『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開記念!

スペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」棚橋選手、真壁選手にインタビュー!

2016年3月5日(土)、『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が全国公開! ドラえもんたちの敵となる「クラヤミ族」の声優を務め、映画のスペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」のメンバーでもある新日本プロレスNo.1“イケメンレスラー” 棚橋弘至選手、“スイーツ番長” 真壁刀義選手に、映画の見どころなどをお伺いしました!
『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開記念! スペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」棚橋選手、真壁選手にインタビュー!

棚橋弘至選手(写真左)と真壁刀義選手。「ウンタカ!ドラドラ団」として『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』を応援! ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の見どころは?

真壁刀義選手
この『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』は、1989年に公開された『のび太の日本誕生』を新たなステージへと進めた作品で、子どものころに『のび太の日本誕生』を観た人が、今はお母さん、お父さんになっている。

「ドラえもん」って、子どもが楽しめるのはもちろんだけど、大人になって観るとまた違う視点で楽しめるんですよ。だからね、そんな大人には、やっぱり、かぁちゃんがいいんですよ。のび太のママがね。最初の方からもう“グッ”ときた。

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開記念! スペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」棚橋選手、真壁選手にインタビュー!

「俺も棚橋も“ドラえもん”を観て夢を叶えた」と真壁刀義選手 ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

俺たちって、さも“ひとりで生きてきました”って顔をしてるけど、本当はそうじゃないじゃない。ずっと親が守ってくれていたからこそなんですよ。家もある、飯も食える、学校にも行かしてくれる、いろいろなものを用意してもらっての今なのに、勝手にテメーひとりで生きてきたような顔をするじゃないですか。のび太のママからは、改めてそういう、家族の陰の思いやりとかを気が付かせてもらったね。

お母さん、お父さんは実感すると思うよ。子どもはまだわからないだろうし、そんなことに気が付いてもらう必要はないんだけど、のび太のママの言葉とか表情とかは心に残ると思うんだよ。だから何年かしてもう一度観てほしいね。子どもたちにも新たな気づきがたくさんあると思うよ。

この映画はリアルにハートに響くから、今の子どもたちには少しでも何かを持って帰ってもらって、辛いときなんかに頑張る気持ちとか、夢を持ってもらいたいね。

棚橋弘至選手
ドラえもんたちはピンチになって、道具に頼ろうと思ってもダメで、でもそこであきらめずに頑張るんです。そして最後は道具じゃなくて、ドラえもんやのび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんたちが、自分たちの力で頑張る姿がお子さんに響くと思うんですよね。だから何か悔しいことや辛いことがあったときに、僕も、私も頑張ろうと、あきらめない気持ちを感じてもらえればと思います。その部分はプロレスにも通じる部分があって、僕も観てて感動しました。

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開記念! スペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」棚橋選手、真壁選手にインタビュー!

お子さんのいらっしゃる棚橋さん。子育てで大切にしていることは「言葉遣い」。「“ムカつく”“うざい”とかは禁止です。言葉遣いは一番大事なことかなと思っています」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

2人ともドラえもんたちの敵となる「クラヤミ族」の一員として出演しています。棚橋さんはプロレスではヒーローですが、悪役はどうでしたか?

棚橋弘至選手
新鮮でした。プロレスでもこの原始人ルックをコスチュームにして悪役をやろうかな。スーパー・ストロング・マシン的に「いやぁ〜!」って。でも、クラヤミ族になりきれない自分もいて、声優の仕事では悪役なのに声が上ずってしまいました‥‥。

真壁刀義選手
「せ、精霊大王!」というセリフがあるんですよ。でもこんなキーの高い声の悪役ってないでしょ。映画を観てても、すぐに棚橋の声だってわかりますよ。

悪には染まれなかったんですね。

棚橋弘至選手
はい。クラヤミ族の中でも割と良い方というか‥‥。

真壁さんはプロレスでもヒールですが、クラヤミ族はいかがでしたか?

真壁刀義選手
俺はもう生まれもってのヒールだよ。“オギャー”って生まれたときからヒール!

でも好感度はめちゃめちゃ高いですよね? ヒールなのに憎まれない、嫌われない、その秘訣は?

