子どもの夢の叶え方

渡辺満里奈さんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」の記念すべき第1回目は、2012年に「第5回 ベストマザー賞【芸能部門】」を受賞した渡辺満里奈さん。子育てや自分の好きなことにしっかり取り組みながらも、いつも明るく爽やかなイメージで、お仕事も多方面で活躍しています。子どもの頃の夢や今のお仕事へ至るまでの道のり、子どもとの向き合い方、そして今後の目標などについてお伺いしました。(インタビュー:2013年4月18日 / TEXT:キッズイベント 高木秀明)
キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第1回 渡辺満里奈さんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第1回 渡辺満里奈さん

きっかけはちょっとした偶然
グループの解散、独り立ちでプロ意識に芽生え

ー 子どもの頃になりたかったものは?

子どもの頃は保育士になりたいと思っていました。小さな子がケーキ屋さんになりたいとか、消防士になりたいとか、そういうのと同じ感じの夢なので、それほど真剣に考えていたものではありませんでしたけど。

小さい頃は歌やドリフターズなどが大好きで、よく観ていました。自分がテレビに出る仕事をするとは思わなかったし、出たいとも、それほど思っていませんでした。14歳くらいのときにオーディション情報誌『月刊デビュー』が流行って、姉がミスセブンティーンのオーディションに私の履歴書を送ったのが、この世界に入るきっかけでした。歌の選考で落ちちゃって、全国には行けなかったのですが、スカウトされて。事務所に行ったら歌のレッスンをしていたり、とても楽しそうだって思ったんです。それで事務所に入ったのですが、それでも自分がテレビに出るというのは、あまり想像していませんでした。その後、フジテレビ系列で放送していたバラエティ番組「夕やけニャンニャン」のオーディションに通り、テレビに出る仕事をすることになるのですが、そのときはまだ学校の延長のような感じで、クラブ活動みたいでしたね。

「夕やけニャンニャン」が1987年8月に最終回を迎え、そこで、その後の進路をどうしようかと思いました。すでにソロでもデビューしていましたし、音楽や歌を歌うことが好きだったので、この仕事を続けていきたいと意思表示をし、初めてプロ意識が芽生えたように思います。高校を卒業したら大学進学という道もありましたが、「大学と両立できるほど甘い世界じゃない」なんて言われたりして、今考えると、勉強しておけばよかったかな、とも思います。今だったら、両立という道もありますね。

アイドル卒業でMCに挑戦、行った意識改革とは?

ー 独り立ちをして、何か意識の変化はありましたか?

ひとりになって、もう前に進むしかなくて、不安はもちろんありましたが、大勢の中の1人ではなく、ソロのイベントなどにファンの方が来てくれて、応援してくれるのは、とても嬉しかったですね。

でも、本当の意味でこの仕事をやっていくんだな、と思ったのは、今から思えばもう少し後、20代半ばくらい、そろそろアイドルでもないだろう、というのが見えてきたときですね。司会やバラエティという方向に行った方がいいんじゃないかと考えました。それまでは、実はまだ“楽しい”という延長だったんです。歌やライブなど、自分の好きな世界を形にしていくのが楽しかった。アイドルから脱却するとき、初めて“仕事だな”と感じました。

自分に司会なんてできるのかなという思いもありました。若いときって、好き嫌いがはっきりしている方がかっこいいとか、こだわりがある方がかっこいいと思っていて、そうすると、興味のないものにはまったく興味がないんですね。でもMCをはじめてからは、いろいろな方と話をする必要があるので、それではダメだと思ったんです。視野を広げる必要があるなと。それで、積極的に人のいいところを探すようにしました。メディアを通してだけ見ていると苦手なタイプだなと思っていた方も、いろいろ調べてみると、こういう素敵なところがあるんだと、たくさんの発見がありました。いろいろなことに興味を持たないと、と思いましたね。

もともとサービス精神みたいなものが少なくて、それまでは相手から話しかけてもらったり、聞かれたりすることが多かったのですが、それではいけないと、自分からコミュニケーションをとるようにしました。本当にコミュニケーション下手だなと実感しましたが、そういう意識の切り替えをすることで、話のきっかけづくりができるようになりましたし、仕事はもちろんですが、個人的な趣味なども広がりましたね。

■ 次ページは子どもの夢のサポートの仕方、そして夫婦円満の秘訣!

