきり芸人」ほか、「手話漫才師」「全盲の落語家」などなど、それぞれの特性を活かしたプロのパフォーマー30組以上が所属しています。

その一座が見せてくれるパフォーマンスは、簡単に言うと、「月夜のからくりハウス」の公演のあった翌年、2018年に公開して大ヒットした映画『グレイテスト・ショーマン』に似ています。

実話をもとにした映画で、ヒュー・ジャックマン演じる伝説の興行師 P.T.バーナムは、ショービジネスを行なうにあたりヒゲが濃い女性、小人、大男、連結双生児など、差別や偏見に見舞われている人たちを集め、いわゆる “見世物小屋” を開いたのでした。

興行は大当たりしたものの、19世紀半ばの当時でもそのショーは賛否両論。しかし映画を観て感じるのは、誰にとっても “居場所” というものは本当に大切なんだということ。P.T.バーナムは、隅に追いやられていた人たちを光の当たる場所へと連れ出しました。

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

2020年こそは「月夜のからくりハウス」を再演したい。応援お願いします! と、Get in touchの代表、そして平成まぜこぜ一座では悪徳座長に扮する東ちづるさん

昭和まで残っていた
見世物小屋を令和の時代に復活!?

ひるがえって “平成まぜこぜ一座” 。日本でも江戸から明治にかけて見世物小屋は大衆娯楽のひとつとして大人気、演者さんはスターのようでもあったそうです。見世物小屋は障がい者の方々の就労先のひとつでもありました。もちろん、きれいごとだけではなかったでしょうけれど。

元号が昭和になっても「小人プロレス」がテレビで放映されたり、小人のコメディアンがバラエティ番組で活躍するなど “居場所” はまだ残っていました。しかし昭和50年以降、「障がい者を見世物にするなんて不謹慎、けしからん」という批判が起こり、いまではすっかり見なくなってしまいました。

“平成まぜこぜ一座” は、『グレイテスト・ショーマン』を、“見世物小屋” を、今の世に蘇らせようという試みです。東ちづるさんは「海外ではダウン症の役者さんだけが出演するドラマがあったり、さまざまな特性をもつパフォーマーやアーティストが表舞台で活躍しています。日本にも自身の特性をアドバンテージに、日々、努力を重ねて、エンタメの世界で活躍したいと願っている表現者がいます。ならばチャンスをつくる!」と語っています。

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

今回のプチ「月夜のからくりハウス」で舞台進行役として非常に重要な役割を務めた劇団「ひとの森ケチャップ」。障がいを持った劇団員がカラフルな衣装をまとい、独特のリズムで演技する様子がとっても可愛く、癒してくれました。劇団「ひとの森ケチャップ」は、障がいのある人もない人もまぜこぜの劇団です(写真:井口康弘)

確かに、障がいや、多くの人と異なる容姿などを見て笑っていいのか、その葛藤というか罪悪感のようなものは自分の中にも存在しています。しかし、表現したい人に目標や活躍の場があるのは素晴らしいことで、それはパラリンピックと何ら変わりません。

それに、夢や目標があるなら、誰もが自らの身体で、頭で挑戦しなければなりません。背が小さくても大リーグやNBAをめざす人がいるように、持って生まれた、または、そうなった身体でやりたいことに挑戦し、自らの “居場所” をつくろうとするのは、障がいの有無に関係なく、みな同じことです。

以前、東ちづるさんがインタビューでおっしゃっていた「年をとれば誰もが障がい者になる」という言葉がとても印象に残っています。人生100年時代と言われはじめ、高齢になるに連れできないことが増えていく中にあっても、おそらく多くの人はできることに挑戦するはずです。

障がいを “晒している” ことに嫌悪感を覚える人はいるでしょう。見世物小屋なので、おどろおどろしい感じはあるし、多少、セクシャリティにも踏み込んでいるものもあり、子どもに見せるには好ましく思わない人の気持ちも理解できます。でもそれは目に見える表層の部分で、本質とは異なります。さまざまなパフォーマンスがあるので好き嫌いもあるはず。しかし家に帰ってパンフレットを読むと、改めて気がつくことも多々あるのです。




