ぞうに乗ろう! ぞうと遊ぼう! ぞうとたっぷり楽しめる動物園

市原ぞうの国

「ぞうに乗る」ことができる、ぞうがメインの動物園「市原ぞうの国」。ぞうに乗ったり綱引きしたり、エサをあげたり、ぞうとたっぷり触れ合い、1日たっぷり楽しめます。ぞうが身近に感じられ、今まで以上にかわいく思えること間違いなし!(記事制作:2006年7月)

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぞうに乗れる動物園「市原ぞうの国」

幼稚園のお友だちのお母さんから“ぞうに乗れる動物園”が千葉県にあるという話を聞き、調べてみたら市原市にありました。その名も「市原ぞうの国」

「市原ぞうの国」には、映画「星になった少年」に出演したランディというぞうがいるほか、行ったあとで気が付いたことですが、以前フジテレビのコマーシャルでサルとぞうが「きっかけはぁ〜」ってやってましたよね? あの場所が、この「市原ぞうの国」です。ほかにもぞうが出てくる広告などには、けっこう「市原ぞうの国」のぞうが使われているようです。

ぞうと触れ合い、1日たっぷり楽しめる

「市原ぞうの国」は、ぞうがメインの動物園です。1日に3回程度(時期により回数は異なります)、30分くらいのぞうによるショーがあるほか、ぞうの鼻にぶら下がって記念撮影ができる「ぞうさんリフト」、ぞうの背中に乗って広場を1周する「ぞうさんライド」など、直接ぞうと触れ合える催し物があります。

「ぞうさんリフト」と「ぞうさんライド」は有料ですが、ショーは何度見ても無料。またショーの後では、運がよければぞうとの記念撮影や、ぞうに触れるチャンスも。

またぞうの他にもラクダやポニーに乗れるほか(有料)、キリンやカバ、サル、クマ、トラ、プレーリードッグなどの動物も飼育されており、比較的小さい動物園ですが、1日たっぷり楽しめました。プレーリードッグは柵もないちょっとした丘で飼われていて、自然な姿を見ることができました(逃げないのでしょうか?)。

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぞうはどうやって寝るのかな? すると眠り方を見せてくれました。横になって寝るんですね

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぞうさんがどれくらい力持ちなのか、ぞう1頭 vs 大人と子ども30人くらいで綱引き。軽々とみんなを引っぱってしまいました

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぞうのサッカー。軽〜く蹴っているのに、ボールはものすごい勢いですっ飛んでいきました

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぞうさんが鼻で器用に帽子をかぶらせてくれます。せっかくなので、ぜひかぶらせてもらいたいものです

予算は多少多めに考えておきましょう

料金は、ちょっと高めです。入場料金が大人1,800円、小学生の子供が900円、3歳以上小学生未満の子どもが500円(2歳以下:無料)。「ぞうさんライド」が1,500円(定員1〜3名)、「ぞうさんリフト」が写真立て付きで2,000円。またぞうのショー中、ぞうにエサをあげる時間があり、そのエサ代が400円、お金を渡すと直接ぞうがぬいぐるみを持ってきて渡してくれるぬいぐるみ販売のぬいぐるみが1,000円〜3,000円。

もちろん何をするかや、ぬいぐるみの購入は自由ですが、家族3人で出かけてこれらすべてを行った場合、ざっと1万円は必要です。それに昼食代、動物園までの交通費、アクアラインを往復で使った場合、ガソリン代を入れると2万円コースになってしまいます。

しかし入園料が通常の動物園に比べて高かったり、撮影やライドでお金を取るのは、この動物園の存在意義を考えると、ある程度納得できます。あれだけのぞうの世話にや施設の運営には、かなりのお金が必要ですり、勝浦の山奥に、もっと自然な形でぞうが余生を送れる「勝浦ぞうの楽園」を建設中のようです。

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぞうさんのお絵描き。キュートなお尻をこっちに向けて、キャンバスに絵を描いてくれます

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

こちらの子ぞうはTシャツに絵を描いてくれます(有料)。絵が描けるぞうは珍しいそうです

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ぬいぐるみの販売では、お金を渡すとぞうが鼻で受け取り、ぬいぐるみを渡してくれます

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

写真のぬいぐるみは映画「星になった少年」の「ランディ」。期間限定のオリジナルぬいぐるみもありました

また行きたい「市原ぞうの国」

個人的には、子どもはもちろん、大人もとても楽しめました。こんなにぞうの近くに行ったことも、また触ったことも初めてで、長い鼻でスキンシップをとろうとするぞうは、やはりかわいく感じました。

