2024年2月14日(水)〜5月27日(月)国立新美術館で開催!

展覧会「マティス 自由なフォルム」体験レポート!

20240213_report_Matisse_01

展覧会「マティス 自由なフォルム」が2024年5月27日(月)まで国立新美術館で開催! マティスの切り紙絵の大作《花と果実》が日本初公開!

切り紙絵の大作が日本初公開!
ヴァンス礼拝堂がほぼ原寸大で再現!

20世紀最大の巨匠のひとりアンリ・マティス(1869〜1954年)の大作《花と果実》が日本初公開となる展覧会「マティス 自由なフォルム」が、2024年2月14日(水)から国立新美術館で開催! 開催前日の内覧会に行ってきました!

マティスの展覧会と言えば2023年に東京都美術館で「マティス展」が開催、マティスの初期から晩年までの約150点を展示し好評を博しましたが、「マティス展」を見た方にも今回の展覧会「マティス 自由なフォルム」はおすすめ!

【イベント概要】「マティス 自由なフォルム」2024年2月14日(水)〜5月27日(月)国立新美術館で開催!

【レポート】「マティス展」2023年4月27日(木)〜8月20日(日)に東京都美術館で開催




冒頭にも書いた《花と果実》はニース市にあるマティス美術館のメインホールに飾られているもので、5枚のキャンパスをつなげた縦4.1メートル、幅8.7メートルにおよぶマティスの切り紙絵の作品の中でももっとも巨大な部類に入る作品。フランスでの修復を経て日本初公開となり、必見です!

さらに、切り紙絵の代表作《ブルー・ヌードⅣ》が展示。マティスが女性の身体の形象をデッサンした多数の痕跡も見られます。

そしてマティス芸術の集大成「ヴァンス礼拝堂(ヴァンスのロザリオ礼拝堂)」をほぼ原寸大で再現! 礼拝堂に入ることができます。現地で24時間撮影した光をステンドグラスに投影することで、ニース郊外のヴァンスに建つロザリオ礼拝堂の雰囲気を体感でき、マティス芸術に包まれるひと時を感じることができます。

マティスが最後にたどり着いた「切り紙絵」と「ヴァンス礼拝堂」をたっぷり楽しめるほか、マティスが初めて描いた油絵「本のある静物」をはじめ、鮮やかな色彩で描かれたフォーヴィスム(野獣派)時代の油彩画や陶芸作品など、さまざまな時代の作品約150点を堪能できます。

「マティス 自由なフォルム」は、2024年5月27日(月)まで国立新美術館で開催!

20240213_report_Matisse_01

1890年にマティスが初めて描いた油彩「本のある静物」。照れ隠しなのか右下にあるマティスのサインは上下逆さまに書かれている

20240213_report_Matisse_01

フォーヴィスム(野獣派)を予期する作品のひとつで、1905年に描かれた「マティス夫人の肖像」。緑系と赤系の補色関係による対比の効果が試されている。目の色もそれぞれ異なる

20240213_report_Matisse_01

マティスはしばしば同じモデル、同じ主題のものを絵画と彫刻の両方で制作を試みている。写真は「横たわる裸婦II」

20240213_report_Matisse_01

さらに同じモデルで連作シリーズをつくっている。手前の彫刻は「ジャネット」で5点の連作となる

20240213_report_Matisse_01

マティスが親しくした芸術家アルベール・マルケ(1875〜1947年)が描いた「アンリ・マティス夫人の肖像」(左)と、アンドレ・ドラン(1880〜1954年)が描いた「アンリ・マティスの肖像」

20240213_report_Matisse_01

マティスはオブジェや骨董品をアトリエ兼アパルトマンに収集し劇場の舞台装置のように配置、そこで多くの絵画を描いた。左は「三日月を伴う蓋のある火鉢」、右は「ヴェネツィアの肘掛け椅子」

20240213_report_Matisse_01

「ヴェネツィアの肘掛け椅子」はマティスのオブジェのコレクションの中でももっとも重要なもののひとつで、写真の「ロカイユ様式の肘掛け椅子」をはじめ、何度も油彩の中に登場している

20240213_report_Matisse_01

右はマティスが親しくしていた詩人で作家のルイ・アラゴンを描いた「男性の横顔(アラゴン)」。マティスは彼の肖像のデッサンを数多く描いている。左は「ポンパドゥール夫人」

20240213_report_Matisse_01

1941年から42年にかけて描かれたデッサン160点に、ルイ・アラゴンによる序文「フランスにおけるマティス」を付して1943年に出版されたデッサン集「デッサンーテーマとヴァリエーション」

20240213_report_Matisse_01

マティスが制作した新作バレエ「ナイチンゲールの歌」の衣装。舞台装置も手がけている

20240213_report_Matisse_01

1930〜33年にマティスが制作に没頭した壁画「ダンス」。実際には14メートルの大作で、ここでは壁一面に映像を投影している。「ダンス」は巨大なコンポジションで、制作時の修正が大変だったためマティスは切り紙絵を使いはじめ、それによりポーズの微妙な修正が素早くできるようになった

20240213_report_Matisse_01

色彩について考えた「ダンスー灰色のハーモニー」「ダンスー黄色のハーモニー」「ダンスー青色のハーモニー」の3点の油彩習作が残されている。最終的には灰色の案が採用された

20240213_report_Matisse_01

マティス80歳にして完成させた新たな技法「切り紙絵」。最初に切り紙絵を用いたのは「ダンス」の制作に際して、画面を塗り直す必要が省けるから。そのため切り紙絵が独自の表現方法として確立されるのは1943年〜44年にかけてのアルバム『ジャズ』の制作を通じてになる

