これからの未来、人類はさまざまな課題を乗り越えて生きていけるか!?

日本科学未来館 常設展リニューアル!

日本科学未来館では大規模な常設展のリニューアルを行ない、2016年4月20日(水)にオープンしました。2001年の開館以来初となる本格的なリニューアルで、6つの展示の新設やドームシアターの新コンテンツなどを通して、日本の最先端の科学・環境技術を紹介するとともに、私たちの未来について来館者が自ら考える仕掛けもたくさん用意しています。持続可能な地球環境を維持するために科学技術ができることは? そして私たちができることは?

20160420_report_miraikan_01

考え、行動に移すことを促す「経験・思考」型施設へ!
多くの方が行動することで、さまざまな課題の解決を目指す!

私たちの生活は科学技術の発達で豊かになりましたが、気候変動やエネルギー、人口、温暖化など、地球の限界も見えてきました。

このたびリニューアルした日本科学未来館の常設展では、科学技術についての知識や情報をただ提供するだけではなく、科学技術が社会の中で果たす役割、そして持続可能な地球環境について、来館者に「問い」かけ、「考え」ていただき、そして「行動」に移してもらうことを促す、「経験・思考」型の展示を行なう施設へと大きく変化しました。多くの方が考え、アクションを起こすことで、さまざまな課題の解決につなげていくことを目指しています。

日本科学未来館館館長の毛利衛さんは「地球の限界が見え、21世紀、人類がさまざまな課題を乗り越え生きていけるかという人類共通の課題が出てきました。未来館ではそれを真正面から受けとめ、私たちがどうやって生き残っていけるかという観点から今回のリニューアルを考え、日本ならではのさまざまな科学技術を世界にも発信していく」と挨拶しました。

20160420_report_miraikan_02

NASAで危機管理の訓練をしたという日本科学未来館館長の毛利衛氏。自分が今どのような状況にいるのか、そしてこれがどうなっていくのか、先を先を読んで考えて行動していくということを叩き込まれ、それを展示に取り入れた

20160420_report_miraikan_03

日本科学未来館の名誉会員となるノーベル賞受賞者の方々の、来館者の方に持って帰っていただきたい「問い」を展示

6つの展示の新設とドームシアターの新コンテンツ
アクティビティ・スペースの整備も!

今回もっとも大きな面積をリニューアルしたのが、3階の「未来をつくる」内の新展示「未来逆算思考」と、5階の「世界を探る」内の新展示「100億人でサバイバル」。

「未来逆算思考」は50年後に暮らす子孫たちに、どのような地球を残すことができるのかをゲーム形式でアクティブに体験できる展示。一方「100億人でサバイバル」は、地震や噴火、異常気象などの自然災害、感染症や原発事故などの人為的な災害が起こる仕組みやその被害を理解できる展示。いずれも若干、恐怖心をあおるような内容になっていますが、生き延びるためにどうしたらいいか、情報を提供するだけではなく、“みんなで生き延びよう”というメッセージを提示しています。

また7階のドームシアターでは新コンテンツ『9次元からきた男』を公開。物理学の究極の目標である「万物の理論」をテーマにした3Dドーム映像作品で、映画『呪怨』や『魔女の宅急便』などで知られる清水崇氏が監督を務めています。非常に難解な内容で、人類が未知の“知”に対してチャレンジしている様子や、不思議かもしれないけれどきっとあるであろう世界を紹介。理解するというよりも、記憶に残る映像体験を目指したそう。

地球環境の問題は、まさに今、私たちが直面している問題であり、子どもたちの未来でもあります。常設展の問いかけに親子で一緒に考え、話し合い、日常の中で何かひとつでも行動する。より良い未来につながるきっかけを、楽しみながら得られると感じました。

【インタビュー】日本科学未来館キュレーター 内田まほろさん

20160420_report_miraikan_04

3階の「未来逆算思考」。まずは7つある子孫に残したい地球からひとつを選びます

20160420_report_miraikan_05

選んだ地球は50年後に残せるかをゲーム形式で体験

20160420_report_miraikan_06

名前を「きっず」として、50年後に向けて残したい地球を送り出します

20160420_report_miraikan_07

環境の悪化など、残したい地球は途中でさまざまな問題に直面。子孫からメールでメッセージが届きます

20160420_report_miraikan_08

5階の「100億人でサバイバル」。このような未来にならないよう、今できることは?

