“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”

新江ノ島水族館

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」(えのすい)

江の島、富士山、相模湾、絶好のロケーションを誇る
本格的なエデュテインメント型水族館

“えのすい”の愛称で親しまれる「新江ノ島水族館」は、相模湾に面し、右手に富士山、左手に景勝地・江の島が控える絶好のロケーションを最大限に活用した水族館です。特にイルカやアシカがパフォーマンスを披露する「イルカショースタジアム」は、湘南海岸に浮かぶ富士山と江の島の美しい景観を背景に設計され、絶景とともに動物たちのパフォーマンスを楽しめます。

“わくわくドキドキ冒険水族館”をコンセプトにしている「新江ノ島水族館」。いつ来ても新しい「発見」に出会える場として、来館するたびに海や生命にひそむ多くの不思議を「発見」し、海遊びを発展させた体験プログラムから「驚きや感動」を感じられるよう、エデュテインメント性の高いコンテンツとプログラムを開発・提供しています。相模湾をそのまま再現したような水槽や、神秘的なクラゲファンタジーホール、JAMSTEC(ジャムステック/海洋研究開発機構)との共同で日本初の深海生物の長期飼育に挑戦するプロジェクト「深海Ⅰ」など、珍しい展示をたくさん見られます。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

JAMSTEC(海洋研究開発機構)と共同で深海生物の長期飼育に挑戦しているプロジェクト「深海Ⅰ」

潮風を全身で感じながら、雄大な富士山、緑の江の島、四季折々の湘南の浜辺が一望できるオープンデッキ「オーシャンデッキ」は2階海側に72メートル続き、全館を通して相模湾に面した“えのすい”ならではの施設です。1年を通じてゆっくりと沈む美しい夕陽を眺められるデッキは、“えのすい”の人気スポットのひとつになっています。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

72メートルもの長さを誇る、湘南の浜辺が一望できるオープンデッキ「オーシャンデッキ」

【主な展示施設】
相模湾の海中を再現! 銀色に輝きながら、うねり泳ぐ約8,000匹のマイワシ
1年を通じてマイワシが生息する相模湾は、国内でも有数のイワシの漁場として知られています。館内で最大規模となる「相模湾大水槽」では相模湾の海の中を再現、8,000匹のマイワシの大群が銀色に輝き、うねり泳ぐ様子を目の前で観察できます。普段は見ることができないマイワシの生態を楽しめます。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

相模湾キッズ水槽
「相模湾大水槽」では紹介しきれなかった小さな生物を展示している「相模湾キッズ水槽」は、小さなお子さまが観察しやすいように低位置に水槽を配置し、自ら興味をもって楽しく観察できるよう一部に開閉式の覗き窓を設置しています。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

美しきクラゲの世界へ「クラゲファンタジーホール」
クラゲの体内をイメージさせる半ドーム式の空間の壁面に大小13の水槽と、ホール中央に球型水槽「クラゲプラネット〜海月の惑星〜」を配置。世界で一番大きなクラゲのひとつとされる「シーネットル」をはじめ、常時約14種類のクラゲを公開しています。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

新施設「ウミガメの浜辺」
新江ノ島水族館の目の前の海、相模湾には複数種のウミガメが回遊・生息しています。「ウミガメの浜辺」はウミガメが暮らしやすい環境を考えた施設で、相模湾を回遊する「アカウミガメ」「アオウミガメ」「タイマイ」を一年中間近で見られます。ウミガメの生態はもちろん、“えのすい”でのウミガメ研究、フィールドでの活動についても紹介しています。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

人とイルカのコラボレーション・ショー「ドルフェリア」
観た後にやさしい気持ちになれる、人とイルカのコラボレーション・ショー「ドルフェリア」〜どんなときもそばにいるから〜。“えのすい”生まれ、飼育下四世イルカも登場! 他では見られない“えのすい”だけのハートフルな新感覚ドルフィンパフォーマンスを楽しめます。他に、イルカ・アシカショー「きずな/kizuna」、ペンギンのショーも。

“えのすい”の愛称で親しまれる“わくわくドキドキ冒険水族館”「新江ノ島水族館」

その他、人数限定のふれあいプログラム「イルカと握手」や、不定期で「お泊りナイトツアー」「スペシャルナイトツアー」なども開催。

施設名
新江ノ島水族館
施設名かな
しんえのしますいぞくかん
住所
251-0035
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
アクセス
【電車】
・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅より徒歩約3分
・江ノ島電鉄線「江ノ島」駅より徒歩約10分

【クルマ】
・東名高速道路厚木ICから約24km
・横浜横須賀道路朝比奈ICから約12.5km
電話番号
0466-29-9960
営業時間
9:00 〜 17:00
※入場受付は閉館の1時間前まで
※季節により変更あり
定休日
年中無休
※施設メンテナンス等で臨時休館あり
料金
・大人:2,100円
・高校生:1,500円
・中学生・小学生:1,000円
・幼児(3歳以上):600円
駐車場
近隣に駐車場あり
公式サイト

近くにこの施設もあります

イベントカレンダー

プレゼント

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    プレゼント! 遊びながら、ひらめきや想像力を育む!知育玩具ブロック「ジスター(GESTAR)」プレゼント!

    Amazonや楽天で知育玩具カテゴリにおいて上位1〜5位を常にキープしている人気の知育おもちゃ、遊び…
  2. 20190419_Netflix_rirakkuma_01

    Netflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』特製リラックマぬいぐるみプレゼント!

    世界中で愛され続けている “リラックマ”初のストップモーションアニメーション、Netflixオリジナ…

注目イベント

  1. 20190412_report_PIXAR_01

    2019年9月16日(月・祝)まで六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催!

    「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」に行ってきた!
    PIXAR(ピクサー)のアニメーションづくりのひみつを、実際に体験しながら学べる展覧会「PIXAR…
  2. 20190405_report_mammal2_01

    2019年6月16日(日)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」に行ってきた!
    2019年4月5日(金)、特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」に行ってきました!動物が生き残…
  3. 20190303_report_davinci_stone_03

    自己肯定感、共感力、コミュニケーション力をみがく体験イベント!

    第13回 ダヴィンチマスターズ(in ハウスクエア横浜内)開催!
    実験や観察などの体験を通じて科学や数理への興味を抱くきっかけづくりを行なう人気のイベント「ダヴィンチ…
  4. 20190221_report_MAT_06

    2019年3月3日(日)まで東京シティビューで開催!

    Media Ambition Tokyo 2019[MAT]に行ってきた!
    第1線で活躍するアーティストのデジタルアート作品を、東京シティビューならではの景色と融合した展示や体…
  5. 20190208_report_Pooh_01

    2019年2月9日(土)〜4月14日(日)まで、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催!

    「クマのプーさん展」に行ってきた!
    世界中で愛されている「プーさん」の原画展「クマのプーさん展」が、2019年2月9日(土)より東京・渋…

おすすめスポット

  1. 2018_kamogawa_001

    海の生き物たちと出会える場所、シャチ、ベルーガのパフォーマンスも必見!

    鴨川シーワールド
    太平洋を一望できる房総半島に位置する「鴨川シーワールド」は、“海の世界との出会い” をテーマに、80…
  2. 20190501_spot_PuChu_03

    2019年5月1日(水・祝)待望のオープン!

    PuChu!(プチュウ)
    “ポストAI時代に必須の「知性」と「感性」を遊びながらに学べる” をコンセプトにした子どものための屋…
  3. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…

アーカイブ

ページ上部へ戻る