4月18日(火)サンシャイン60展望台にオープン! 小さなお子さんと一緒に楽しめる “空の公園”!

「てんぼうパーク」体験レポート!

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

サンシャイン60展望台は1978年4月6日、当時は “東洋一高い超高層ビルの最上階(60階)に開業。2023年の開業45周年を機に、新たな眺望体験を楽しめる “空の公園” として「てんぼうパーク」がオープン! 入口付近にあるロゴの前はフォトスポット。アートウォールによる館内案内もある

海抜251mの上空にくつろぎの公園が誕生!
小さなお子さんと長時間安心して楽しめる

2023年に開業45周年を迎えるサンシャインシティ(東京・池袋)は、展望台を『サンシャイン60展望台 てんぼうパーク』として2023年4月18日(火)にオープン! “365日、公園びより。” をテーマに、新たな眺望体験を提供する空の公園となります。

【施設紹介】サンシャイン60展望台 てんぼうパーク

メインとなる「てんぼうの丘」は、海抜251メートルからの大パノラマの絶景が楽しめることはもちろん、広々としたスペースに人工芝が敷かれ、寝転んだり、ピクニックのように飲食を楽しんだり、まさに天空の公園。季節の植栽や心地よいBGM、アロマの香りと、ゆっくりとくつろげる空間となっています。

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

季節を取り入れた植栽と人工芝に囲まれた「てんぼうの丘」。芝生でゆっくりとくつろぎながら眺望を楽しめる広々とした空間。鳥の鳴き声などの自然音がBGMで流れ、昼はフレッシュな、夜は艶のあるアロマの香りが漂う

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

「てんぼうパーク」はサンシャイン60ビルの60階にあり、海抜251メートルの高さからの眺望を楽しめる。スカイツリーや富士山も見える(写真はスカイツリーの見える方角)

18ヵ月未満のお子さん専用の「ハイハイスペース」や授乳用個室も備えた「ベビールーム」、離乳食も販売している「てんぼうパークCAFE」がある一方、飛んだり跳ねたりの遊具はなく、時間制限もないので、小さなお子さんのいる親御さんが、長時間安心してリラックスするのに最適なスペースだと感じました。何度もリピートしたくなりそうです。

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

18ヵ月未満のお子さんと楽しめる「ハイハイスペース」。知育玩具や絵本が置いてある

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

授乳室のあるベビールームも完備。壁には卵の殻を吹き付けた「エッグウォール」が使用され、卵の殻が持つ気孔により、四季で変化する部屋の湿度や臭いを快適に保つ

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

ベビールームにはソファ、電子レンジ、ミルク用のお湯が用意されている。「てんぼうパークCAFE」では離乳食も販売

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

おむつ交換台、授乳用個室も

もちろん360度の大パノラマの眺望も必見! 時間、季節で変化する表情、さらに「てんぼうパーク」から望む景色にまつわる知識や、東京という街の移り変わりなどを声優の石谷春貴さんが解説してくれる音声ガイド「東京パノラマガイド」(有料)もあり、“新たな眺望体験” をさらに魅力あるものとしています。




「てんぼうの丘」の反対側には120坪の「イベントスペース」があり、キャラクターイベントやアート展示などを開催。2023年4月28日(金)〜7月9日(日)には「名探偵コナン 祝祭の天空都市」の謎解きラリーが開催! イベントのないときはくつろぎの空間として利用されます。

豊島区では4つの公園、南池袋公園、池袋西口公園、中池袋公園、としまみどりの防災公園(愛称:イケ・サンパーク)を軸にした街づくりを行なっています。その4つの公園の中央に位置する「てんぼうパーク」は、まるで5つめの公園として、豊島区のまちづくりの一翼を担っているかのよう。

料金は大人(高校生以上)が平日700円、土日祝900円。子ども(小・中学生)が平日500円、土日祝が600円。小学生未満は無料(団体入場の際は有料)。営業時間は11:00〜21:00で、時間制限はありません。
入場チケット:https://sunshinecity.jp/file/official/observatory_ticket/
※時期や特別営業時などにより料金が変動します。
※営業時間は変更になる場合があります。最終入場は終了1時間前。

開放感あふれる “空の公園” は、何度も来たくなる癒しの空間。「てんぼうパーク」なら、どんな日も “公園びより” です。

【施設紹介】サンシャイン60展望台 てんぼうパーク

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

まるで雲の中を歩いているかのようなトンネル。昼間は明るく爽やか、夜は大人の雰囲気に

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

雲のトンネルを抜けるとフォトスポットが現れます

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

ソファに腰掛けたり、芝生に寝転んだりしてゆっくりとくつろぎながら眺望を楽しめる「てんぼうの丘」。鳥の鳴き声などの自然音がBGMで流れ、昼はフレッシュな、夜は艶のあるアロマの香りが漂う

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

「てんぼうの丘」にはブランコ風のベンチもあり、フォトスポットとしても楽しめる

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

窓辺にはソファやベンチなどが置かれ、眺望を楽しみながらくつろぐことができる。鏡のところにはトンボなどのイラストが15ヵ所ほどあり、小さなお子さんはイラスト探しも楽しめそう

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

人工芝ではピクニック気分味わえるよう、シートが無料貸し出し。人工芝では飲食も可能。平日の11:00〜14:30までは持ち込みも可能

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

夜になると雰囲気は一変し大人の雰囲気に

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

ひな壇のようになっているクッション。ソファやベンチなどもあり、さまざまな形で眺望を楽しめるようになっている

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

子どもが興味を持ちそうな動物の形をした小さなイス(クッション)の中には、組み立てて遊べるものも

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

これもイスのひとつとなるネットの円形ベンチ。いろいろな大きさ、高さがある。天気が良ければここから富士山も見える。ダイヤモンド富士が見えるときにはイベントも行うそう

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

火を使っていない焚火も。夜は夜景ともあいまって幻想的な雰囲気に。お酒との相性も抜群!

