2018年6月21日(木)にオープン! 森ビルとチームラボのデジタルアートミュージアム

チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless)に行ってきた!

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

「人々のための岩に憑依する滝」
作品の上に立ったり作品に触れると、水の流れが変化する。作品は、人々の動きや他の作品の影響を受けながら変容し続け、同じ絵は2度と見ることができない
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス , 2018, 東京, 日本 © チームラボ

森ビルとチームラボの
巨大デジタルアートミュージアムが
お台場パレットタウンに登場!

森ビルチームラボが共同で運営するデジタルアートミュージアムチームラボボーダレス お台場MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless、以下、チームラボボーダレス)」が、いよいよ2018年6月21日(木)にオープン! 6月11日(月)にプレス内覧会が行なわれ、さっそく行ってきました!

チームラボボーダレス」は、お台場パレットタウンに1万平方メートルを有する巨大なデジタルアートミュージアム。施設名にもなっている “ボーダレス” がコンセプトで、「Borderless Worldボーダレス ワールド)」をはじめ、世界中で好評を博している「学ぶ! 未来の遊園地」、空間認識能力を鍛える「チームラボアスレチックス:運動の森」など5つの空間で構成され、世界初公開を含む約50作品を楽しめる。

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

施設内は2フロアに大きく5つの空間で構成され、世界初公開を含む約50作品が展示されている。チームラボ代表の猪子寿之氏(写真右)は、「このミュージアムは、1万平方メートルの巨大な空間に、500台以上のコンピューターとプロジェクターを用いてつくった境界のないアートの世界です。その世界に迷い混んでさまよい、没入し、自らの身体で探索し、発見していく体験をしてほしいと思います」と挨拶。握手しているのは、森ビル株式会社 MORI Building DIGITAL ART MUSEUM 企画運営室 室長 杉山 央氏

異世界、異次元を彷徨い、探索し、発見する
境界のない(ボーダレスな)アートの世界

館内に一歩足を踏み入れると、そこは花に埋め尽くされた広大なスペース。しかし、よく見るとプロジェクションマッピングとたくさんの鏡が使われ、まるでお花畑の迷路のようになっている。館内は薄暗く、なんだか違う世界に迷い込んだよう。急に歩みが遅くなる。

チームラボ代表の猪子寿之氏は「このミュージアムは境界のない(ボーダレスな)アートの世界。その世界に迷い込んで彷徨い探索し、発見していく体験をしてほしい」と挨拶で説明していた。そう、館内はあえて薄暗く、森や異世界に迷い込んだよう感じられるようになっている。

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

会場入ってすぐに現れる「花の森、埋もれ失いそして生まれる / Flower Forest: Lost, Immersed and Reborn」。花々は生まれ成長し、咲き、やがては散り、枯れていく。誕生と死滅を永遠と繰り返し続ける。また人々が花に触ったり歩きまわると、いっせいに散っていく

この最初に現れる世界は「Borderless World(ボーダレス ワールド)」。ここにある花や水、動物などのデジタルアートは、人の動きに反応して動いたり、その姿を変化させたり、さらには自ら動いて部屋を抜け出し、人々やほかのアートとコミュニケーションし、ときに混ざりあうなど、常に変化している。

そして、子どもたちがゆっくりと歩く動物の後ろ姿を見つけて後を追いかければ、そこにはいままでとは異なる世界が広がる。たとえば通路の途中にある窪みのような空間「The Way of the Sea, Transcending Space – Colors of Life」では、上下左右すべてがプロジェクションマッピングされ、まるで突然宇宙空間に放り出されたような感覚を覚える。そこに、さまざまなアートがやってくる。また光の点で世界を表現する「Wander through the Crystal World」でも上下の感覚がなくなり、浮遊感とともに自らもアートの一部になったかのような異次元を感じる。

境界のないアートに自らの身体を没入させることで、その世界を身体で感じ、新しい体験を創り出すことができる。人は体験によってのみ価値観を変えることができ、「Borderless World」では価値観を変える新しい体験ができるようになっている。

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

通路の窪みのような空間にある「The Way of the Sea」。魚の群れが入ってくると作品がはじまり、いなくなると終わる。ほかのアートが流れ込んでくることもある。上下左右すべてに映像が投影され、浮遊感とともに一体感を感じられる

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

光の点で世界を表現したインタラクティブなインスタレーション「Wander through the Crystal World」。まるで光の世界に迷い込んだよう

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

スマートフォンにアプリをダウンロードすれば、光をコントロールして雨や虹、雷などの自然現象を表現することができる

遊びながら海馬を、空間認識能力を鍛える!
まったく新しい世界 “創造的運動空間”

