2017年12月1日(金)全国順次ロードショー!

映画レビュー『パーティで女の子に話しかけるには』(2D・字幕版)

20171201_movie_girlsatparties_012017年12月1日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他 全国順次ロードショー!

パーティで女の子に話しかけるには

2017年/イギリス、アメリカ/カラー/103分
配給:ギャガ
© COLONY FILMS LIMITED 2016

【映画紹介・予告編】パーティで女の子に話しかけるには

鑑賞日:2017年9月上旬
TEXT:キッズイベント 高木秀明

ファン待望の最新作!
70年代パンクと初恋に浸れる大人の映画

好きな映画を聞かれて必ず答えるのが、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。1997年よりオフ・ブロードウェイで上演され大ヒット、トニー賞名誉賞を受賞したミュージカルで、2001年には舞台同様、ジョン・キャメロン・ミッチェルによる脚本・監督・主演で映画化、数々の賞を受賞した。日本でも2004年と2005年に三上博史、2007年〜2009年に山本耕史、2012年には森山未來主演で舞台が行なわれている。

性転換手術のミスで股間に「怒りの1インチ」が残ってしまったヘドウィグの、真実の愛とロックシンガーとしての名声を追い求める数奇な半生を、至極のロックにのせて描いた物語だ。

その監督の待望の最新作が、2017年12月1日(金)に公開される『パーティで女の子に話しかけるには(原題:How to Talk to Girls at Parties)』。期待しすぎてはいけない、と頭では理解しつつも、胸が高まってしまう。

舞台は1977年のロンドン郊外。パンクなのに内気な少年エン(アレックス・シャープ)は、偶然もぐりこんだパーティで反抗的な瞳が美しい少女ザン(エル・ファニング)と出会い、たちまち恋におちる。しかし、ふたりに許された時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならない。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るが‥‥。

20171201_movie_girlsatparties_03

“パンク” は当時イギリスで流行した音楽、ファッション、精神などのサブカルチャーで、攻撃的で強烈な音楽、服装、髪型、諸説あるが「既成概念にとらわれない反骨精神」が特徴。不況の真っ只中、抗うことをストレートに表現したシンプルなロック “パンク” が、不満を抱えた若者たちの心を捉えた。

エンもザンも、窮屈な大人の決め事のなかで生きている。特にザンは一族の将来を決める大きな決断を下さなければならない。このままでは先がない、いまこそ “パンク” の精神で新しい一歩を踏み出さなければ、というのは、いまの世に対するメッセージとも受け取れる。

斬新なのに懐かしい<ボーイ・ミーツ・ガール>」との謳い文句で、確かにエンとザンのピュアな恋からは、はるか昔に体験した甘酸っぱさを思い出す。しかし、想像を上回るブッ飛んだ内容と展開に面食らい、なんとか理解しようと、甘酸っぱさを感じるよりもそちらに必死だった。何回か観ると、もっと核心に触れられるようになるのかもしれない。

しかし、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、その後の『ショートバス』(2006年)もだか、ジョン・キャメロン・ミッチェルの映画は音楽がとにかく素晴らしい。いずれもサントラを購入し、いまでも聴いている。今回も劇中でエンとザンが歌った「Eat Me Alive」は、鳥肌が立ちっぱなし、何度もザワついた。セックス・ピストルズザ・クラッシュヴィヴィアン・ウエストウッドなどの当時のヒット曲も使われているが、あまり有名ではない隠れた逸品、さらにはこの映画のために新たにつくった楽曲も多く、「Eat Me Alive」もそのひとつだ。

出演は美少女ザン役に『マレフィセント』でオーロラ姫を演じた人気女優エル・ファニング、少年エンには史上最年少でトニー賞主演男優賞受賞のアレックス・シャープ、そしてオスカー女優ニコール・キッドマンも、地元のパンク・クラブの風変わりなオーナー役で出演している。

好き嫌いの別れる映画だと思うが、ジョン・キャメロン・ミッチェルのファン、1970年代のパンクを愛する方々にはおすすめ。ジョン・キャメロン・ミッチェルの作品を観たことがない人は、公開までに時間があるので、まずは『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を観てから決めてもいいかもしれない。いずれにしてもFワードや性的な表現も多いので、大人が楽しむ映画だ。

なお、ジョン・キャメロン・ミッチェル主演の舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』が、2017年10月13日(金)〜15日(日)に日本初上演! これは観たい!

