子どもの夢の叶え方

第2回 コーリー・レイさん

数あるディズニー/ピクサー作品のなかでも、世界中から続編が望まれている作品のひとつ『モンスターズ・インク』。その新作でマイクとサリーの最恐コンビが誕生する“学生時代”を描いた『モンスターズ・ユニバーシティ』が2013年7月6日(土)、遂に日本でも公開、大ヒットしています。多くのファンが待ち望んでいたこの映画のプロデューサー、コーリー・レイさんに、映画のテーマでもある『あきらめなければ夢は叶う』のかなど、お話をお伺いしました。(インタビュー:2013年6月26日 / TEXT:キッズイベント 高木秀明 PHOTO:水町和昭)
キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第2回 コーリー・レイさんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第2回 コーリー・レイさんインタビュー

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』ができるまで

ー 続編ではなく、マイクとサリーの出会いや学生時代を描こうと思ったのはなぜですか?

確か2008年頃だったと思うのですが、ピート・ドクター(※1)が『モンスターズ・インク』の次のことで何かアイデアを持っているということで、ジョン・ラセター(製作総指揮)、アンドリュー・スタントン(※2)ダン・スキャンロン(※3)とミーティングをしました。“時代を戻ろう、大学を舞台に、マイクとサリーがどうやって出会ったかを語ろう”というアイデアは、そのときに生まれました。映画にできる素晴らしいアイデアだったので、みんな夢中でしたね。

※1 ピート・ドクター:『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』の監督
※2 アンドリュー・スタントン:『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』の脚本・監督
※3 ダン・スキャンロン:『モンスターズ・ユニバーシティ』の監督

マイクとサリー、2人の関係性は何だったのか、どちらが主導権を握っていたのか、そしてこの物語をマイクの物語にするのか、それともサリーの物語にするのか、そんなやりとりを何度もしました。ただ、サリーは最初の映画から際立っていましたし、彼がどんな人物なのか、私たちは知っていますよね? だから今回はマイクの物語にしようと決めました。でもそれはとても大変なことで、すでに『モンスターズ・インク』で彼らがどうなっているかはわかっているので、そうなるにはどうしたらよいか、時間をかけていろいろな案を出しては話し合いました。

ー 技術的にもすごい進歩ですよね?

今回のサリーの体毛は『モンスターズ・インク』のときの15倍。さらにキャンパスを埋め尽くす400を超えるキャラクターをつくりました。そして光と闇を効果的に使うためのグローバル・イルミネーション(全体照明)とライティング(単なる照明)により、レンダリングの作業量は、仮にコンピュータ1台で完成させようとすると1万年を要する膨大な量でした。これはディズニー/ピクサー作品の最高記録で、1コマのレンダリングに費やされた時間は約25時間もの長さになりました。しかしその巧みな光と色の表現により、ドラマチックな感情表現とダイナミックな世界観が実現できたと思っています。

ー 制作をしていくうえで、何が一番難しかったですか?

物語をつくることはいつもながら大変なのですが、この作品ではキャラクターの多さ、背景にいるキャラクターではなくて、主役級がたくさん出てくるのが大変でした。作品のほとんどのパートにマイクがいてサリーがいて、さらにはみ出し者たちが全部いて。1ショットにつき平均25ものキャラクターがいるんです。そんなショットをたくさん撮らなければならなかった。さらにそのキャラクターたちをすべてデザインして、つくり上げて、動かす。このプロセスを短時間で行うことはどうしてもできなくて、とても時間のかかることなんです。それが大変な挑戦でした。

■ 次ページは『モンスターズ・ユニバーシティ』で子どもたちに伝えたいこと

【インタビュー】ディズニー/ピクサー『インクレディブル・ファミリー』プロデューサー ジョン・ウォーカーさんインタビュー!

【インタビュー】ディズニー/ピクサー『カーズ/クロスロード」』プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんインタビュー!

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第2回 コーリー・レイさんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第2回 コーリー・レイさんインタビュー

20130626_interview_corey ray_profコーリー・レイ

『バグズ・ライフ』(98)や『トイ・ストーリー2』(99)のアニメーション・マネージャーを経て、『モンスターズ・インク』(01)でアソシエイト・プロデューサーに。『Mr.インクレディブル』(04)のアソシエイト・プロデューサー、『カールじいさんの空飛ぶ家』(09)のプリプロダクション・プロデューサーを務めたほか、テレビシリーズ「カーズトゥーン/メーターの世界つくり話」(08〜10)では、プロデューサーおよびエグゼクティブ・プロデューサーを担った。

ページ:

1

2

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20190424_event_wienmodern_00

    プレゼント!国立新美術館で開催!「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」ご招待券プレゼント!

    2019年に迎える日本・オーストリア外交樹立150周年を記念した「ウィーン・モダン クリムト、シーレ…
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    プレゼント! 遊びながら、ひらめきや想像力を育む!知育玩具ブロック「ジスター(GESTAR)」プレゼント!

    Amazonや楽天で知育玩具カテゴリにおいて上位1〜5位を常にキープしている人気の知育おもちゃ、遊び…

注目イベント

  1. 20190412_report_PIXAR_01

    2019年9月16日(月・祝)まで六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催!

    「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」に行ってきた!
    PIXAR(ピクサー)のアニメーションづくりのひみつを、実際に体験しながら学べる展覧会「PIXAR…
  2. 20190405_report_mammal2_01

    2019年6月16日(日)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」に行ってきた!
    2019年4月5日(金)、特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」に行ってきました!動物が生き残…
  3. 20190303_report_davinci_stone_03

    自己肯定感、共感力、コミュニケーション力をみがく体験イベント!

    第13回 ダヴィンチマスターズ(in ハウスクエア横浜内)開催!
    実験や観察などの体験を通じて科学や数理への興味を抱くきっかけづくりを行なう人気のイベント「ダヴィンチ…
  4. 20190221_report_MAT_06

    2019年3月3日(日)まで東京シティビューで開催!

    Media Ambition Tokyo 2019[MAT]に行ってきた!
    第1線で活躍するアーティストのデジタルアート作品を、東京シティビューならではの景色と融合した展示や体…
  5. 20190208_report_Pooh_01

    2019年2月9日(土)〜4月14日(日)まで、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催!

    「クマのプーさん展」に行ってきた!
    世界中で愛されている「プーさん」の原画展「クマのプーさん展」が、2019年2月9日(土)より東京・渋…

おすすめスポット

  1. 20171219_spot_TMC_01

    世界一謎があるテーマパークが新宿・歌舞伎町にオープン!

    東京ミステリーサーカス
    2017年12月、新宿・歌舞伎町に世界一謎があるテーマパーク「東京ミステリーサーカス」がオープン!潜…
  2. 20190331_spot_shaun_02

    2019年3月31日(日)グランドオープン!

    ひつじのショーン ファームガーデン
    クレイアニメーション「ひつじのショーン」の世界観を再現した『ひつじのショーン ファームガーデン』が、…
  3. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…

アーカイブ

ページ上部へ戻る