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

離乳食も販売している「てんぼうパークCAFE」。自然由来の食材を使った料理や、子どもたちが大好きなソフトクリーム、スムージーなどを販売。イベント開催時にはイベントと連動したメニューも提供

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

お子様ピクニックカレー(650円/税込)と、てんくうソフトクリームミックス(580円/税込)。青空ブルーのバニラと上質ないちごを使用したいちごのソフトクリームとのミックス

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

てんくうスムージー(800円/税込)。バナナをベースに、スーパーフードのスピルリナで青空を、ホイップクリームで雲を、そしてカラフルな和菓子の “おいり” で虹を表現した、てんぼうパーク限定のスムージー

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

ハニーチキンバインミー(850円/税込)、3色ご飯のてんくうチキンカレー(850円/税込)など、カフェメニューも充実。海抜251メートルの眺望を楽しみながら楽しめます。コンセント、無料Wi-Fiも完備

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

この席からは、お天気が良ければ富士山が見えるそう

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

眼下には青々とした芝生の「南池袋公園」。豊島区の4つの公園を軸とした街づくりの4つの公園のうちのひとつ。左側の高いビルは豊島区役所が入った建物

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

120坪(約400平方メートル)もの広さのイベントスペース。2023年4月28日(金)〜7月9日(日)には「名探偵コナン 祝祭の天空都市」の謎解きラリーが開催! イベントのないときはくつろぎの空間に

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク体験レポートの写真

展望台から見える景色の写真を飾るフォトギャラリー。日本気象協会が監修した、天気の良くない日の雲や空の写真も

OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. a4_flyer_1201

    招待券プレゼント!哺乳類の多様な姿や能力の進化に迫る!特別展「大哺乳類展3-わけてつなげて大行進」招待券プレゼント!

    国立科学博物館が誇る500点を超える剝製標本から哺乳類の多様な姿や能力の進化に迫る特別展「大哺乳類展…

注目イベント

  1. 20240222_event_cpplus_03

    2024年2月22日(木)〜25日(日)パシフィコ横浜で開催!

    シーピープラス 2024(CP+2024)
    カメラと写真映像のワールドプレミアショー「シーピープラス 2024(CP+2024)」が2024年2…
  2. 20240213_report_Matisse_01

    2024年2月14日(水)〜5月27日(月)国立新美術館で開催!

    展覧会「マティス 自由なフォルム」体験レポート!
    20世紀最大の巨匠のひとりアンリ・マティスの大作《花と果実》が日本初公開となる展覧会「マティス 自由…
  3. 20240205_report_borderless_azabudai_03

    2024年2月9日(金)麻布台ヒルズにオープン!

    エプソンチームラボボーダレス 体験レポート!
    チームラボボーダレスが新しくなって麻布台ヒルズにオープン!「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソ…
  4. 20231212_report_blazar_00
    映画『ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突』が2024年2月23日(金・祝)全…
  5. 20240130_report_snoopymuseum_01

    巨大スヌーピーが出現! 2024年2月1日(木)リニューアルオープン!

    スヌーピーミュージアムがリニューアルオープン!
    スヌーピーミュージアムが2024年2月1日(木)リニューアルオープン!大きな口を開けた巨大なスヌーピ…

おすすめスポット

  1. 20220722_report_TIMEDIVER_t12
    圧倒的な“恐竜体験”ができるライブエンターテインメント「DINO-A-LIVE PREMIUM TI…
  2. 20200715_report_sumida_03

    日本最大級! 500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽が登場!

    「すみだ水族館」が大規模リニューアルオープン!
    日本最大級となる500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽「ビックシャーレ」が登場!通常はバッ…
  3. 20231026_CITYCIRCUIT_00
    都内で子どもから大人まで本格的なEV(電動)レーシングカートを楽しめる施設「シティサーキット東京ベイ…
  4. 20190315_spot_UNKO_01

    2019年3月15日(金)横浜駅東口アソビル2Fに期間限定オープン!

    うんこミュージアム横浜
    UNKO(うんこ)が紡ぐ新感覚アミューズメント空間「うんこミュージアム YOKOHAMA」が、201…
  5. 202003_spot_streetmusium_01

    日本全国の美術館をオンラインで楽しめる!

    ストリートビューミュージアム
    子供向けワークショップの企画・実施等を行なっている株式会社ピコトンは、新型コロナウイルスの影響による…

アーカイブ

ページ上部へ戻る