「Borderless World」からひとつ上のフロアにあがると、「学ぶ! 未来の遊園地」と「チームラボアスレチックス:運動の森」がある。

学ぶ! 未来の遊園地」は、日本をはじめ世界各地で開催され人気を博している、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ「共創(きょうそう)」をコンセプトとした教育的なプロジェクトであり “遊園地”。自分の描いた魚が目の前の巨大な水族館で泳ぎ出す「お絵描き水族館」などを楽しめる。

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

「学ぶ! 未来の遊園地」にある「お絵かき水族館 / Sketch Aquarium」。みんなが描いた魚たちが巨大な水槽で泳ぐ水族館

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

子どもたちに絵を描いてもらいました! みんな元気に水槽内を泳いでいました

そして今回新たに用意された「チームラボアスレチックス:運動の森」は、遊びながら空間認識能力を鍛える “創造的運動空間”という、ほかに類を見ない、まったく新しい世界だ。

デジタルアートと組み合わされたトランポリンやボルダリング、クライミングなどを楽しみながら、脳の “海馬” を成長させ “空間認識能力” を鍛えるというもの。

空間認識能力” は「言語能力」や「数学力」に匹敵するほど重要だといわれており、“空間認識能力” に不可欠な海馬は、多様で複雑な空間を探検し歩き回ることで発達することがわかってきている。「チームラボアスレチックス:運動の森」は、その海馬を刺激する作品にあふれている。

“空間認識能力” がアップすることで、今までとは異なる別次元でものを考えることができるようになる。ここでは、次世代に必要となる子どもの能力を楽しみながら身につけることができる。

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

「チームラボアスレチックス:運動の森」にある、高低差のある斜面で創られた立体的な大空間「グラフィティネイチャー 山山と深い谷 / Graffiti Nature – High Mountains and Deep Valleys」。自分で描いた動物や花の絵も動き出す。高低差は最大で1.2メートルとのことだが、もっとありそうに感じる

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

特殊な布が張られ、複数の人が同時に参加できる「マルチジャンピング宇宙 / Multi Jumping Universe」。宇宙の星々の一生がテーマ

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

ロープで吊られた棒が連結され、立体的に空中に浮かんでいる空間「色取る鳥の群れの中のエアリアルクライミング / Aerial Climbing through a Flock of Colored Birds」。棒から落ちないように渡ります

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

輝く玉石が立体的に配置された「光の森の3Dボルダリング / Light Forest Three-dimensional Bouldering」。同じ色のホールドだけを連続して使って進めば進むほど、より広い範囲のホールドが呼応し、音色も響く

子どもと一緒に遊んで
いつもと違う感覚を楽しもう!

子どもたちが興味をそそられるままに移動し、彷徨い、その先々で予想もしない体験や発見をする。「チームラボボーダレス」は、いままでにはない新しい世界を体験できる施設だ。

季節によって映し出される花や植物の種類が変わるため、何度行っても新鮮な気持ちで楽しめることはもちろん、そのたびに新たな発見もありそう。子どもなら年齢によっても興味の対象が異なるだろう。

また美しく輝くライトや映像も、装飾のためだけではなく、その裏にはコンセプトやそれにともなうデジタル技術がある。そのすべてを理解するのは大人でも難しいかもしれないが、体感し楽しむことはできる。子どもはもちろん、大人にもきっといくつもの新しい発見があるはずだ。

対象年齢は、自分でしっかり歩けるくらいの子どもから、としているが、作品によってはもう少し上になるだろう。また彷徨いがコンセプトのひとつでもあるので、子どもは容易に迷子になりそうだし、特に「チームラボアスレチックス:運動の森」には凸凹しているところもある。子どもと一緒に遊び、普段なかなか味わえない感覚を共有してほしい。子どもの発想や目線のおもしろさにも、気がつくかもしれない。

【体験レポート】2018年7月7日(土)新豊洲にオープン! 北野武さん、山下智久さん、ローラさんが登場!チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com オープニングセレモニー & 新CM制作発表会

【体験レポート】日本科学未来館でアートを楽しむ! 企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」開催!

【体験レポート】光を浴び、包まれ、そして弾く、自然と体が動き出す新感覚の参加型アート「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」が開催!

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

「花の森、埋もれ失いそして生まれる / Flower Forest: Lost, Immersed and Reborn」内を歩いていると、ところどころに小さな部屋があり、菊の花々によって描かれた虎「菊虎 / Chrysanthemum Tiger」や、蓮の花々で描かれた象「蓮象 / Lotus Elephant」などを見ることができる

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

館内の壁をさまざまなアートが行き交う。写真はうさぎとカエルが荷車を引いている

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

【Borderless World(ボーダレス ワールド)】
悠久な里山の景色を描く「地形の記憶 / Memory of Topography」。それぞれのアートにあわせた音楽、そして香りも漂う。香りは、長くいると少しきつく感じるものもあった

