2022年3月18日(金)〜8月31日(水)日本科学未来館で開催!

特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。過去最大規模のロボット展示に体験型コンテンツ
ロボットを通して “人間とはなにか?” を考える

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!

【体験レポート】特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」に行ってきた! 2022年8月31日(水)まで日本科学未来館で開催中!

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

WABOT-1(ワボット-ワン )
早稲田大学ヒューマノイド研究所
1973年
日本のロボット開発の第一人者である故 加藤一郎教授を中心に開発された、世界初の人型知能ロボット ※4月1日より展示
提供:早稲田大学ヒューマノイド研究所

「ロボット」という言葉を作家カレル・チャペックが1920年に生み出してから、100年以上が経ちました。

さまざまに発展・拡大を続けるロボット技術は、私たち人間にとってなくてはならないものです。工場などで活躍する産業用ロボットだけでなく、人間と同じように動く人型ロボットや、家族の一員のようにも感じられるパートナーロボット、写真や音声などのデータから生み出されるデジタルクローンまで、いまや「ロボット」の定義や概念、形も多岐にわたります。

それはひるがえって、ロボットと人間の関係性が多種多様で複雑になってきたということなのかもしれません。私たち人間とはどのような存在で、どのような思いをロボットに抱き、今後どのような関係を築いていくのでしょうか。




特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」では、過去最大規模となる多彩なロボットを紹介しつつ、人間はロボットなどの科学技術とどう向き合うのか? どのような未来を描くのか? 多数のロボットを見たりふれたり、インタラクティブな仕掛けを楽しみながら、「人間とはなにか?」を来場者とともに考える特別展です。

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

Pepper(ペッパー)
ソフトバンクロボティクス
2014年
世界初の「感情」を持つ人型ロボット。表情や声から相手の感情を読み取り、身振り手振りを交えて喜びや悲しみなどを表現し会話する
©︎SoftBank Robotics

【本展の見どころ】

国内展覧会史上最大規模となる多彩なロボットを展示!
だれもが知る人気のロボットから本邦初公開の最新ロボットまで、さらに映像展示や体験型コンテンツなど約90種130点が大集結! 大きなロボットを間近で見たり、かわいいロボットとふれあったり、インタラクティブな体験も楽しめます。また、ロボットの研究・開発に影響を与えたアニメやゲームなどのSF作品も紹介します。

さまざまなロボットを通して、人間とはなにか? を考えます。
ロボットを遠隔で操作したり体に装着したりするとき、どこまでが自分の体といえるでしょうか? また、ロボットに心があるように感じられるのは、なぜなのでしょうか? 永遠の命を手に入れるためなら、ロボットになってもいいと思いますか? ロボットとの関係性を通して、人間のからだ、こころ、いのちについて考えます。

インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。
多様に発展するロボットと向き合って、未来にはどのような科学技術が生まれ、どういった関係を築いていくのかを考えます。センシングを用いたプロジェクションなど、インタラクティブな体験型展示を通して、ロボットと私たちの未来像を思い描きます。

【体験レポート】特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」に行ってきた! 2022年8月31日(水)まで日本科学未来館で開催中!

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

Kaleido(カレイド)
川崎重工業 災害救助や介護現場などでの実用をめざして開発された、成人とほぼ同じ大きさの人型ロボット ※4月29日より展示
提供:川崎重工業

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

OTOTAKE PROJECT(オトタケ・プロジェクト)
ソニーコンピュータサイエンス研究所
ロボティクスを使って人間の体のあり方を捉え直すプロジェクト。乙武洋匡氏の身体にあわせたロボット義足「PKA-SEA」の開発を中心として展開している
提供:株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

Musiarm(ミュージアーム )
ALPHYZ x 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
義手と楽器を融合させたもの。義手自体を身体の拡張可能性や余白として捉え直し、なりたい自分になれる自由な体としてデザインした
提供:KMD Embodied Media Project

