子どもの夢の叶え方

第1回 渡辺満里奈さん

「子どもの夢の叶え方」の記念すべき第1回目は、2012年に「第5回 ベストマザー賞【芸能部門】」を受賞した渡辺満里奈さん。子育てや自分の好きなことにしっかり取り組みながらも、いつも明るく爽やかなイメージで、お仕事も多方面で活躍しています。子どもの頃の夢や今のお仕事へ至るまでの道のり、子どもとの向き合い方、そして今後の目標などについてお伺いしました。(インタビュー:2013年4月18日 / TEXT:キッズイベント 高木秀明)
キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第1回 渡辺満里奈さんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第1回 渡辺満里奈さん

きっかけはちょっとした偶然
グループの解散、独り立ちでプロ意識に芽生え

ー 子どもの頃になりたかったものは?

子どもの頃は保育士になりたいと思っていました。小さな子がケーキ屋さんになりたいとか、消防士になりたいとか、そういうのと同じ感じの夢なので、それほど真剣に考えていたものではありませんでしたけど。

小さい頃は歌やドリフターズなどが大好きで、よく観ていました。自分がテレビに出る仕事をするとは思わなかったし、出たいとも、それほど思っていませんでした。14歳くらいのときにオーディション情報誌『月刊デビュー』が流行って、姉がミスセブンティーンのオーディションに私の履歴書を送ったのが、この世界に入るきっかけでした。歌の選考で落ちちゃって、全国には行けなかったのですが、スカウトされて。事務所に行ったら歌のレッスンをしていたり、とても楽しそうだって思ったんです。それで事務所に入ったのですが、それでも自分がテレビに出るというのは、あまり想像していませんでした。その後、フジテレビ系列で放送していたバラエティ番組「夕やけニャンニャン」のオーディションに通り、テレビに出る仕事をすることになるのですが、そのときはまだ学校の延長のような感じで、クラブ活動みたいでしたね。

「夕やけニャンニャン」が1987年8月に最終回を迎え、そこで、その後の進路をどうしようかと思いました。すでにソロでもデビューしていましたし、音楽や歌を歌うことが好きだったので、この仕事を続けていきたいと意思表示をし、初めてプロ意識が芽生えたように思います。高校を卒業したら大学進学という道もありましたが、「大学と両立できるほど甘い世界じゃない」なんて言われたりして、今考えると、勉強しておけばよかったかな、とも思います。今だったら、両立という道もありますね。

アイドル卒業でMCに挑戦、行った意識改革とは?

ー 独り立ちをして、何か意識の変化はありましたか?

ひとりになって、もう前に進むしかなくて、不安はもちろんありましたが、大勢の中の1人ではなく、ソロのイベントなどにファンの方が来てくれて、応援してくれるのは、とても嬉しかったですね。

でも、本当の意味でこの仕事をやっていくんだな、と思ったのは、今から思えばもう少し後、20代半ばくらい、そろそろアイドルでもないだろう、というのが見えてきたときですね。司会やバラエティという方向に行った方がいいんじゃないかと考えました。それまでは、実はまだ“楽しい”という延長だったんです。歌やライブなど、自分の好きな世界を形にしていくのが楽しかった。アイドルから脱却するとき、初めて“仕事だな”と感じました。

自分に司会なんてできるのかなという思いもありました。若いときって、好き嫌いがはっきりしている方がかっこいいとか、こだわりがある方がかっこいいと思っていて、そうすると、興味のないものにはまったく興味がないんですね。でもMCをはじめてからは、いろいろな方と話をする必要があるので、それではダメだと思ったんです。視野を広げる必要があるなと。それで、積極的に人のいいところを探すようにしました。メディアを通してだけ見ていると苦手なタイプだなと思っていた方も、いろいろ調べてみると、こういう素敵なところがあるんだと、たくさんの発見がありました。いろいろなことに興味を持たないと、と思いましたね。

もともとサービス精神みたいなものが少なくて、それまでは相手から話しかけてもらったり、聞かれたりすることが多かったのですが、それではいけないと、自分からコミュニケーションをとるようにしました。本当にコミュニケーション下手だなと実感しましたが、そういう意識の切り替えをすることで、話のきっかけづくりができるようになりましたし、仕事はもちろんですが、個人的な趣味なども広がりましたね。

■ 次ページは子どもの夢のサポートの仕方、そして夫婦円満の秘訣!

