楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

“おや?”っこひろば(日本科学未来館)

楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む「“おや?”っこひろば」(日本科学未来館)

楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む「“おや?”っこひろば」(日本科学未来館)

「日本科学未来館」内に親子向けの新規コーナーが登場!

2014年6月13日(金)より日本科学未来館内に親子向けの新規コーナー「“おや?”っこひろば」が新設。本コーナーは、ワークショップや体験型の展示を楽しみながら、科学的な「モノの見方」を親子で一緒に体験する無料のスペースです(※要入館料)。

「“おや?”っこひろば」は、今まで日本科学未来館が十分にサービスを届けられていなかった、3歳以上の子どもとその保護者を対象としたスペースで、会場内には体を使って遊びながら「おや?」と不思議に思うことを自ら発見するための仕掛けが満載! 子どもたちは次々にわき上がる「ハテナ」の解決法を自由に発想し、道具などを使いながら試していくことができます。一方で保護者にとっては、子どもと一緒に楽しみながらも、ハテナが生まれた瞬間、子どもたちが何を見て、どう考え、それをどう言葉にして話すのかを見守る場となります。

緑や青、白を基調とした会場の面積は約600㎡。靴を脱いで入る、開放感あふれる空間です。中では、子どもたちの創意工夫を引き出すようなワークショップを週末を中心に開催。先端技術を体験できる実験キットや、ボランティアスタッフが開発した工作キットなど、年齢層に合わせた体験グッズを使って、保護者と一緒に楽しむこともできます。また保護者は、会場内に置かれた数台のカメラの映像が見られる「おや? 親サロン」から、いつもとは違った視点で子どもを見守ることができます。

近年はインターネットが普及し、知りたいことや答えにすぐアクセスすることができます。しかし日本科学未来館では、答えに達するプロスセスの中で得られる考え方こそが、科学的な「モノの見方」の獲得につながり、子どもたちの生きる糧になると考えています。

1. ごろごろのしば
人工芝の坂で、大きさや形、素材の違うボールや羽根などを転がしたり落としたりしながら、たくさんの「ハテナ」を発見していきます。スーパーボールを中に入れた玉子型のボールなど、素材や形の違うボールを転がし、その違いを感じます。

楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む「“おや?”っこひろば」(日本科学未来館)

ごろごろのしば

2. かきかきのへや
ホワイトボードでできた壁や床に自由に絵が描けるエリアです。ここでは専任のボランティアスタッフと一緒にワークショップや実験ができます。「クラブMiraikan」(未来館の会員組織)の子ども会員が参加して制作した、子どもならではの視点を取り入れたオリジナルのツールを使って、ものづくりも楽しめます。

楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む「“おや?”っこひろば」(日本科学未来館)

かきかきのへや

3. コロンコロンのかべ
穴の空いた壁に棒を差し込み、ホースやコップなどの日用品を棒と棒の間にひっかけてコースを作り、ボールを転がす装置(マーブルマシン)を作ります。どの道具を使えばコースにそって早く転がるでしょうか。正解はひとつではありません。自由に試行錯誤ができる場所です。

楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む「“おや?”っこひろば」(日本科学未来館)

コロンコロンのかべ

4. ヴンダーカンマー みんなのアイデア
ヴンダーカンマーとは、「驚異の部屋」という意味です。この世の珍しいもの、面白いものが集まって展示される部屋のことで、ミュージアムの前身と言われます。このコーナーでは、子どもたちが作った魅力的な作品が映像の中で紹介されます。子どもが創作した作品は、デジタルデータとしてモニターの中に取り込まれ、動き出し、皆で作品を共有しながら遊ぶことができます。

5. おや? 親サロン
保護者が離れたところから子どもを見守るエリアです。数ヶ所に設置されたカメラを遠隔操作することで、普段見られないような工作に熱中する子どもの表情など普段は見られない姿に触れることができます。監修者である塩瀬隆之氏の”子どものハテナの視点を育てる”考え方も紹介しています。

また貸出カウンターでは、いくつか用意されたメニューから好きなキットを選ぶことができます。創作意欲をかき立てる工作・実験キットのほか、日本科学未来館に併設された研究施設で開発されている最先端の技術を体験できるキットを楽しめます。