真壁刀義選手
それは教えられないなぁ。というかね、映画のジャイアンと同じですよ。そういうことです。やるときはやるんです。大事なところはバッチリ決めるんです。




真壁さんは先ほどの「ウンタカダンス」イベントで子どもたちに、「ドラえもんを観て夢を叶えてきた」とおっしゃっていましたが、子どもの頃の夢はプロレスラーになることだったんですか?

真壁刀義選手
全然夢じゃなかった。というか、なれると思っていなかった。

俺がガキの頃、小学4、5、6年生くらいかな、プロレスはタイガーマスクやハルク・ホーガン、アントニオ猪木、長州力がいて大ブームだった。毎週金曜日の夜8時にプロレスのテレビ放送があって、土曜日の学校は男女関係なくプロレスで盛り上がり、そんな少年時代だったからプロレスは自分の根幹にバッチリ根づいている。プロレスラーはあこがれの存在で、俺なんかがなれるわけがないと思っていたんだな。

で、俺はあの、ちょっと屈折した時期があって、大人になって、さぁ働こうかなと思ったときに、ちょっとだけ夢を見てみたいなと思った。それで就職活動なんかしないで体育館の角でずっとスクワットをやって、100回だったのが200回できるようになり、200から300、そして1,000回が普通にできるようになって、体力もついて新日本プロレスの入門テストに受かることができた。でも、そこからがまた地獄、地獄、地獄だった。10年くらい続いたかな。

プロレスを辞めようとは思わなかったんですか?

真壁刀義選手
もうね、自分の中であきらめかけてた。あぁ、もうこんなもんでいいかなって。試合中にアキレス腱も切っちゃって、俺のプロレス人生はこれでもう終わりだなって思ってた。でもそこで美しい話があるんだよ!

アキレス腱のケガで入院していたとき、プライベートの友だちがお見舞いに来てくれたんだよ。そしたら俺の診察中にプロレスラーの友だちも病院に来てくれて、診察が終わって診察室から出たらすごいきれいな西日が差す中にプライベートの友だちとプロレスラーの友だちが、すげぇ和気あいあいと話しているんだよ。それを見たときに、なんか一瞬時間が止まって、「あぁ、俺はこいつらのためにもう一回がんばらなきゃダメだな」って思った。そっからだよ、もう一回初心に戻って闘いはじめたのは。本当に夢を叶えはじめたのは、そこからだよね。

棚橋さんはどうですか?

棚橋弘至選手
僕はそのときどきで夢中になることを全力でやってきたというか、子どもの頃はプロ野球の選手になりたくて一生懸命野球をやっていて、体力がついてきたから筋トレも覚えました。大学でプロレスラーになりたいと思ったときは、その筋トレがすごく役に立った。プロレスラーになってからは、大学で勉強してきたことが役に立って、クイズ番組とかに呼んでいただけるようになって、それで今回みたいな企画にも声をかけていただいて。飽きちゃったり挫折とかで夢はどんどん変わっているんだけど、でもそのときどきで真剣にやってきたことは全部自分の中で財産になっている。挫折した経験も、決して無駄になってないんですね。

お2人の今後の目標や夢は?

真壁刀義選手
変わらずですよ。プロレスラーとして王座を目指す。俺は今ベルトを持っていないので、どんなベルトでも狙っていく。うち(新日本プロレス)の看板ベルトなのか、ほかのベルトなのか、ベルトもいろいろ分けられているけど、今の俺にはどれもが金メダルに値する。そしてプロレスラー真壁刀義を通して「プロレスっておもしれぇんだよ、見に来いコノヤロー!」というのを伝えていきたいね。

プロレスってね、俺らもそうだったけど、人生の教科書なんですよ。乱入してきたヤツらから仲間を助けたり、努力して競い合って頂点を目指したり、いろいろなことがあって、人生と変わらないんですよ。だからプロレスを見た人に、何か自分の人生の糧になるようなヒントを得てもらえたら嬉しいね。

棚橋弘至選手
ベルトをもう一度とってプロレスを盛り上げていくというのはもちろんですが、プロレスって日本全国を巡業するんです。で、プロレスラーって体が大きいから老人ホームや介護施設とか、福祉関係の施設に顔を出すと、とても喜ばれるんです。だからプロレスラーが全国を回る、この巡業システムを活かした社会貢献もしていければいいなと思っています。お年寄りだけじゃなくてお子さんも喜んでくれるので、いろいろなシチュエーションのお子さんのところにも行きたいですね。

【#子どもたちへ】棚橋弘至選手のおすすめを紹介! 子どもたちへのメッセージも! 新型コロナウィルス感染症による臨時休校・外出自粛要請 支援企画

【#子どもたちへ】真壁刀義選手のおすすめを紹介! 子どもたちへのメッセージも! 新型コロナウィルス感染症による臨時休校・外出自粛要請 支援企画

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開記念! スペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」棚橋選手、真壁選手にインタビュー!

