2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

特別展「恐竜博2019」

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

謎の恐竜 “デイノケイルス”を世界初公開!
北海道で発見「むかわ竜」も完全公開!

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

2019年は “恐ろしいツメ” という意味の学名を持つ肉食恐竜「デイノニクス」の命名から50年目にあたります。デイノニクスの発見により、恐竜は恒温動物になっていたという「恐竜温血説」、恐竜が完全に絶滅したのではなく一部は鳥類に進化していたとする「鳥類の恐竜起源説」など、恐竜のイメージを一新する「恐竜ルネッサンス」という新しい恐竜観が発展しました。




本展では、デイノニクスの貴重なホロタイプ標本(命名の元となった化石)の日本初公開をはじめ、デイノニクス発見後にめざましく発展した恐竜学50年の歩みを重要標本で振り返るとともに、研究の現在、そして最前線を展望します。

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

デイノニクス復元骨格 © Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences

謎の恐竜、デイノケイルスの実物化石と全身復元骨格を世界初公開!
1965年、モンゴル・ゴビ砂漠で発見された長さ2.4メートルの前あしの化石。そのカギツメ状の指先から “恐ろしい手” を意味する「デイノケイルス」という学名がつけられたのは1970年のことでした。しかしその後、前あし以外の化石が見つからず、デイノケイルスは長い間「謎の恐竜」といわれてきました。

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

2013年10月26日(土)〜2014年2月23日(日)まで国立科学博物館で開催された「大恐竜展 – ゴビ砂漠の驚異」で「デイノケイルス」が展示されていました。しかし、当時は「胴体は見つかっていない」と紹介。恐竜研究は日々進化、恐竜博や恐竜展では常に新しい発見があります

ところが近年、頭骨や胴体、後ろあしなどを含む2体の化石が発見され、幅広なクチバシ、背中の帆のような構造、指先が手のようにとがっていない足など、想定外の恐竜であることが判明。

本展では、デイノケイルスの頭骨など貴重な実物化石を世界初公開するほか、全身復元骨格も世界で初めて公開。謎の恐竜がベールを脱ぎます! “恐ろしい手” からは想像もできなかったような恐竜の姿を、会場でぜひお確かめください!

【体験レポート】2013年開催の「大恐竜展 – ゴビ砂漠の驚異」で「デイノケイルス」が紹介!

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

デイノケイルス 頭部(実物化石)

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

デイノケイルス 全身骨格図

日本の恐竜研究史を塗り替える大発見! 北海道で見つかった “パーフェクト恐竜”「むかわ竜」が、東京に初上陸!

北海道むかわ町で2003年に最初に部分化石が発見されていたものの、当初は首長竜として収蔵庫に保管されていました。のちに首長竜ではなく恐竜らしいことがわかり、発見地を「再発掘」してみたところ、全長8メートルを超える体の8割以上の骨が見つかり、新種の恐竜の可能性が高いことが明らかになりました。その「むかわ竜」の全身実物化石と、これらの化石を元に復元した全身骨格を、地元のむかわ町以外では初めて公開します。

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

「むかわ竜」全身実物化石 © Mick Ellison

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

「むかわ竜」が生きた恐竜世界のCG

「恐竜ルネッサンス」から50年。進化し続ける恐竜研究
「恐竜ルネッサンス」以降、多い年では1年間に50種以上の新種が発表されるほど、恐竜の研究の進歩は続いています。本展では、恐竜の骨格の形から読み取れる情報と、日本初公開の重要化石などから、卵、子ども、オスとメスなど「恐竜の生物学」解明の最前線を解説します。

さらに中生代と新生代の境界となる約6600万年前の地層の上下から新たに発見された化石などから、「恐竜の絶滅」に関する研究の最新情報も紹介します。

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

約6600万年前、ティラノサウルス、トリケラトプスなど、最後の恐竜たちの生態系があった。恐竜は繁栄期の絶頂にあったのか? 絶滅直前の最後の恐竜たちを紹介!

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

隕石衝突の影響で、中生代がどのように終わり、新生代がどのようにはじまったのか。その研究の最前線に迫る。コロラド州で発見されたわずか10cmの地層(K/ Pg境界層)の中から、当時の出来事を読み解くことができる。恐竜時代の終わりを、迫力のCG映像とともに伝える

「恐竜博士」が最新研究を紹介
本展には、恐竜学の第一人者として知られる国立科学博物館の真鍋真氏と、「デイノケイルス」や「むかわ竜」発掘にも関わった北海道大学総合博物館の小林快次氏の2人の恐竜博士が、それぞれ監修、学術協力として参加。最新の知見を紹介します。

【体験レポート】2013年開催の「大恐竜展 – ゴビ砂漠の驚異」で「デイノケイルス」が紹介!

【監修】真鍋 真(まなべ まこと)
国立科学博物館標本資料センター・コレクションディレクター、分子生物多様性研究資料センター長。1959年、東京都生まれ。横浜国立大卒業後に米国、英国で学び、英ブリストル大で博士号取得。さまざまな展覧会や図鑑で恐竜学の奥深さとおもしろさをわかりやすく解説している。

【学術協力】小林快次(こばやし よしつぐ)
北海道大学総合博物館准教授。1971年、福井県生まれ。米ワイオミング大卒。米サザンメソジスト大で日本人初の恐竜の博士号を取得。NHKラジオ「夏休み子ども科学電話相談」に出演。

謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!子供たちが大好きな恐竜展。過去50年から現在、近未来の恐竜研究を紹介!