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

【Borderless World(ボーダレス ワールド)】
無数の半透明の像によるインタラクティブデジタルインスタレーション「秩序がなくともピースは成り立つ – Dancing People and Animals Beyond Borders / Peace can be Realized Even without Order – Dancing People and Animals Beyond Borders」。人々が近づくと演奏を止め、しばらくすると再開する

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

【Borderless World(ボーダレス ワールド)】
室内に張られた「ネスト」に寝転ぶと、カラスの軌跡が描く線が空間に立体的に描かれはじめ、作品世界に身体ごと没入し、身体と作品世界との境界を失っていく。「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして浮遊する空間 – the Nest / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as well, Floating Space – the Nest」
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス , 2018, 東京, 日本 © チームラボ

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

【チームラボアスレチックス:運動の森】
地球が裏返ったような、すり鉢状の空間で街を発展させる「裏返った世界の、巨大!つながるブロックのまち / Inverted Globe, Giant Connecting Block Town」

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

【チームラボアスレチックス:運動の森】
重力に逆らったような動きをする様々な光の物体に、立体的に埋め尽くされた「重力にあらがう生命の森 / Weightless Forest of Resonating Life」

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

【学ぶ! 未来の遊園地】
坂を滑るとフルーツが育ち花火があがる「すべって育てる! フルーツ畑 / Sliding through the Fruit Field」

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

【ランプの森 / Forest of Lamps】
手をかざしたり、近くにいると点灯し、最も近い2つのランプに伝播、同じように連続していく「呼応するランプの森 – ワンストローク / Forest of Resonating Lamps – One Stroke」

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

【EN TEA HOUSE】
お茶の中で花々が咲き続け、その無限に広がる世界をそのままいただくティーハウス「EN TEA HOUSE」

2018年6月21日(木)、いよいよお台場パレットタウンに、森ビルとチームラボが共同で運営する森ビル デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス お台場(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless/以下、チームラボボーダレス)」がオープン! さっそくチームラボボーダレスに行ってきた!子供と親が一緒に楽しめる世界に類を見ない体感型美術館です。

お茶の中に咲く花は季節により異なる。6月は紫陽花

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」will be held on June 21, 2018 (Thursday) in Odaiba Palletown, jointly operated by Mori Building and Team Lab. , Below, team laboratory borderless) opened! I went to 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」 right away! It is a visually appreciated art museum unlike the world that children and parents can enjoy together.

お茶を飲むためにティーカップを持ち上げると、花びらが舞う。「EN TEA HOUSE」は癒しの空間だが、小さな子どもと一緒だと、あまりゆっくりできる時間はないかもしれない

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20180816_interview_shinohara_kaori_san_01

    プレゼント!生物の偏差値105!篠原かをりさんインタビュー記念!篠原かをりさんの書籍『フムフム、がってん! いきものビックリ仰天クイズ』プレゼント!

    生き物についての圧倒的な知識でクイズ女王にもなった篠原かをりさんの書籍『フムフム、がってん! いきも…
  2. 20181010_Netflix_BossBaby_01

    プレゼント! SHELLYさん、りゅうちぇるさん登場!『ボス・ベイビー: ビジネスは赤ちゃんにおまかせ!』ママ&ベイビー限定試写会プレゼント!

    Netflixでは大ヒットした劇場版『ボス・ベイビー』のアニメ『ボス・ベイビー: ビジネスは赤ちゃん…

注目イベント

  1. 20180831_report_wakaokami_01

    2018年9月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー!

    劇場版『若おかみは小学生!』高坂希太郎監督、小林星蘭さんインタビュー!
    小学生に大人気の児童文学「若おかみは小学生!」が初の映画化!2018年9月21日(金)全国公開!原作…
  2. 20180912_report_CIRCUS_01
    日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、…
  3. 20180921_present_movie_wakaokami_01

    2018年9月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー!

    映画レビュー:若おかみは小学生!
    累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」がアニメ映画化、2018年9月21日(…
  4. 20180829_report_NEXTROBO_001

    2018年9月7日(金)より世界190ヵ国にて独占配信!

    Netflix映画『ネクスト ロボ』劇団ひとりさんインタビュー!
    孤独な少女と戦闘用ロボット7723との絆を描いたNetflix(ネットフリックス)が贈る最新アニメー…
  5. 20180816_interview_shinohara_kaori_san_11

    子どもたちに大人気! 書籍『フムフム、がってん! いきものビックリ仰天クイズ』著者

    第32回 篠原かをりさん(学生作家・タレント)
    クイズ番組などでも活躍中の慶應義塾大学SFC研究所研究員で学生作家の篠原かをりさんが、昆虫や動物好き…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  2. 2018_kamogawa_001

    海の生き物たちと出会える場所、シャチ、ベルーガのパフォーマンスも必見!

    鴨川シーワールド
    太平洋を一望できる房総半島に位置する「鴨川シーワールド」は、“海の世界との出会い” をテーマに、80…
  3. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…

アーカイブ

ページ上部へ戻る