20160420_report_miraikan_09

地震や噴火、異常気象などの自然災害、感染症や原発事故などの人為的な災害が起こる仕組みをシンプルに表現

20160420_report_miraikan_10

それぞれの災害はバラバラに起こるのではなく、複雑に関係しあい、つながっていることがわかる

20160420_report_miraikan_11

赤い球は地球や人間から生まれるさまざまな災害を表現

20160420_report_miraikan_12

側面には、さまざまな災害についての研究成果や問題点をパネルや映像で紹介

20160420_report_miraikan_13

折しも当日は熊本で地震が頻発しているとき。リアルタイムに表示されていました

20160420_report_miraikan_14

未来館のシンボル「ジオ・コスモス」を操作してみたい、という要望から生まれた新ツール。AR技術をつかってコントロールできる

20160420_report_miraikan_15

「ジオ・コスモス」をコントロールする「ジオ・コックピット」

20160420_report_miraikan_16

ASIMOと「ジオ・コスモス」のコラボレーション

20160420_report_miraikan_17

7階ドームシアターの新コンテンツ『9次元からきた男』

20160420_report_miraikan_18

『9次元からきた男』で映し出される「ニュートリノ」の姿

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200415_event_miffy65_00

    プレゼント!4月15日(水)から松屋銀座で開催!誕生65周年記念 ミッフィー展ご招待券プレゼント!

    オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが描く絵本の主人公ミッフィー(うさこちゃん)が2020年に誕…
  2. 20200403_movie_step_07

    プレゼント!映画『ステップ』“感涙” オリジナルハンカチーフ プレゼント!

    「とんび」「流星ワゴン」など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた作家・重松 清の小説…

注目イベント

  1. 20200326_report_ASD_00

    博報堂Pechat開発チーム、博報堂こそだて家族研究所、LITALICO発達ナビが調査!

    ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査 第一弾調査結果が発表!
    博報堂のPechat開発チームと博報堂こそだて家族研究所は、障害児支援事業を行なうLITALICOと…
  2. 20200325_report_Getintouch_01
    世田谷区は4月2日の「世界自閉症啓発デー」を前に、自閉症をはじめとする発達障害への理解を広めるため、…
  3. 20200313_report_BANKSY_07

    2020年3月15日(日)から横浜の「アソビル」で開催!

    「BANKSY展 GENIUS OR VANDAL? バンクシー展 天才か反逆者か」に行ってきた!
    2020年9月27日(日)までアソビルで開催中の「BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?…
  4. 20200403_movie_step_04

    2020年4月3日(金)全国公開! 山田孝之さん初のシングルファザー役!

    映画レビュー:ステップ(2D)
    「とんび」「流星ワゴン」など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた作家・重松 清の小説…
  5. Saoirse Ronan in Greta Gerwigユs LITTLE WOMEN
    19世紀を代表する女性作家ルイーザ・メイ・オルコットの自伝的小説『若草物語』を、グレタ・ガーウィグ監…

おすすめスポット

  1. 20190501_spot_PuChu_03

    2019年5月1日(水・祝)待望のオープン!

    PuChu!(プチュウ)
    “ポストAI時代に必須の「知性」と「感性」を遊びながらに学べる” をコンセプトにした子どものための屋…
  2. 202004_spot_TONDEMI_YOKOSUKA_01

    横須賀の新ランドマーク「Coaska Bayside Stores」に2020年4月下旬オープン!

    SPACE ATHLETIC “TONDEMI YOKOSUKA”(スペース アスレチック トンデミ ヨコスカ)
    都市型アスレチック施設『SPACE ATHLETIC “TONDEMI YOKOSUKA”(スペース…
  3. 2020_spot_HUIS_TEN_BOSCH_08

    2020年春の2大トピックス! 新エリア「光のファンタジアシティ」「フラワーフェスティバル」開催!

    ハウステンボス
    長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現した日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」は、「365日…
  4. 20180427_facility_asobimare_tokyo_01

    365日 雪が降る、日本最大級の室内親子遊園地!

    東京あそびマーレ
    東京都八王子市の京王相模原線「京王堀之内」駅に直結する複合商業施設「ビア長池」に、2018年4月27…
  5. 20180906_spot_TGG_01

    2018年9月6日オープン! 英語だけの世界を体験できる英語学習施設

    TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)
    革新的な体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」が2018年9月6日…

アーカイブ

ページ上部へ戻る