イベント名
特別展「恐竜博2019」
開催期間
2019年7月13日(土) ~ 2019年10月14日(月・祝)
88日間
休館日
2019年7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)
開催時間
9:00〜17:00(金・土曜は20:00まで)
※2019年8月11日(日)〜15日(木)、18日(日)は18:00まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで
対象年齢
乳児(0~3歳)
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
国立科学博物館(東京都台東区上野公園 7-20)
※巡回展はありません
アクセス
・JR「上野」駅公園口から徒歩約5分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅から徒歩約10分
・京成線「京成上野」駅から徒歩約10分
料金
・一般・大学生:1,600円(1,400円)
・小・中・高校生:600円(500円)
・金曜・土曜限定ペア得ナイト券2名1組:2,000円
※( )内は前売料金、前売券の販売は2019年7月12日(金)まで
※金曜・土曜限定ペア得ナイト券は会場で当日17:00以降販売、2名様同時入場限定
※未就学児ならびに障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
駐車場
なし
公式サイト
主催者名
国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
その他
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20240722_present_rakugakids_01

    プレゼント!南砂町SUNAMO店、海老名ビナウォーク店オープン記念!「あそんで!そだてる!らくがキッズ」親子ペアご招待チケット プレゼント!

    雨でも子どもたちが思いきり身体を動かして遊べる施設「あそんで!そだてる!らくがキッズ」の南砂町SUN…
  2. 20240719_movie_tosochu_06

    プレゼント!JO1とFANTASTICSが競演!逃走中 THE MOVIE「ハンターグローブ」プレゼント!

    子どもたちに大人気のバラエティ番組「逃走中」。その「逃走中」が20周年という節目にドラマ映画化!『逃…

注目イベント

  1. 20240712_report_konchuten_00

    2024年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「昆虫MANIAC(昆虫マニアック)」体験レポート!
    国立科学博物館の研究者によるマニアックな視点と昆虫標本に最新の昆虫研究を織り交ぜ、カブトムシやクワガ…
  2. 20240710_report_giantdinos_00
    全長約37メートル、世界最大級の巨大竜脚類「パタゴティタン・マヨルム」の全身復元骨格を展示する「巨大…
  3. 20240726_event_NAKED_OMATSURI_01

    2024年7月26日(金)〜8月16日(日)丸ビル(東京駅直結)で開催!

    NAKED “OMATSURI” Eat, Play, and Dance!(ネイキッド おまつり)
    東京タワー、新宿御苑など東京を代表するスポットで新体験を生み出してきたNAKED, INC.(ネイキ…
  4. 2024summer_teaser_0416_POS
    2大ヒーローによる豪華2本立て映画『仮面ライダーガッチャード ザ・フューチャー・デイブレイク』『爆上…
  5. ヒルズ・ワークショップ フォー・キッズ 2024の画像

    2024年6月24日(月)受付開始!7月27日(土)〜8月18日(日)六本木ヒルズ、麻布台ヒルズ、虎ノ門ヒルズ他で開催!

    ヒルズ・ワークショップ フォー・キッズ 2024
    街がまるごと学び場になった、子どもが主役のワークショップが2024年7月27日(土)〜8月18日(日…

おすすめスポット

  1. 2020summer_spot_mizoo_01

    2020年7月17日(金)、川崎駅前に水族館が開業!

    カワスイ 川崎水族館
    世界の美しい水辺を五感で感じる新感覚エンターテインメント水族館「カワスイ 川崎水族館」が2020年7…
  2. 2020_spot_HUIS_TEN_BOSCH_08

    2020年春の2大トピックス! 新エリア「光のファンタジアシティ」「フラワーフェスティバル」開催!

    ハウステンボス
    オランダの街並みを再現した日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)。「365日楽し…
  3. 20230606_report_HarryPotter_24

    2023年6月16日(金)としまえん跡地にハリポタ施設がグランド・オープン!

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター 体験レポート!
    ハリー・ポッター ファン待望のハリポタ施設「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング…
  4. 20220801_report_DragonCastle_01

    2022年8月8日(月)静岡県・三島の山中城址公園 隣接地にオープン!

    『ドラゴンキャッスル』体験レポート!
    日本一の歩行者専用吊橋「三島スカイウォーク」からクルマで約3分、静岡県・三島の山中城址公園の隣接地に…
  5. 20240310_report_kikismuseum_30

    読書に乗馬、すべり台、1日中楽しめる!「魔女の宅急便」作者・角野栄子さんの世界観を表現した児童文学館!

    「魔法の文学館」を楽しむ親子体験レポート!
    「魔女の宅急便」作者・角野栄子さんの世界観を表現した児童文学館「魔法の文学館」に、本が大好きな小学校…

アーカイブ

ページ上部へ戻る