2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催! 高橋一生さん登場!

「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!

ルーヴルの “顔” が来日!2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!オフィシャルサポーターで音声ガイドも務める高橋一生さんが登場!

「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」のオフィシャルサポーターで同展の音声ガイドも務める高橋一生さん

ルーヴルの “顔” が来日する大規模展覧会!
オフィシャルサポーターの高橋一生さんが登場!

ルーヴル美術館における、3,000年以上前の古代から19世紀ヨーロッパまでの偉人の肖像芸術約110点を展示する大規模展「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」が、2018年5月30日〜9月3日(月)まで、国立新美術館で開催します。2018年2月8日(木)に記者発表会が行なわれ、オフィシャルサポーターで、同展の音声ガイドも務める高橋一生さんが登場しました。

同展はルーヴル美術館の全8部門(古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画)全面協力のもと、各部門を代表する肖像の傑作約110点の展示を通して、それぞれの時代・地域で、肖像が担ってきた社会的役割や表現上の特質を浮き彫りとし、奥深い肖像芸術の魅力に迫る本格的な展覧会です。

ルネサンスの肖像画最高傑作 “美しきナーニ”
肖像でナポレオンの生涯をたどる

見どころのひとつは “美しきナーニ” という通称で親しまれている16世紀ヴェネチア派の巨匠ヴェロネーゼの絵画『女性の肖像』。モデルは当時の上流階級の貴族と考えられていますが、素性は謎に包まれており、またどこから見てもモデルの女性と目があわないことから “ミステリアス” と評される作品で、1991年以来となる27年ぶりの来日となります。

ルーヴルの “顔” が来日!2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!オフィシャルサポーターで音声ガイドも務める高橋一生さんが登場!

“美しきナーニ” は、ルーヴル美術館が所蔵する数々のルネサンスの肖像画のなかでも、最高傑作のひとつとして名高い作品

また、フランス皇帝として最高権力を手にしながらも、追放先で孤独な最期を迎えたナポレオンの激動の人生を、アントワーヌ=ジャン・グロの傑作『アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)』から、フランチェスコ・アントンマルキの『ナポレオン1世のデスマスク』までの5点の作品でたどるコーナーも大きな見どころです。

ルーヴルの “顔” が来日!2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!オフィシャルサポーターで音声ガイドも務める高橋一生さんが登場!

イメージ戦略にも長けていたナポレオン。それぞれの肖像を通して、ナポレオンの演出もよくわかる

ルーヴルの “顔” が来日!2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!オフィシャルサポーターで音声ガイドも務める高橋一生さんが登場!

古代メソポタミアの王、古代エジプトのアメンヘテプ3世、マケドニアのアレクサンドロス大王、カラカラ帝、ルイ14世、フランス王妃 マリー=アントワネットなど、歴史を彩った時の権力者たちの肖像が一堂に会する

僕の音声ガイドで
「どうか眠くならないように」

オフィシャルサポーターの高橋一生さんは、「日仏友好60周年の記念の年に選んでいただき、大変嬉しく思っております。僕は普段、芝居をやらせていただいているので、顔の表現にとても興味があり、勉強になります。楽しみながら務めさせていただければ」と、就任の喜びを語ってくれました。

また本展の音声ガイドを務めることに対して、「親しい友人や事務所の人に “眠くなる声” と言われていまして(笑)。ハキハキしっかりと、みなさんが美術に没頭できるように、助けになるようなガイドができればと思っています。どうか眠くならないように(笑)」と不安を口にし、会場を和ませてくれました。

ルーヴルの “顔” が来日!2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!オフィシャルサポーターで音声ガイドも務める高橋一生さんが登場!

