ディズニー/ピクサー最新作! 2017年7月15日(土)全国公開!

「カーズ/クロスロード」ストーム声優 藤森慎吾さんインタビュー!

2017年7月15日(土)、ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」が全国公開! 主人公のマックィーンを窮地に追い込む史上最強のライバル、ストームの声優を務めたオリエンタルラジオ藤森慎吾さんにストームに込めた想い、「カーズ/クロスロード」の見どころをお伺いしました!(TEXT:キッズイベント 高木秀明)
子供たちに大人気ディズニー/ピクサー「カーズ」の最新作「カーズ/クロスロード」でストームの声優を務めた藤森慎吾さんにインタビュー!

ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」で、ストームの声優を務めたオリエンタルラジオの藤森慎吾さん。ストームのボディカラーと同じメタリックブルーの衣装で登場!

ストームは僕そのもの、栄光と挫折を知った僕にしかできない!

ー ストームはどういう気持ちを込めて演じましたか?

ストームの登場の仕方は、デビュー当時の「オリエンタルラジオ」を思い出させてくれました。勢いがあってちょっと調子に乗っていて、愛されづらい感じは “似てるな〜” って思いましたね。そして声をやっているうちに、「そのままではダメだよ」「無理だよ」「絶対にうまくいかなくなるよ」って、声をかけてあげたくなりました。

でもストームの気持ちもわかるんですよ。ああいう状況になったら誰でも一度は有頂天になりますし、まわりが見えなくなって、自分は最強なんじゃないかって思ってしまうんですけど、やっぱりそんなことはないんですよね。

子供たちに大人気ディズニー/ピクサー「カーズ」の最新作「カーズ/クロスロード」でストームの声優を務めた藤森慎吾さんにインタビュー!

藤森慎吾さんが声優を務めたストーム(画像左)が、主人公のマックィーンを窮地に追い込む ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ー 落ちないと、その状況にはなかなか気が付かないですか?

そうですね。仕事がなくなるっていうのは、やっぱりわかりやすいですよね。そしてそこから、改めて自分の身の回りの人ともう一回ちゃんと向き合ってみようかなって思いはじめる。

ストームはいま、たぶん、まわりに本当に信頼できる仲間とか、慕ってくれる人、自分が慕う人もいなくて、一匹狼ですよね。そういう状況ではクリアしていけない問題が出てくる、というのは、いずれストームも気が付くと思います。まさに僕らがそうだったんで。仕事もなくなり、きれいに鼻を折られましたから。でもそういうときに出会う人というのは、その後の人生においてかけがえのない人だったりします。だから、いいと思います。調子に乗っちゃうような経験も大事だし、その先に待っている失敗や挫折から学ぶことも必要なんです。

ー ストームにはそういう藤森さんの想いを込めているんですか?

そうですね。当時の感覚を思い出して、調子こいてテレビ局に入って行く感じで声を出しました。腹立つなー、みたいな(笑)。

うまくいかないときは、大きく飛躍するための “ため”の時期
大事なのは “めげない” ってこと

ー 藤森さんがマックィーンのように追いつめられたことはありますか?

まぁ何度も追いつめられてますよね。でも自分で言うのもなんですが、そのたびに復活できているという自負があるので、追いつめられるのは “ため” かな、と思っています。またポーンとジャンプするための “ため” ですね。だから僕は “落ちる” というよりも “しゃがむ“ と思っています。今まで高いところの景色を見ていたけど、そこに同じくらいの人たちが集まってくれば景色は見えなくなってきますし、そのときに一回しゃがんで、今までとは違った景色を見て、ビョーンと伸び上がる、そういうことかなと思っています。

きっとまた落ち込む時期があると思うんですよね。いろいろな仕事をいただいて忙しくなると、ひとりで考える時間とか、人とコミュニケーションをとる時間が少なくなって、そうすると大事なものが欠落していって “あれ?”ってなる。でもそうなると時間ができて、次の作戦を考えて、というのが、この仕事の楽しいところでもあると思っています。