芸術と見世物の違いは?
知ることから変わりはじめる

今回は上映のほか、全盲の高校生シンガーソングライター 佐藤ひらりさんのミニライブ、発達障害(自閉症)のダンサー 想真さんのダンス、そして車椅子ダンサー かんばらけんたさんのパフォーマンスがありました。

全盲のシンガーと言えばスティービー・ワンダーが思い浮かびますが、彼が歌う姿を見世物と思う人はいるでしょうか? 日本人でも、世界で活躍する全盲のピアニストに辻井伸行さんがいますが、芸術と見世物の違いは何でしょう? 音楽的才能の披露なので障がいを晒しているものではないという認識でしょうか?

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

佐藤ひらりさんは2013年、アメリカ ニューヨークのアポロシアターの音楽イベント「アマチュアナイト」に挑戦し、ウィークリーチャンピオンを獲得(写真:井口康弘)

車椅子ダンサーのかんばらけんたさんは、ダンサーであることはもちろん、その鍛えられた肉体はアスリートそのもの。日頃の練習はもちろん、特殊な車椅子を使ってのダンスは、誰も真似できないでしょうから、振付から構成まで、すべてをひとりで考えているのでしょうか。一見では車椅子に乗っている障がいのある方ですが、唯一無二のパフォーマンスができるダンサーであるとともに、システムエンジニアとして働いている会社員でもあり、お父さんでもあります。

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

2016年に開催されたリオ・デ・ジャネイロ パラリンピックの閉会式で、東京パラリンピックへの引き継ぎセレモニーでダンスを披露したことで注目を集めた、かんばらけんたさん。パラリンピック関連イベントや各種メディアなどに出演しつつ、学校での講演も行なっている(写真:井口康弘)

知れば知るほど、障がいの部分は小さくなっていく感じがします。知らないだけ、接点がなかっただけということがわかってきます。「ジロジロ見たらいけません」と言われて育ってきた人たちに、平成まぜこぜ一座の「月夜のからくりハウス」は、笑っているうちに免疫をつけてくれるようなものかもしれません。楽しみながらその免疫が社会に広く広がればいい。誰にとっても優しい社会、居場所のある社会は、きっと過ごしやすいはず。長生きすれば誰もが障がい者になっていく世の中にあっては、とても必要なことです。

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

発達障害(自閉症)のダンサー 想真さんは狐の舞踏家。150億歳で性別はない。ひきこもりを脱して2012年よりダンス活動をスタート。ベトナム、パレスチナ、ペルーなど毎年各国のフェスティバルに出演。その際、村や孤児院をまわる活動を続けている(写真:井口康弘)

ぜひ一度観てほしい
どう思うかは自由

“平成まぜこぜ一座” はパフォーマーも一流なら、それを支えているGet in touchの方々も一流揃い。一流のエンターテインメントで、真剣な見世物、これを見て単純に楽しむ人もいれば、勇気をもらう人もたくさんいると思います。罪悪感、嫌悪感はあって当然、しかしそれは、今まで気がつかなかった、自らの中にある差別かもしれません。

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、神田明神の文化交流館 EDOCCO STUDIOで、『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』が開催。どのような感情になるか多少の不安を抱きつつ、観てきました。

パフォーマーも、それを支えるスタッフも一流揃い。今回のプチ「月夜のからくりハウス」でも、これだけの人数でつくっています(写真:井口康弘)

自虐ネタやコミカルな動きに思わず笑ってしまったり、魂の叫びに心が震えたり、その体の動きに圧倒されたり、見世物小屋には多様な出し物があり、きっと思いもしなかったいろいろな感情が生まれるはずです。それをどう思うかは自由。そして表現したいと思うのも自由なのです。もちろん、表現したい人もいれば、見られたくない人もいるでしょう。誰もが同じではないことは、みな同じです。まずは一度見て、いろいろなことを感じてみてほしいと思います。

多様性は社会を、心を豊かにしてくれます。Get in touchは、誰も排除しない「まぜこぜの社会」の実現、そして究極的には、団体が必要なくなること、つまり解散を目標としています。2020年は東京オリンピック、そしてパラリンピックが開催され、障がいに対する考え方、見え方が大きく変わることでしょう。平成まぜこぜ一座も、障がい者の方々への認識を変える大きな足がかりとなるものです。