施設名
“おや?”っこひろば(日本科学未来館)
施設名かな
“おや?”っこひろば
住所
135-0064
東京都江東区青海2-3-6
アクセス
・新交通ゆりかもめ「船の科学館」駅下車 徒歩約5分
・新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車 徒歩約4分
・東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩約15分
電話番号
03-3570-9151(日本科学未来館)
営業時間
① 10:10〜10:45
② 11:00〜11:45
③ 12:00〜12:45
④ 13:00〜13:45
⑤ 14:00〜14:45
⑥ 15:00〜15:45
⑦ 16:00〜16:45

※45分間(10:00の回は35分間)の入れ替え制
※1回の利用定員は30組程度
※事前予約不可
定休日
毎週火曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開館)
年末年始(12月28日〜1月1日)
料金
無料 ※ただし入館料は必要(大人:620円、18歳以下:210円(土曜日のみ無料)
駐車場
175台(普通 最初の1時間:310円、その後30分毎に100円)

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20221223_movie_kagaminokojo_01

    抽選で試写会ご招待!160万人が涙した感動のファンタジーミステリー!アニメ『かがみの孤城』試写会ご招待!

    作家・辻村深月の最高傑作とも評されるベストセラー小説『かがみの孤城』が待望の劇場アニメ化!『かがみの…

注目イベント

  1. 20221223_movie_kagaminokojo_01

    2022年12月23日(金)全国ロードショー! 辻村深月ベストセラー小説の劇場アニメ!

    アニメ『かがみの孤城』試写会ご招待!
    作家・辻村深月の最高傑作とも評されるベストセラー小説『かがみの孤城』が待望の劇場アニメ化!『かがみの…
  2. 20221111_event_WINTERRISE_02

    冬の一大イベントに子どもとお出かけ!

    2022年クリスマスイベント
    子どもと一緒に楽しめる2022年のクリスマスイベントを紹介! サンタクロースがやってきたりワークショ…
  3. 20221021_report_ilumorinooto_06

    冬の子どもとのお出かけに大人気!

    2022年イルミネーション
    冬の子どもとのお出かけ先として大人気!2022年のイルミネーションを紹介!12月25日(日)まではク…
  4. Rider_2022winter_teaser_newlogo_yoko

    この冬休み、子どもと一緒に映画に行こう!

    2022年冬休みおすすめ映画
    子どもと一緒に楽しめるおすすめの冬休み映画を紹介!新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』、人気児童書の…
  5. 20221021_report_ilumorinooto_10

    2023年1月9日(月・祝)までムーミンバレーパークで開催!

    ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~ 体験レポート!
    イルミネーション×森×音の冬季ナイトイベント『ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~』が202…

おすすめスポット

  1. 20200715_report_sumida_03

    日本最大級! 500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽が登場!

    「すみだ水族館」が大規模リニューアルオープン!
    日本最大級となる500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽「ビックシャーレ」が登場!通常はバッ…
  2. 20200905_report_taiwanomori_018

    2020年8月23日(日)東京・竹芝にオープン!

    ダイアログ・ミュージアム「対話の森」に行ってきた!
    日本初! ダイバーシティ(多様性)を楽しみながら体感できる体験型常設施設ダイアログ・ミュージアム「対…
  3. 00

    2021年4月3日(土)パナソニックセンター東京にオープン!鈴木夢さん・楽くんが、わくわくさんと「AkeruE」を体験!

    パナソニック クリエイティブミュージアム「AkeruE(アケルエ)」がオープン!
    2021年4月3日(土)、東京・有明の「パナソニックセンター東京」内にSTEAM(スティーム)教育を…
  4. 20190729_event_ABAL_DINOSAUR_01

    2019年7月29日(月)〜9月30日(月)横浜「アソビル」で開催!

    ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)
    空間移動型VRで大迫力の恐竜世界を歩き回れる「ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)」が、…
  5. 20200827_report_artaquarium_12

    2020年8月28日(金)東京・日本橋にオープン!

    「アートアクアリウム美術館」に行ってきた!
    毎年夏になると日本橋で開催され、艶やかな金魚が美しく舞う、“涼” を感じる空間として愛されてきた「ア…

アーカイブ

ページ上部へ戻る