【映画紹介・予告編】パーティで女の子に話しかけるには 2017年12月1日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他 全国順次ロードショー!

この映画、子供と一緒に楽しめる? キッズイベントの最新映画をネタバレなしで紹介する映画の感想・映画レビュー!この映画、子どもと一緒に楽しめる?
最新映画をネタバレなしで紹介!
映画レビュー トップページへ

 

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200501_present_rivet_vegipans_01

    プレゼント!リベットボタンさんのCD、ベジパンズ「おべんとケース」等プレゼント!

    「#子どもたちへ」のページで、おすすめの音楽、映画、絵本を紹介してくれた、あそびクリエーター/アーテ…
  2. 20200511_present_picoton_00

    プレゼント! お家で楽しむ子供工作の決定版!ピコトン工作キット【豪華3種入り】プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンは、イベ…

注目イベント

  1. 20200526_osusume_okutani_san_01

    #子どもたちへ Candy Boy

    奥谷知弘さんおすすめ!
    Candy Boyの奥谷知弘さんが「今がんばって積み重ねたものは大人になったときに自分の武器になる」…
  2. 20200520_osusume_omori_kantoku_00

    #子どもたちへ 映画監督

    大森研一さんおすすめ!
    『瀬戸内海賊物語』『海すずめ』の監督で、新作映画『未来へのかたち』の公開を準備中の大森研一監督が、冒…
  3. 20200516_event_CandyBoy_BONBON_01

    2020年5⽉31日(日)までCandy Boy公式YouTubeチャンネルで無料配信!

    公演映像レビュー:BONBON
    フレンチポップをテーマに活動している癒し系男⼦グループ「Candy Boy(キャンディーボーイ)」初…
  4. 20200604_event_ANZ_03

    #子どもたちへ 版画家

    蟹江杏さんおすすめ!
    美術館や画廊、全国の有名百貨店をはじめ、国内外で多数の展覧会を開催している版画家の蟹江杏に、杏さんが…
  5. 20200519_osusume_makabe_san_01

    #子どもたちへ プロレスラー

    真壁刀義さんおすすめ!
    新日本プロレスのプロレスラー 真壁刀義さんが、今の時間を使ってスキルアップを狙うトレーニングを紹介!…

おすすめスポット

  1. 202020425_spot_SMALL_WORLDS_TOKYO_11

    世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパークが2020年6月11日(木)グランドオープン!

    SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズTOKYO)
    世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズTO…
  2. 2019101024_report_SHIBUYA_SCRAMBLE_SQUARE_01
    渋谷エリアでもっとも高い屋上展望空間を持つ大型複合施設「渋谷スクランブルスクエア第 I 期(東棟)」…
  3. 2020_spot_HUIS_TEN_BOSCH_08

    2020年春の2大トピックス! 新エリア「光のファンタジアシティ」「フラワーフェスティバル」開催!

    ハウステンボス
    長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現した日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」は、「365日…
  4. 20190315_spot_UNKO_01

    2019年3月15日(金)横浜駅東口アソビル2Fに期間限定オープン!

    うんこミュージアム YOKOHAMA
    UNKO(うんこ)が紡ぐ新感覚アミューズメント空間「うんこミュージアム YOKOHAMA」が、201…
  5. 201610_facilities_shimizukouen_fieldathletic_01

    ファミリー! 冒険! 水上コース! 国内最大級のフィールドアスレチック!

    清水公園フィールドアスレチック
    ファミリー、冒険、水上のスリルと冒険に満ちた3つのコースと100ものアスレチック遊具を備えた国内最大…

アーカイブ

ページ上部へ戻る