記者発表会に登場した高橋一生さん。オフィシャルサポーターとして、3月にはルーヴル美術館を初訪問するそう。「初めてなので、とっても嬉しいです。どういうふうに心が高揚するのか、今から楽しみです」

高橋一生さんの気になる作品は
メッサーシュミットの “変顔”

高橋一生さんが気になる作品としてあげたのが、フランツ・クサファー・メッサーシュミットの『性格表現の肖像』。「人間の表情って昔から変わらないんだなと、わからせてくれる。インパクトがあってとても好きです」と、自身が惹かれている理由を語ってくれました。

メッサーシュミットはウィーンのアカデミーで教授を務めながら伝統的な肖像彫刻を制作していましたが、次第に精神を病み、1783年に没するまで、自分をモデルにした、さまざまな表情の頭部像を制作します。生前には公開されず没後に69点が発見され、『性格表現の肖像』と名付けられました。

出品されるのは、ぎゅっと目をつぶり、への字に曲げた口をテープでとめ、耐え忍ぶような表情をしている作品。妄想に悩まされた彫刻家は、顔と身体の一部をつまんでしかめっ面をし、自身を苦しめる病を制御しようとしていたそうです。

ルーヴルの “顔” が来日!2018年5月30日〜9月3日(月)国立新美術館で開催「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会が開催!オフィシャルサポーターで音声ガイドも務める高橋一生さんが登場!

高橋一生さんの気になる作品、フランツ・クサファー・メッサーシュミットの『性格表現の肖像』。「人間の苦悩や内面が一番表面に出るのが顔なので、今でいう “変顔” みたいな表現をやっていたのは、どういう意図があるのか気になります」

同展主催の日本テレビは、開局65年記念事業として2018年から4年に1度、全5回にわたる大規模なルーヴル美術館展を行ないます。『ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか』は、同プロジェクトの第1弾となります。

「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」は、国立新美術館で2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで開催。
■ http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 201805_movie_Isle_of_Dogs_01

    プレゼント!銀熊賞受賞作品!映画『犬ヶ島』オリジナル Tシャツプレゼント!

    第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞「監督賞」を受賞し、日本の映画ファンのみならず世界中から注目を集め…

注目イベント

  1. 20180518_report_MANGEKYO_01

    2018年6月20日(水)までオルタナティブシアター(有楽町)で開催中!

    「万華響 ーMANGEKYOー」ゲネプロ公演開催!
    和太鼓エンタテインメント集団「DRUM TAO(ドラム タオ)」の『万華響 ーMANGEKYOー』ゲ…
  2. 20180422_report_davinci_kobe_00

    子どもの「好き!」が見つかる! 自然科学、理数系分野を楽しみながら学べる無料イベント

    「第7回 ダヴィンチ☆マスターズ(in 神戸大学)」開催!
    実験や観察などの体験を通じて科学や数理への興味を抱くきっかけづくりを行なう無料の理数系イベント「ダヴ…
  3. 20180419_report_manjiro_001
    2018年6月14日(木)〜24日(日)、もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ 第6弾舞台「ジョン万…
  4. 20180411_review_rampage_02
    2018年5月18日(金)に全国公開の映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の紹介、映画を観た感想、映画レビ…
  5. 20180428_report_adidas_01

    超豪華! 伊達公子さん、五郎丸歩さん、中田浩二さん、渡邉拓馬さん、漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一先生が登場!

    アディダス参加型スポーツイベント「YOUNG ATHLETES CHALLENGE 2018」開催!
    アディダスの参加型スポーツイベント「YOUNG ATHLETES CHALLENGE 2018(ヤン…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
  2. 20180313_spot_HUGHUG_03

    日本最大級のネット遊具を供える屋内施設が2018年3月13日(火)オープン!

    京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
    2018年3月13日(火)、京王線多摩動物公園駅前に子供向け全天候型遊戯施設「京王あそびの森 HUG…
  3. 2018_kamogawa_001

    海の生き物たちと出会える場所、シャチ、ベルーガのパフォーマンスも必見!

    鴨川シーワールド
    太平洋を一望できる房総半島に位置する「鴨川シーワールド」は、“海の世界との出会い” をテーマに、80…

アーカイブ

ページ上部へ戻る