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第1回 渡辺満里奈さんインタビュー渡辺満里奈

1970年11月、東京生まれ。86年デビュー。清潔感あふれる明るいキャラクターで、テレビ、CM出演などで活躍するほか、旅行や健康、自身の趣味などに関する本も多数出版。2005年に結婚、2007年12月に長男、2010年6月に長女を出産。

ページ:

1

2
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20240722_present_rakugakids_01

    プレゼント!南砂町SUNAMO店、海老名ビナウォーク店オープン記念!「あそんで!そだてる!らくがキッズ」親子ペアご招待チケット プレゼント!

    雨でも子どもたちが思いきり身体を動かして遊べる施設「あそんで!そだてる!らくがキッズ」の南砂町SUN…
  2. 20240719_movie_tosochu_06

    プレゼント!JO1とFANTASTICSが競演!逃走中 THE MOVIE「ハンターグローブ」プレゼント!

    子どもたちに大人気のバラエティ番組「逃走中」。その「逃走中」が20周年という節目にドラマ映画化!『逃…

注目イベント

  1. 20240624_report_teamLab_01

    5歳でも最高に楽しめる! 麻布台ヒルズに2024年2月にオープンした

    「チームラボボーダレス」に没入してみた!
    2024年2月、 麻布台ヒルズ内にオープンし5ヵ月連続でチケットが完売するほどの人気の「森ビル デジ…
  2. 20240712_report_giantdinos_02

    2024年7月13日(土)~9月13日(金)パシフィコ横浜 展示ホールAで開催!

    「巨大恐竜展2024」体験レポート!
    日本初上陸となる全長約37メートルの超巨大草食恐竜「パタゴティタン・マヨルム」の全身骨格標本を筆頭に…
  3. 20240607_interview_boonboom_00
    仮面ライダーガッチャード&爆上戦隊ブンブンジャー2大ヒーローによる豪華2本立て映画『仮面ライダーガッ…
  4. 20240720_event_SuzukiYasuhiro_01

    2024年7月20日(土)〜9月1日(日)まで二子玉川ライズ スタジオ & ホールで開催!

    鈴木康広展 ただ今、発見しています。
    今話題のアーティスト・鈴木康広氏の発見やひらめきに満ちた展覧会「鈴木康広展 ただ今、発見しています。…
  5. 20240604_interview_gotchard_00
    この夏、仮面ライダーガッチャード&爆上戦隊ブンブンジャー2大ヒーローによる豪華2本立て映画『仮面ライ…

おすすめスポット

  1. 20190316_spot_moomin_00

    2019年3月16日(土)に埼玉県宮沢湖畔にオープン!

    ムーミンバレーパーク
    ムーミンの物語をテーマとした施設「ムーミンバレーパーク」が、2019年3月16日(土)、埼玉県宮沢湖…
  2. 20191214_spot_snoopymuseum_01

    スヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」の世界で唯一の公式サテライト

    スヌーピーミュージアム
    「スヌーピーミュージアム」はスヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」の世界で唯一の分館として、同館が…
  3. 20230721_spot_mieuxforest_01

    山梨県上野原市に2023年7月21日(金)オープン! 都内より車で1時間で行ける大自然! エンターテインメント型グランピング施設

    ミューの森
    イオンファンタジーが都内から車で1時間ほどで行ける大自然、山梨県上野原市にエンターテインメント型グラ…
  4. 20190729_event_ABAL_DINOSAUR_01

    2019年7月29日(月)〜9月30日(月)横浜「アソビル」で開催!

    ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)
    空間移動型VRで大迫力の恐竜世界を歩き回れる「ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)」が、…
  5. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    キッズビー(KidsBee)
    キッズビー(KidsBee)は日本初の本格ビュッフェ+室内遊具のあるインドアプレイグラウンドで親子3…

アーカイブ

ページ上部へ戻る