インタビューの前には、『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の応援団「ウンタカ!ドラドラ団」によるダンスイベントが開催。棚橋弘至選手、真壁刀義選手も参加し、子どもたちと一緒にダンスバトルを楽しんでいました ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20220504_event_Okura_01

    プレゼント!ホテルオークラのGW体験型イベント!「本物って楽しい 〜オークラで出会う音楽と食のレッスン〜」入場券プレゼント!

    The Okura Tokyo(ホテルオークラ)はゴールデンウィークの2022年5月4日(水・祝)~…
  2. 20220401_report_ChimPom_00

    プレゼント!無料の託児所で子連れで楽しめる展覧会!森美術館「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」招待券プレゼント!

    森美術館で2022年5月29日(日)まで開催予定の展覧会「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」で…

注目イベント

  1. 20220426_DINOSAFARI_01

    2022年4月27日(水)〜5月8日(日)のGWに渋谷ヒカリエで開催!

    DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜 が開催! 体験レポート!
    大迫力の恐竜が目の前に迫る圧倒的な恐竜体験ができるライブ「DINO SAFARI 2022〜未来のヒ…
  2. 20220509_event_momocuro_01

    2022年5月9日(月)応募締切! ももクロと100名の子どもたちでMVをつくる!

    フマキラー PLAY ACTIVE!「走れ!2022プロジェクト」
    子どもたちが外で元気に遊ぶことを応援するプロジェクト「PLAY ACTIVE!」を実施しているフマキ…
  3. 20220415_report_AVENGERS_00

    2022年4月16日(土)〜6月19日(日)東京・森アーツセンターギャラリーで開催!

    「アベンジャーズ展」が開催!体験レポート!
    アベンジャーズと一緒に地球を守りたい! そんな子ども(大人)たちの夢を叶える「アベンジャーズ展」が、…
  4. 20220303_report_aoashi_03

    2022年4月9日(土)放送スタート! 今もっともアツいサッカー漫画!

    テレビアニメ『アオアシ』大鈴功起さんインタビュー!
    小林有吾さんの大人気サッカー漫画『アオアシ』が2022年4月9日(土)NHK Eテレにて放送開始!J…
  5. 20220213_report_shinoharasan_event_01

    いきもの好き小学生100名が参加! 書籍『よし、わかった! いきものミステリークイズ』発売記念!

    動物作家・篠原かをりの “いきものミステリークイズ” オンラインイベントを開催!
    動物作家・篠原かをりさんの書籍『よし、わかった! いきものミステリークイズ』の発売を記念したオンライ…

おすすめスポット

  1. ドコドコ_ロゴ運用マニュアル0726

    2018年10月11日(木)立川髙島屋S.C.にオープン!

    屋内・冒険の島 ドコドコ
    激流すべりや雲に乗って冒険遊びができるバンダイナムコの最新デジタルプレイグラウンド「屋内・冒険の島 …
  2. 20200421_spot_DMM_kariyusi_aqua_10

    2020年4月21日(火)沖縄県豊見城市にオープン!

    DMMかりゆし水族館
    2020年4月21日(火)、沖縄県豊見城市豊崎の美らSUNビーチに隣接するショッピングセンターに「D…
  3. 20180427_facility_asobimare_tokyo_01

    365日 雪が降る、日本最大級の室内親子遊園地!

    東京あそびマーレ
    東京都八王子市の京王相模原線「京王堀之内」駅に直結する複合商業施設「ビア長池」に、2018年4月27…
  4. pr

    2021年7月16日(金)開業! 新感覚の体験型デジタルミュージアム

    ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO
    図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会うことができる新感覚の体験型施設『ZUKAN M…
  5. 20211203_report_MORIUM_00

    2022年1月12日(水)森永製菓 鶴見工場内にオープン!

    森永エンゼルミュージアムMORIUM(モリウム)
    子どもが大好きなお菓子「チョコボール」や「ハイチュウ」の森永製菓は2022年1月12日(水)、横浜の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る