大事なのは “めげない” ってことですよね。毎回落ち込んで「もうダメかも、もう仕事は来ないかも」って思っていたら精神的にまいっちゃう。何かしらもがいてればきっとまたいい景色も見えてくるし、日の目を見ることもできるはず。そう信じてやっているのが大事ですよね。

まわりにすごい方がたくさんいらっしゃって、そういう方が24時間お笑いのことを考えている。僕には芸人としてそこまでの才能がないぶん、柔軟に、いろいろな幅を持ってやれることをやっていきたいなと思っています。自分にハードルを設けず、歌もやります、声優もやります、お芝居も必要とあらばやりますと、自分でやることを決めない。こだわりがないのが、僕のこだわりですね。

子供たちに大人気ディズニー/ピクサー「カーズ」の最新作「カーズ/クロスロード」でストームの声優を務めた藤森慎吾さんにインタビュー!

メーターの声優は “ぐっさん” こと先輩芸人の山口智充さん。残念ながら別撮りだったため山口さんとはお会いできなかったそう。「山口さんのメーターいいですよね。愛嬌のある、優しい、山口さんの人柄が出ています。こういう素晴らしい先人がいらっしゃるので、プレッシャーも感じました」と藤森さん ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

誰もがマックィーンやストームに共感できる
果たしてマックィーンの選択は!?

ー 「カーズ/クロスロード」はシリーズ3作目ですが、「カーズ」の印象は?

最初の「カーズ」が公開されたのはデビュー1年目のときで、先輩に頼まれてお子さんを連れて観に行きました。お子さんが楽しめるかと思って観に行ったんですが、僕が夢中になっちゃって。「カーズ 2」も観ましたよ。スパイもので前作とはちょっとテイストが違っておもしろかったですね。

僕はクルマが好きなので、「カーズ 2」ではアストンマーチンをモデルにしたジェームズ・ボンドのスパイカーのようなフィン・マックミサイルのフォルムは好きでしたね。今回のストームも最新のスーパーカーみたいで気に入ってます。でもかっこいいだけではなくて、「カーズ」はレース中のエンジン音にもこだわったり、忠実に精密につくっているなと感じています。だからレースシーンも迫力がありますよね。

子供たちに大人気ディズニー/ピクサー「カーズ」の最新作「カーズ/クロスロード」でストームの声優を務めた藤森慎吾さんにインタビュー!

「カーズ/クロスロード」では、最新型のレーサーに勝てない状況に焦ったマックィーンがレース中に無理をして大きなクラッシュを起こしてしまう。世間からも見放され自信喪失したマックィーンの脳裏には「引退」の2文字が浮かんでいた‥‥ ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ー 今回の「カーズ/クロスロード」は、子どもと大人で楽しめるポイントがちょっと違いそうです。子どもと大人、それそれにとっての見どころはどこですか?

「カーズ」はお子さんが夢中になって観ちゃう仕掛けが満載ですよね。かわいらしいキャラクターにポップな配色、絵は本当にきれいだし、ストーリーもわかりやすく、今回は絶対的なスターだったマックィーンがピンチに陥って、その悔しい思いをどう晴らしていくか、ドキドキしながら観られると思います。

大人の方にとっては、今作はお子さんより大人の方が楽しめるんじゃないかと思いますね。年をとると若い力に圧倒されたり、脅かされたり、自らの衰えを実感したりして、これからどうするか悩んだ経験があると思います。だから誰もが自分をマックィーンやストームに置き換えて観られる話なんですよね。戦国時代の下克上で時代が代わるような熱さがある一方、見方によってはとっても身近な話でもあり、感情が入りやすく、共感できるポイントがたくさんあると思います。そして奥田民生さんの歌がいいタイミングで流れて来て、カッコ良すぎ。気が付いたら口ずさんでますよ。

お子さんにとっても大人にとっても、マックィーンがどんな選択をするのかは大きな楽しめるポイントのひとつだし、ストームの強さと弱さも、人間っぽいなぁと思っていただけるはずです。

そして改めて、ストームは僕だなって思いますね。自信もなかったし、恐れ多かったけど、いま思うと栄光と挫折を知った僕にしかできない役。だから絶対に観てほしい! めちゃめちゃかっこよくて、めちゃめちゃおもしろい映画です!