家族4人で行ったため、1人だけ「ぞうさんライド」に乗れなかったのは残念でしたが、楽しそうな子どもの顔が見られたので、良しとしましょう。なお、「ぞうさんリフト」や「ぞうさんライド」は整理券が必要です。動物園に着いたら、まず最初に整理券をもらっておきましょう。

「市原ぞうの国」のオフィシャルサイトでは、営業日やイベントの詳しい説明、イベントの開始時間が紹介されているので、事前にチェックしてからお出かけしましょう。

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

ショーのエンディングはみんなで挨拶。鼻としっぽをつないで帰って行きました

ぞうに乗ろう! 遊ぼう!ぞうの動物園「市原ぞうの国」にお出かけ!

この日は暑かったので、ショーの後に水浴び用の水を振りまいてくれました。中にはびしょ濡れの人も!

市原ぞうの国

場所:千葉県市原市山小川937
電話番号:0436-88-3001
料金:大人 1,800円、子供 900円、幼児(3才以上) 500円、2才以下 無料
アクセス:館山自動車道市原インターチェンジより国道297号線を大多喜・勝浦方面へ約25km
駐車場:あり(500円/1日)
オフィシャルサイト:http://www.zounokuni.com

※お出かけの前には、営業しているか確認してからお出かけください。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200501_present_rivet_vegipans_01

    プレゼント!リベットボタンさんのCD、ベジパンズ「おべんとケース」等プレゼント!

    「#子どもたちへ」のページで、おすすめの音楽、映画、絵本を紹介してくれた、あそびクリエーター/アーテ…
  2. 20200511_present_picoton_00

    プレゼント! お家で楽しむ子供工作の決定版!ピコトン工作キット【豪華3種入り】プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンは、イベ…

注目イベント

  1. 20190425_interview_mammoth_kondo_sensei_01

    #子どもたちへ 野尻湖ナウマンゾウ博物館館長

    近藤洋一先生おすすめ!
    大人気の企画展「マンモス展」の古生物学を監修した野尻湖ナウマンゾウ博物館の館長 近藤洋一先生が、ゾウ…
  2. 20200526_osusume_okutani_san_01

    #子どもたちへ Candy Boy

    奥谷知弘さんおすすめ!
    Candy Boyの奥谷知弘さんが「今がんばって積み重ねたものは大人になったときに自分の武器になる」…
  3. 20200520_osusume_omori_kantoku_00

    #子どもたちへ 映画監督

    大森研一さんおすすめ!
    『瀬戸内海賊物語』『海すずめ』の監督で、新作映画『未来へのかたち』の公開を準備中の大森研一監督が、冒…
  4. 20200516_event_CandyBoy_BONBON_01

    2020年5⽉31日(日)までCandy Boy公式YouTubeチャンネルで無料配信!

    公演映像レビュー:BONBON
    フレンチポップをテーマに活動している癒し系男⼦グループ「Candy Boy(キャンディーボーイ)」初…
  5. 20200604_event_ANZ_03

    #子どもたちへ 版画家

    蟹江杏さんおすすめ!
    美術館や画廊、全国の有名百貨店をはじめ、国内外で多数の展覧会を開催している版画家の蟹江杏に、杏さんが…

おすすめスポット

  1. 20190713_spot_ITADAKI_06

    生駒山上遊園地にボーネルンドプロデュースの屋外あそび場

    PLAY PEAK ITADAKI(プレイ ピーク イタダキ)
    生駒山上遊園地では、2019年7月13日(土)に株式会社ボーネルンドが設計および監修を手がける国内最…
  2. 20171219_spot_TMC_01

    世界一謎があるテーマパークが新宿・歌舞伎町にオープン!

    東京ミステリーサーカス
    2017年12月、新宿・歌舞伎町に世界一謎があるテーマパーク「東京ミステリーサーカス」がオープン!潜…
  3. 2020_spot_HUIS_TEN_BOSCH_08

    2020年春の2大トピックス! 新エリア「光のファンタジアシティ」「フラワーフェスティバル」開催!

    ハウステンボス
    長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現した日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」は、「365日…
  4. 20190809_spot_unkomuseum_01

    2019年8月9日(金)、ダイバーシティ東京プラザ 2階にオープン!

    うんこミュージアム TOKYO
    2019年3月に横浜にオープンし大人気を博している「うんこミュージアム YOKOHAMA」。その第2…
  5. 20190914_spot_bears_00

    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」× 屋内あそび場!

    くまのがっこうあそびひろば
    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の子ども向け新施設『くまのがっこうあそびひろば』が、2019年9…

アーカイブ

ページ上部へ戻る