ディズニー/ピクサー最新作! 2017年7月15日(土)全国公開!

「カーズ/クロスロード」プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんインタビュー!

いよいよ2017年7月15日(土)にディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」が全国公開! プロデューサーのアンドレア・ウォーレンさんに「カーズ/クロスロード」で子どもたちに伝えたいこと、見どころをお伺いしました! マックィーンのトレーナーを務めるクルーズは、自分に少し自信を持てないキャラクター。この性格は今の子どもたちからもヒントを得たそうですよ。(TEXT:キッズイベント 高木秀明)
子供たち大興奮のディズニー/ピクサー最新作!「カーズ/クロスロード」が 2017年7月15日(土)全国公開!プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんにインタビュー!

2017年7月15日(土)全国公開!ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」のプロデューサー アンドレア・ウォーレンさんにインタビュー!

彼はいま、何を考えているのか?

ー 今回はマックィーンにかなり大きな試練を与えましたね。もう少し先でもいいかと思いましたが、このテーマを選んだのはなぜですか?

3作目をつくるにあたって、マックィーンがいま、人生のどこに立っているのか、というところに立ち戻りたいと思いました。つまり、よりマックィーンの物語にしたいなと思ったんです。

私たちからすると彼はアスリートで、アスリートというのは肉体を使うだけに、他のキャリアと比べて、どうしてもピーク(限界)が早く来てしまいます。他の方よりも早く、人生の次のステージを考えるというクロスロード(岐路)に立たされるんです。そこを掘り下げながら、マックィーンがどういうことを考えているのか、ということを描いていこうと考えました。

夢を追う “怖さ”は
それだけ自分にとって意味のあることだから

ー マックィーンをサポートする相棒はクルーズという女性のキャラクターです。彼女のキャラクターはどのように考えられたんですか?

物語のなかで主人公以外のキャラクターというのは、メインストーリーをサポートする存在です。そういった意味ではクルーズは、マックィーンに「トレーナーが必要」というところから生まれてきました。

マックィーンは長年自分を指導してくれていたドック・ハドソンのようなトレーナーを望んでいるんですが、クルーズはドック・ハドソンとは真逆の性質です。若くて、女性で、技術に明るく、そのためレースへのアプローチもドック・ハドソンとは全然違います。そこから彼女自身の物語を掘り下げていくことにもとてもワクワクしましたが、結果的に彼女は、この作品のなかで “夢を追う” ということを象徴しているキャラクターになっています。しかも2つの側面の “夢を追う” を表しているんです。

ひとつは夢を追えなくなって、つまり挫折してしまうことの辛さ。もうひとつは「怖いな」と思っていることでも、それを乗り越えたからこそ感じられるワクワクさや、報われる気持ちを描いています。夢に挑戦するときに感じる “怖さ” は、それだけ自分にとって意味があるものだからなんです。子どもたちにも、そういう姿を見てほしいと思いました。

子供たち大興奮のディズニー/ピクサー最新作!「カーズ/クロスロード」が 2017年7月15日(土)全国公開!プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんにインタビュー!

マックィーンのトレーナーであり、“夢を追う”象徴にもなっているクルーズ(画像右) ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

クルーズの性格は今の子どもたちがヒント!?

ー クルーズは知識も才能もあり、トレーナーとして人のモチベーションをあげるのは上手ですが、自分には少し自信がないキャラクターです。クルーズにはモデルがいるんですか?

特定のモデルはいませんが、監督のブライアン・フィー、私自身、そしてピクサーで働いている多くのアーティストは親でもあるんです。そして親として子どもたちを見るときに、「自分で限界をつくってしまっているな」と思うことがあるんです。クルーズの性格は、そこから考えられてもいます。

監督が自分のお嬢さんに「ギターをやってみる?」と聞いたら、「それは男子がすることでしょ、やらない」と言われたそうです。つまり、そういう思い込みがあったり、自分自身でできないと限界を決めてしまっていた。それが思い込みからくるのか、恐れからくるのかに限らず、どうしても子どもたち、これは親もだと思いますが、自分で勝手に限界を決めてしまっていることがあるんです。親としては子どもにはそうあってほしくないですよね。「自分はなんでもできるんだ」と信じていてほしい。子どもというのは、可能性という概念を美しく象徴している存在ですから。子どもたちのそういった思い込み、自分で限界をつくってしまっていることを取り除きたいと思いました。

またクルーズは、英語版でクルーズの声をあてているクリステラ・アロンツォさんの影響も受けています。彼女はスタンドアップコメディアンを目指していたのですが、彼女の出身、ルックスでその仕事に就く方はほとんどいないからか、誰もが無理だよと応援してくれなかったそうです。でも彼女はそれにもめげず、いろいろなものを乗り越えて夢を実現しました。そんな彼女のバックストーリーからも大いにインスピレーションを受けています。

ー 子どもが自分で勝手に限界をつくらないために、親ができることはどんなことだと思いますか?