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

Ontenna(オンテナ)
富士通
音を体で感じる装置。周囲の音を振動と光の強さに変換し、装置を付けている人に音の特徴を伝達する。ろう学校などで導入されている
提供:富士通株式会社

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

OriHime(オリヒメ)
オリィ研究所
距離や身体的問題によって行きたいところに行けない人の、もう一つの体となる遠隔操作が可能な分身ロボット
※OriHime -D(オリヒメ-ディー)も展示予定
©︎オリィ研究所

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

零式人機(れいしきじんき)ver.1.2
人機一体
操作者の思いどおりに直感的に高所作業を行える汎用人型重機。力を緻密に操る能力を持つ。鉄道インフラメンテナンスへの社会実装を進めている
※写真は零式人機 ver.1.0、会場展示はver.1.2
©︎株式会社人機一体 Man-Machine Synergy Effectors, Inc.

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

aibo(アイボ)
ソニーグループ
人に寄り添い愛情の対象になる自律型エンタテインメントロボット。人とのふれあいで成長し個性が生まれ唯一無二のパートナーになる
©︎ソニーグループ株式会社

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

LOVOT(らぼっと)
GROOVE X
人の心に寄り添い、愛されるために開発された家族型ロボット。世界初のやきもちを焼くロボットでもある
提供:GROOVE X株式会社

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

ERICA(エリカ)
国際電気通信基礎技術研究所石黒浩特別研究所
対話に適した人間らしい見た目アンドロイド。自律対話型アンドロイドの実現に向けた研究プラットフォームとして開発された
提供:国際電気通信基礎技術研究所石黒浩特別研究所

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

Pedia_Roid(ペディアロイド)
テムザック
救命救急のトレーニング用に開発された子ども型患者ロボット。治療を嫌がるじたばたとした動き、病状の急変に加え、歯の治療や、脈・呼吸・顔色の変化も細かく再現し、実際の治療現場に近い訓練を行える
©︎株式会社テムザック

多彩なロボットにふれることを通して「人間とはなにか?」を考える特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」が、2022年3月18日(金)〜8月31日(水)まで日本科学未来館で開催!インタラクティブな仕掛けで、人間とロボットの多様な未来を思い描きます。

漱石アンドロイド
二松学舎大学大学院文学研究科
大阪大学大学院基礎工学研究科
明治から大正にかけて活躍した文豪 夏目漱石のアンドロイド。漱石が「漢学塾・二松学舎」で学んだ縁により、二松学舎創立140周年の際に制作された
提供:二松学舎大学大学院文学研究科/大阪大学大学院基礎工学研究科

イベント名
特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」
開催期間
2022年3月18日(金) ~ 2022年8月31日(水)
休館日
火曜日 ※ただし3月22日~4月5日、5月3日、7月26日~8月30日の火曜日は開館
開催時間
10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6 1階  企画展示ゾーン)
https://www.miraikan.jst.go.jp/
アクセス
・新交通ゆりかもめ「東京国際クルーズターミナル」駅下車 徒歩約5分
・新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車 徒歩約4分
・東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩約15分
料金
・大人(19歳以上):2,100円(1,900円)
・中人(小学生~18歳):1,400円(1,200円)
・小人(3歳~小学生未満):900円(700円)
※( )内は8名以上の団体料 
※ 常設展もご覧いただけます。
※ ドームシアターは別料金(要予約)。
※ 2歳以下は無料、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料。
※ 会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合があります。
※ チケットは3月上旬に発売開始予定です。
※ 会期等は変更になる場合があります。
※ 本展覧会の内容は予告なく変更になる場合があります。
※ チケット情報を含む最新情報は本展公式サイトをご確認ください。
ご注意
COVID-19対策のため、検温・消毒・マスク着用にご協力ください。
主催者名
主催:日本科学未来館、朝日新聞社、テレビ朝日
協賛:ソニーグループ、凸版印刷
後援:文部科学省、厚生労働省、経済産業省、産業技術総合研究所、日本科学技術振興財団、日本ロボット学会、人工知能学会、東京臨海高速鉄道、ゆりかもめ
協力:東急電鉄、東京モノレール
助成:在日フランス大使館
企画協力:フランス国立自然史博物館
総合監修:浅田稔 大阪国際工科専門職大学 副学長/大阪大学特任教授(同名誉教授)
監修協力:
・江間有沙(東京大学未来ビジョン研究センター准教授)
・大澤博隆(筑波大学システム情報系助教)
・佐倉統(東京大学大学院情報学環教授 理化学研究所革新知能統合研究センター・チームリーダー)
・長井志江(東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構特任教授)
問い合わせ
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル 全日9:00~20:00)
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. blue_pos_jp_f