そして、今回のプチ「月夜のからくりハウス」開催から数週間後、平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」の2020年の開催が決定しました。パラリンピック大会の期間中、神田明神の大きなホールで開催されます。パワーアップした「月夜のからくりハウス」の再演が楽しみです。そして、この機会に、ひとりでも多くの人に見ていただければと思います。

【イベント概要】『平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」記録映画上映 &パフォーマンス』2019年11月30日(土)・12月1日(日)EDOCCO STUDIOで開催!

【イベント概要】『「月夜のからくりハウス」〜平成まぜこぜ一座〜』2017年12月10日(日)品川プリンスホテル「クラブ eX」で開催!

【レポート】Get in touch制作のLGBT啓発DVD「自分が自分らしく生きるために」が、全国の小・中学校へ無料配布!

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20211227_event_chihayafuru_02

    プレゼント! 完結に向けた記念の原画展ちはやふる展ご招待券プレゼント!

    「競技かるた」を題材とした末次由紀さんの少女漫画『ちはやふる』の過去最大規模の原画展『ちはやふる展』…
  2. 20211201_event_Desney_Dog_Cat_00

    プレゼント!「ディズニー キャッツ&ドッグス展」ご招待券プレゼント!

    ディズニー作品の永遠のテーマのひとつ“動物”の中から“犬と猫”をテーマに、ディズニーの動物作品の魅力…

注目イベント

  1. 20211023_movie_precure_01
    2021年10月23日(土)に公開した『映画トロピカル〜ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪…
  2. 20211111_report_PLAYPARK_ERICCARLE_01

    2021年11月12日(金)二子玉川ライズ・ショッピングセンターに開業!

    PLAY! PARK ERIC CARLE(プレイパーク エリック・カール)オープン!
    世界中の子どもたちから愛されている絵本『はらぺこあおむし』の作者 エリック・カールの描く世界がテーマ…
  3. 20211028_report_ukiyoegekijou_05

    2021年10月30日(土)~2022年4月10日(日)角川武蔵野ミュージアムで開催!

    「浮世絵劇場 from Paris」に行ってきた!
    フランスで200万人を動員、浮世絵とデジタルテクノロジーを融合し巨大映像空間で浮世絵の世界に没入体験…
  4. 20211014_interview_komatsumiwasan_01

    2021年10月14日(木)「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」キックオフイベントが開催!

    現代アーティスト 小松美羽さんインタビュー
    障がいのあるアーティストの作品を下町・深川の町中に展示る「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」が202…
  5. 20211025_report_kimetsu_01

    2021年10月26日(火)から森アーツセンターギャラリーで開催!

    『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が開催!
    『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が2021年10月26日(火)から森アーツセンターギャラリーで開催!『鬼…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  2. 20190316_spot_moomin_00

    2019年3月16日(土)に埼玉県宮沢湖畔にオープン!

    ムーミンバレーパーク
    ムーミンの物語をテーマとした施設「ムーミンバレーパーク」が、2019年3月16日(土)、埼玉県宮沢湖…
  3. 20190315_spot_UNKO_01

    2019年3月15日(金)横浜駅東口アソビル2Fに期間限定オープン!

    うんこミュージアム YOKOHAMA
    UNKO(うんこ)が紡ぐ新感覚アミューズメント空間「うんこミュージアム YOKOHAMA」が、201…
  4. 20200417_spot_tokyo_mizumachi_01

    「浅草」と「東京スカイツリータウン®」を結ぶ新たなエリアが誕生!

    鉄道高架下複合商業施設「東京ミズマチ®
    浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ鉄道高架下に、新たな複合商業施設「東京ミズマチ®」が誕生、浅草側の…
  5. 20190809_spot_unkomuseum_01

    2019年8月9日(金)、ダイバーシティ東京プラザ 2階にオープン!

    うんこミュージアム TOKYO
    2019年3月に横浜にオープンし大人気を博している「うんこミュージアム YOKOHAMA」。その第2…

アーカイブ

ページ上部へ戻る