【映画紹介】2017年7月15日(土)全国公開! ディズニー/ピクサー最新作! カーズ/クロスロード

【インタビュー】「カーズ/クロスロード」プロデューサー アンドレア・ウォーレンさんインタビュー!

子供たちに大人気ディズニー/ピクサー「カーズ」の最新作「カーズ/クロスロード」でストームの声優を務めた藤森慎吾さんにインタビュー!

「ストームは僕」と、ストームのラジコンを手に藤森慎吾さん。「めげずに何かしらもがいてれば、きっとまたいい景色が見えてくるし、日の目を見ることもできると信じてやっているのが大事」

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. ロゴ切抜き(完了)

    プレゼント!「親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館」ご招待券プレゼント!

    東京国立博物館は2018年夏のファミリー向け企画でNHK Eテレの番組「びじゅチューン!」とのコラボ…
  2. 20180627_present_JWJP_01

    プレゼント!豪華キャスト登壇!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア特別試写会ご招待!

    『ジュラシック』シリーズ誕生25周年!最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が2018年7月13…

注目イベント

  1. 20180611_report_team_Lab_museum_00

    2018年6月21日(木)にオープン! 森ビルとチームラボのデジタルアートミュージアム

    「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless(チームラボボーダレス)」に行ってきた!
    森ビルとチームラボが共同で運営するデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGIT…
  2. 20180614_report_manjiro_11

    溝口琢矢さんらが熱演! 2018年6月24日(日)までEXシアター六本木で上演!

    もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第6弾 舞台「ジョン万次郎」開演!
    教科書には載らないような歴史上の出来事をエンターテインメントにして表現する「もっと歴史を深く知りたく…
  3. 20180614_report_manjiro_kakomi_01

    溝口琢矢さん、荒木宏文さん、石原壮馬さん、正木郁さん、山下聖菜さん、細貝圭さんら主要キャストが見どころ紹介!

    舞台「ジョン万次郎」主演・溝口琢矢さん「僕らの勇姿を観に来て!」
    教科書には載らない歴史上の出来事をエンターテインメントにして表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシ…
  4. 20180525_report_JXTG_01

    2018年5月31日(木)まで「心のふれあい」がテーマの作品募集中!

    「第49回 JXTG童話賞」で童話創作 特別授業が実施!
    石油などのエネルギーを扱うJXTGホールディングス株式会社は2018年5月31日(木)まで「第49回…
  5. 20180513_report_JUMPJAM_02

    2018年6月から都内32ヵ所の児童館で誰もが体験できる!

    ナイキの運動遊びプログラム『JUMP-JAM Park』開催!
    子どもたちが遊びながら自己肯定感や社会的スキル、運動能力を養なえる「ナイキ」の運動遊びプログラム「J…

おすすめスポット

  1. 20180621_spot_borderless_teamlab_01

    2018年6月21日(木)「身体で世界を捉え、立体的に考える施設」が東京・お台場にオープン!

    チームラボアスレチックス:運動の森
    森ビルとチームラボがお台場にオープンする「MORI Building DIGITAL ART MUS…
  2. 2018_spot_2021_odakyu_01

    “子ども” も “大人” も楽しめる鉄道ミュージアム

    ロマンスカーミュージアム
    小田急電鉄は2021年春、「海老名駅」の隣接地に小田急の魅力が詰まった、子どもも大人も楽しめる鉄道ミ…
  3. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…

アーカイブ

ページ上部へ戻る