2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!

「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」に行ってきた!

開催日前日となる10月20日(金)、「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」の内覧会が東京・上野の国立西洋美術館で開催、行ってきました!
子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

北斎と西洋の名作が集結!
比較しながら見られる楽しさと贅沢

アメリカの雑誌『LIFE』が1999年に「この1000年に偉大な業績あげた100人」を調査した結果、唯一選ばれた日本人が “葛飾北斎”。内覧会には驚くほどたくさんのマスコミが集まり、北斎の人気の高さ、そしてこの展覧会に対する注目の高さがうかがえました。

北斎の錦絵を見られるだけでも嬉しいのに、さらにモネドガセザンヌゴーガンなど西洋の名作も見られるという、とても贅沢な展覧会。ちょっと大人向きではありますが、北斎から影響を受けた部分やそれをどのように取り入れたかなどを自分の目で比較し、いろいろと話ながら見ると楽しそうです。

もちろん北斎の「富嶽三十六景」のなかでももっともよく知られている「神奈川沖浪裏」も、多くの芸術家にインスピレーションを与えた作品とともに展示。北斎が与えた影響の大きさを実感できます。

北斎は90歳で亡くなるまで、まだまだ絵がうまくなりたいと常に上を目指していたそうです。「あと5年の寿命があれば、本当の絵師になれただろう」と。北斎の生き様からも学ぶところがありそうです。

なお、国立西洋美術館から歩いて5分ほどの東京都美術館では「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」が開催中。北斎をはじめとする日本の画家の浮世絵や文化が、ゴッホにも影響を与えていたことがよくわかります。

【イベント紹介】2017年10月21日(土)〜2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」

【関連イベント】2017年10月24日(火)〜2018年1月8日(月・祝)まで東京都美術館で開催!「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

【体験レポート】吉岡里帆さん登場!「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に行ってきた!

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

『北斎漫画』は絵の描き方を習うための教科書のようなもので、いまの漫画とは異なります。北斎が描いたさまざな職種やポーズの人間や動物、虫、風景、妖怪などを集め、大量に印刷されてヨーロッパにまで広まりました。西洋の画家たちは、この『北斎漫画』から北斎のものの見方や描き方を学び、自らの芸術に取り入れたそうです

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

北斎の人物表現が見てとれる、メアリー・カサットの『青い肘掛け椅子に座る少女』(1878年)

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

エドガー・ドガの『踊り子たち、ピンクと緑』(1894年)、『背中に手をあて、右足を前に出して休息する着衣の踊り子』は、『北斎漫画』十一編に描かれた力士のポーズと似ている。ドガは北斎の浮世絵や版本を所有していたが、中身はわかっていない

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

北斎の『牡丹に蝶』。北斎は自然のなかの身近な動物や植物をたくさん描いた。ヨーロッパやアメリカでは小さな虫が主役に描かれることはなく、北斎が小さい生き物にも目を向けたことから、虫や鳥、草花は、西洋の工芸品に多く表されるようになった

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

日本贔屓だったロートレックの生家には、いまも『北斎漫画』が残っているそう。ロートレックが初めて手がけたポスター『ムーラン・ルージュ』(1891)で描かれた足を上げているラ・グーリュの姿は、北斎の描くユーモラスな踊りの表現を彷彿とさせる

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

新しい構図に挑戦したクロード・モネの『舟遊び』(1887年)。人物を拡大して描く表現や俯瞰構図は浮世絵からのヒント。大画面に水面だけを描く挑戦は、のちの『睡蓮』の連作へとつながる

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

ルバート・ロバート・ヴァレンタインの花器『金魚』(1885年)(左)と、エミール・ガレの『双耳鉢:鯉』(1878年-90年)(右)

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

葛飾北斎『和漢絵本魁』(1836年)とエミール・ガレの壷『ペリカンとドラゴン』

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

葛飾北斎『菊に虻』(1831年-33年)とクロード・モネの『菊畑』(1897年)。西洋では花の絵と言えば花瓶に生けられた花が描かれていたが、北斎は自然のなかにある花を描き、人間が自然にどう向き合うかという姿勢を提示していた

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

クロード・モネの『黄色いアイリス』(1914年-17年頃)

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

『富嶽三十六景』の『東海道程ヶ谷』(1830年-33年)。松並木の赤い幹と葉のリズムが行き交う人々とともに活気を生み出している

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

『富嶽三十六景』の『駿州江尻』(左)とクロード・モネの『アンティーブ岬』(右)

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

ヴァルター・クレムの『橋』(左)と『富嶽三十六景』の『深川万年橋下』(右)

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

『富嶽三十六景』のなかでももっともよく知られている『神奈川沖浪裏』。ここからインスピレーションを受けた芸術家により、さまざまな新たな芸術が生み出された

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

エルネスト・シャプレの花器『波』(左)とアドルフ・ベッケルトの花器『波』

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

クロード・ドビュッシー作曲 交響曲『海』(楽譜)(左)とクリストファー・ドレッサーの『波型鉢』

子供と一緒に美術館へ、2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催!北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

『富嶽三十六景』の『凱風快晴』

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. Print

    プレゼント!11月29日(水)から日本科学未来館で開催!企画展 MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!- ご招待券プレゼント!

    2017年11月29日(水)より日本科学未来館にて企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の…

注目イベント

  1. 20171123_movie_usticeleague_01

    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー!

    映画レビュー『ジャスティス・リーグ』(2D・字幕版)
    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー! ジャスティス・リーグ 201…
  2. 20171116_report_erlich_00

    全作品撮影OK! フォトジェニックな作品が集まる体験型現代アート展

    「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきた!
    東京・六本木の森美術館で2017年11月16日(木)、18日(土)から開催される不思議な現代アートの…
  3. 20171123_report_momoyamabeat_yamamoto_00
    2017年11月23日(木・祝)〜12月3日(日)にEXシアター六本木で上演!もっと歴史を深く知りた…
  4. 20171102_report_kineko_01

    スペシャル・サポーターの “だいすけお兄さん” も登場!

    「キネコ国際映画祭2017」オープニング・セレモニーが開催!
    子ども国際映画祭「キネコ国際映画祭2017」のオープニング・セレモニーが、2017年11月2日(木)…
  5. 20171118_event_FANTASIA_002
    日本の文化・伝統と音楽を融合した「FANTASIA -EPISODE.1 PRINCESS KAGU…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_tokyotower_01

    東京のシンボル、高さ333メートルの日本一の観光名所

    東京タワー
    1958年末に東京地区の総合電波塔として港区芝公園に建設された東京タワーは、東京のシンボル、観光名所…
  2. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…
  3. 201610_facilities_miraikan_01

    先端科学技術を体験するサイエンスミュージアム

    日本科学未来館
    「日本科学未来館」は、私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する体験型のサイエンスミュージア…
ページ上部へ戻る