壁が立ちはだかったとしても、それは夢を叶えるために必要なプロセスのひとつなんだということを子どもに「思い出させること」と、「励ますこと」だと思います。

親自身もそうであるべきで、常に自覚していることは難しいことですが、困難に歩みを止められることなく、自分自身を前に進めるように言わなければなりません。子どもたちには、価値あるものだからこそ、努力はたくさん必要になるんだということを思い出してもらうことは必要ですね。

また親は、仕事でも趣味でも、自分が何に情熱を感じているかを子どもに見せたり、理由を話したりすることは必要だと思います。子どもは、親の姿からも物事への取り組み方を学びますから。

子供たち大興奮のディズニー/ピクサー最新作!「カーズ/クロスロード」が 2017年7月15日(土)全国公開!プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんにインタビュー!

「子どもたちにも子どもたちなりのクロスロードがある」と語るアンドレア・ウォーレンさん。確かに、自分の過去を振り返ってみると、いま思えば大したことではなくても、当時は悩んだり、胸を痛めたり、ということはありましたよね

子どもも、子どもなりの岐路を感じている

ー 「カーズ/クロスロード」は子どもと大人で楽しめるポイントが少し違うかと思うのですが、それぞれにとっての見どころを教えてください。

これは子どもも大人もどちらにも言えることですが、「カーズ/クロスロード」はとにかく観ていて楽しいし、レースのシーンはとてもダイナミックです。私も見入ってしまいました。マックィーンのレース中のアクションはぜひ観てほしいシーンのひとつです。そして、とてもハートが込められた映画だと思っています。大人にとっては、キャラクターの置かれた状況やそれぞれの決断に共感してもらえると思っています。

しかし子どもたちも、私たちが思っているよりもはるかにいろいろなことを理解してくれると思っています。大人は「カーズ/クロスロード」から今までの人生で訪れたいろいろな変化を思い出し、共感すると思いますが、実は子どもたちだって、子どもたちの人生なりにいろいろな変化に相対していて、共感するところがあるんじゃないかと思っています。

そして、やっぱり “夢” について、親子でいろいろと考えたり、話していただけたら嬉しいですね。

【映画紹介】2017年7月15日(土)全国公開! ディズニー/ピクサー最新作! カーズ/クロスロード

【インタビュー】「カーズ/クロスロード」ストーム声優 藤森慎吾さんインタビュー!

子供たち大興奮のディズニー/ピクサー最新作!「カーズ/クロスロード」が 2017年7月15日(土)全国公開!プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんにインタビュー!アンドレア・ウォーレン

ストーリーテリング芸術が大好きな彼女が、それに興味を持つきっかけは、幼い頃に読んだ「ババール」書籍シリーズ、マペット、そして映画「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」(1977年)だった。サンタバーバラのリベラルアーツの大学であるウェストモント大学に学ぶ。『バグズ・ライフ』(1998年)のマーケティング・プロダクション・アシスタントとしてピクサー・アニメーション・スタジオに加入。その後、『モンスターズ・インク』(2001年)でアート部門コーディネーターを、『ファインディング・ニモ』(2003年)ではデジタル・ペインターを、『カーズ』(2006年)ではアート部門マネージャーを務める。『ウォーリー』(2008年)と『メリダとおそろしの森』(2012年)ではプロダクション・マネージャーを担当。短編映画『南の島のラブソング』(2014年)でプロデューサー・デビューを果たす。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. Print

    プレゼント!11月29日(水)から日本科学未来館で開催!企画展 MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!- ご招待券プレゼント!

    2017年11月29日(水)より日本科学未来館にて企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の…

注目イベント

  1. 20171123_movie_usticeleague_01

    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー!

    映画レビュー『ジャスティス・リーグ』(2D・字幕版)
    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー! ジャスティス・リーグ 201…
  2. 20171116_report_erlich_00

    全作品撮影OK! フォトジェニックな作品が集まる体験型現代アート展

    「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきた!
    東京・六本木の森美術館で2017年11月16日(木)、18日(土)から開催される不思議な現代アートの…
  3. 20171123_report_momoyamabeat_yamamoto_00
    2017年11月23日(木・祝)〜12月3日(日)にEXシアター六本木で上演!もっと歴史を深く知りた…
  4. 20171102_report_kineko_01

    スペシャル・サポーターの “だいすけお兄さん” も登場!

    「キネコ国際映画祭2017」オープニング・セレモニーが開催!
    子ども国際映画祭「キネコ国際映画祭2017」のオープニング・セレモニーが、2017年11月2日(木)…
  5. 20171118_event_FANTASIA_002
    日本の文化・伝統と音楽を融合した「FANTASIA -EPISODE.1 PRINCESS KAGU…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…
  2. 201610_facilities_tokyotower_01

    東京のシンボル、高さ333メートルの日本一の観光名所

    東京タワー
    1958年末に東京地区の総合電波塔として港区芝公園に建設された東京タワーは、東京のシンボル、観光名所…
  3. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
ページ上部へ戻る