    プレゼント!映画『ブルー きみは大丈夫』フレンドシップ・ブレスレット プレゼント!

    孤独な少女と、想像力豊かな子どもにだけ見える不思議な存在 “もふもふ” ブルーの物語、映画『ブルー …

注目イベント

  1. 20240513_interview_arashinoyoruni_01

    2024年8月24日(土)・25日(日)日生劇場で上演! 日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2024

    音楽劇『あらしのよるに』キャスト 白石隼也さん、南野巴那さんインタビュー!
    オオカミとヤギ、本来なら仲良くなるはずのないふたりが「食べる側」「食べられる側」の関係をこえて友情を…
  2. 202412_movie_saibou_01

    2024年12月、はたらきます!漫画『はたらく細胞』がまさかの実写映画化!

    はたらく細胞
    細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定で大ヒット中の漫画『はたらく細胞』が超豪華キャスト×…
  3. 20241206_movie_moana2_01

    2024年12月6日(金)全国劇場公開!『アナと雪の女王』『ウィッシュ』のディズニー・アニメーション・スタジオ最新作!

    モアナと伝説の海2
    珠玉の音楽と圧巻の映像美で世界中を感動の渦に包み込み数々の映画賞にノミネートされた『モアナと伝説の海…
  4. 東京スカイツリータウンⓇ 夏休みイベント2024の画像

    2024年7月12日(金)~9月1日(日)東京スカイツリータウンで開催!

    東京スカイツリータウン®夏休みイベント2024
    東京スカイツリータウンでは夏休みイベント「東京スカイツリータウン(R) 夏休みイベント2024」を2…
  5. 大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®の画像

    2024年7月13日(土)〜8月26日(月)東京スカイツリータウン®で開催!

    大昆虫展 in 東京スカイツリータウン® 〜ようこそ昆虫の惑星へ〜
    珍しい昆虫たちと直接ふれあえる「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」が、2024年7月13日(…

おすすめスポット

  1. 20190914_spot_bears_00

    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」× 屋内あそび場!

    くまのがっこうあそびひろば
    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の子供向けインドアプレイグラウンド『くまのがっこうあそびひろば』…
  2. pr

    2021年7月16日(金)開業! 新感覚の体験型デジタルミュージアム

    ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO
    図鑑でしか見られない生き物に会える新感覚の体験型施設『ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM …
  3. 2020_spot_HUIS_TEN_BOSCH_08

    2020年春の2大トピックス! 新エリア「光のファンタジアシティ」「フラワーフェスティバル」開催!

    ハウステンボス
    オランダの街並みを再現した日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)。「365日楽し…
  4. ドコドコ_ロゴ運用マニュアル0726

    2018年10月11日(木)立川髙島屋S.C.にオープン!

    冒険の島 ドコドコ
    激流すべりや雲に乗って冒険遊びができるバンダイナムコの最新デジタルプレイグラウンド「屋内・冒険の島 …
  5. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    藤子・F・不二雄ミュージアム(ドラえもんミュージアム)
    漫画『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを約5万点の漫画の原画などを通じて伝…

アーカイブ

ページ上部へ戻る