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第1回 渡辺満里奈さんインタビュー渡辺満里奈

1970年11月、東京生まれ。86年デビュー。清潔感あふれる明るいキャラクターで、テレビ、CM出演などで活躍するほか、旅行や健康、自身の趣味などに関する本も多数出版。2005年に結婚、2007年12月に長男、2010年6月に長女を出産。

ページ:

1

2

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200511_present_picoton_00

    プレゼント! お家で楽しむ子供工作の決定版!ピコトン工作キット【豪華3種入り】プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンは、イベ…
  2. 20200501_present_rivet_vegipans_01

    プレゼント!リベットボタンさんのCD、ベジパンズ「おべんとケース」等プレゼント!

    「#子どもたちへ」のページで、おすすめの音楽、映画、絵本を紹介してくれた、あそびクリエーター/アーテ…

注目イベント

  1. 20190425_interview_mammoth_kondo_sensei_01

    #子どもたちへ 野尻湖ナウマンゾウ博物館館長

    近藤洋一先生おすすめ!
    大人気の企画展「マンモス展」の古生物学を監修した野尻湖ナウマンゾウ博物館の館長 近藤洋一先生が、ゾウ…
  2. 20200526_osusume_okutani_san_01

    #子どもたちへ Candy Boy

    奥谷知弘さんおすすめ!
    Candy Boyの奥谷知弘さんが「今がんばって積み重ねたものは大人になったときに自分の武器になる」…
  3. 20200520_osusume_omori_kantoku_00

    #子どもたちへ 映画監督

    大森研一さんおすすめ!
    『瀬戸内海賊物語』『海すずめ』の監督で、新作映画『未来へのかたち』の公開を準備中の大森研一監督が、冒…
  4. 20200516_event_CandyBoy_BONBON_01

    2020年5⽉31日(日)までCandy Boy公式YouTubeチャンネルで無料配信!

    公演映像レビュー:BONBON
    フレンチポップをテーマに活動している癒し系男⼦グループ「Candy Boy(キャンディーボーイ)」初…
  5. 20200604_event_ANZ_03

    #子どもたちへ 版画家

    蟹江杏さんおすすめ!
    美術館や画廊、全国の有名百貨店をはじめ、国内外で多数の展覧会を開催している版画家の蟹江杏に、杏さんが…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…
  2. 20190724_report_Qplaza_01

    2019年7月19日(金)東京・池袋にオープン!

    「キュープラザ池袋」に行ってきた!
    2019年7月19日(金)、池袋エリアに新たなランドマーク「キュープラザ池袋(Q plaza池袋)」…
  3. 2019_autumn_KURKKU_FIELDS_00

    2019年秋、千葉県木更津市にオープン予定!

    KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)
    音楽プロデューサー小林武史が代表を務める株式会社KURKKU(クルック)は2019年秋、千葉県木更津…
  4. 20190713_spot_ITADAKI_06

    生駒山上遊園地にボーネルンドプロデュースの屋外あそび場

    PLAY PEAK ITADAKI(プレイ ピーク イタダキ)
    生駒山上遊園地では、2019年7月13日(土)に株式会社ボーネルンドが設計および監修を手がける国内最…
  5. 20190331_spot_shaun_02

    2019年3月31日(日)グランドオープン!

    ひつじのショーン ファームガーデン
    クレイアニメーション「ひつじのショーン」の世界観を再現した『ひつじのショーン ファームガーデン』が、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る