20240213_report_Matisse_01

『ジャズ』は1947年に出版された、マティスによる切り紙絵にもとづいた図版20点と手書きのテキストを伴った書物。マティスは本書で切り紙絵の技法について「ハサミを使ってデッサンする。色彩にじかに切り込んでいくと、彫刻家たちがする直彫りを思い出す」と書いている

20240213_report_Matisse_01

縦4.1メートル、幅8.7メートルにおよぶ大作「花と果実」。今後、ニース市から外に出る可能性は低いそう

20240213_report_Matisse_01

1952年に制作された4点の連作「ブルー・ヌード」から「ブルー・ヌードIV」を展示。“IV” とはなっているものの、実際には最初に手がけたと言われていて、マティスによる木炭でのデッサンの痕跡、切り紙が重層的になっているのがよくわかる

20240213_report_Matisse_01

青い切り紙絵による女性の身体は「ブルー・ヌード」以外にも制作されている。写真はそのひとつ「葦の中の浴女」(手前)。奥は「波」

20240213_report_Matisse_01

アトリエや食堂の壁面に切り紙絵を貼り付けて構想していた様子の写真が展示されていた

20240213_report_Matisse_01

マティスは顔をモチーフとした筆と墨によるデッサンを数多く制作している。写真の「大きな顔、仮面」もそのひとつ

20240213_report_Matisse_01

1948年に制作された礼拝堂の模型「ヴァンス礼拝堂の外観のマケット」

20240213_report_Matisse_01

「星形のある背景の聖母子」

20240213_report_Matisse_01

マティスはカズラ(上祭服)についても構想し、アトリエには20点ほどのマケットがあった

20240213_report_Matisse_01

ほぼ原寸大で再現されたヴァンス礼拝堂。ステンドグラスから教会の中に差し込む光は、ニースにあるヴァンス礼拝堂で24時間撮影したものを参考に、同じように映り込む様子を再現。ステンドグラスから透過する光と色彩の移ろいを体感できる

20240213_report_Matisse_01

1948年から51年にかけての4年間、マティスは南フランス ヴァンスのロザリオ修道院に暮らすドミニコ会修道女たちのための礼拝堂を制作することに捧げた。バレエ「ナイチンゲールの歌」などの舞台装置、「ダンス」、アルバム『ジャズ』にいたるまで、マティスが装飾の分野で積み重ねてきた経験を注ぎ込み、この礼拝堂を芸術家としての到達点とみなしていた

OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20240719_movie_tosochu_06

    プレゼント!JO1とFANTASTICSが競演!逃走中 THE MOVIE「ハンターグローブ」プレゼント!

    子どもたちに大人気のバラエティ番組「逃走中」。その「逃走中」が20周年という節目にドラマ映画化!『逃…
  2. 20240722_present_rakugakids_01

    プレゼント!南砂町SUNAMO店、海老名ビナウォーク店オープン記念!「あそんで!そだてる!らくがキッズ」親子ペアご招待チケット プレゼント!

    雨でも子どもたちが思いきり身体を動かして遊べる施設「あそんで!そだてる!らくがキッズ」の南砂町SUN…

注目イベント

  1. リリース用KV_0620pm_fix_ol

    2024年7月20日(土)〜9月1日(日)コレド室町および日本橋エリアで開催!

    月面ワンダー ~日本橋に月をつくってみた~
    人類未体験の “ムーン” エンターテインメント「月面ワンダー ~日本橋に月をつくってみた~」が、20…
  2. 「オバケ?」展 の画像

    2024年7月13日(土)〜 9月29日(日)PLAY! MUSEUMで開催!

    「オバケ?」展 親子体験レポート!
    絵本、漫画、落語、アニメーション、音楽、写真などで楽しむ、オバケの不思議が大集合の「オバケ?」展が2…
  3. 20240712_report_konchuten_00

    2024年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「昆虫MANIAC(昆虫マニアック)」体験レポート!
    国立科学博物館の研究者によるマニアックな視点と昆虫標本に最新の昆虫研究を織り交ぜ、カブトムシやクワガ…
  4. 20240710_report_giantdinos_00
    全長約37メートル、世界最大級の巨大竜脚類「パタゴティタン・マヨルム」の全身復元骨格を展示する「巨大…
  5. 20240726_event_NAKED_OMATSURI_01

    2024年7月26日(金)〜8月16日(日)丸ビル(東京駅直結)で開催!

    NAKED “OMATSURI” Eat, Play, and Dance!(ネイキッド おまつり)
    東京タワー、新宿御苑など東京を代表するスポットで新体験を生み出してきたNAKED, INC.(ネイキ…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
  2. 20230418_spot_sunshinecity_02

    2023年4月18日(火)サンシャイン60展望台にオープン!

    サンシャイン60展望台 てんぼうパーク
    2023年に開業45周年を迎えるサンシャインシティ(東京・池袋)は、展望台を『サンシャイン60展望台…
  3. 20220722_report_TIMEDIVER_t12
    圧倒的な“恐竜体験”ができるライブエンターテインメント「DINO-A-LIVE PREMIUM TI…
  4. 20230721_spot_IKEBUKUROmysterytown_01

    2023年7月21日(金)から開催!

    池袋ミステリータウン
    池袋の街を舞台にした体験型ミステリーアトラクション『池袋ミステリータウン』が2023年7月21日(金…
  5. 20230221_report_Wizkids_03
    東京ディズニーランドに好アクセスの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」内にオープンしたイ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る