親子、家族でスペースインベーダーで遊ぼう!

「PLAY!スペースインベーダー展」に行ってきた!

20180112_report_invaders_01

あ〜楽しかった、いい汗かいた!

2018年1月12日(金)から六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで「PLAY!スペースインベーダー展」が開催。体を動かしながらインベーダーゲームを楽しめる体感型コンテンツが多く、親子で、家族で、いい汗をかきながら楽しめること間違いなし!

会場に入ってすぐに現れるのが、展望台の縦7m×横15mの巨大な窓面にプロジェクション・マッピングで投影された「スペースインベーダー」を、世界初となる10人で同時にプレイできる「SPACE INVADERS GIGAMAXスペースインベーダー ギガマックス)」。

日没後の17:30から楽しめるコンテンツで、参加者は夜の東京に襲来するインベーダーたちを迎え撃つ。プレイ中は夜景の美しさよりもプレイに集中し過ぎてしまうけれど、その臨場感はたっぷり。考えてみれば、とても贅沢な、夢のような空間だ。しかし夜景をゆっくり楽しみたいなら、他の人のプレイを見るのがいい。

20180112_report_invaders_02

展望台の夜景を背景にスペースインベーダーが楽しめる「SPACE INVADERS GIGAMAX(スペースインベーダー ギガマックス)」。ボタンを押すとインベーダーが次々と倒れていくが、10人でプレイしているので、必ずしも自分が倒しているとは限らない。最後にスコアが出るので自分の順位を確認できる。7番だった‥‥

みんなで楽しんでいる一体感も嬉しい

次は「NOBORINVADERSノボリンベーダー)」という、ボルダリングで180インチのクライミングウォールに登り、そこに出現するインベーダーを手や足で叩いてやっつけるというのも。

プレイはひとりで、6歳の子どもから参加可能。靴は貸してもらえる。時間は50秒だが、途中で出てくるUFOをやっつけるとフィーバータイムが20秒もらえる。UFOは2回出てくるので、長い人は90秒プレイでき、やっつけたインベーダーの数でスコアを競う。

20180112_report_invaders_03

ボルダリングが初めての方、子どもも楽しめる「NOBORINVADERS(ノボリンベーダー)」。インベーダーの色によって得点が異なるので、高得点を狙っていこう!

ボルダリングの要素は手足が長い体の大きな人なら少なめ。ほぼ移動せず膝を使って高さを変えつつ手足を伸ばせばインベーダーに届く。体の小さい子どもたちの方が大変だが、それこそこのゲームをたっぷり堪能できるというもの。ハンデをつけて親子で勝負をしても楽しそうだ。

他の人のプレイを見ていると短く思えるが、実際に自分でプレイすると90秒はけっこう長く、プレイ後には汗が出てくる。楽しみながらダイエットができそうなので、家に欲しいと思う人は多そうだ。

なお、プレイしている最中、見ている人が「左上!」「右下にいっぱいいる!」とか教えてくれる。知らない人とも声をかけあって楽しめる一体感も嬉しい。

20180112_report_invaders_04

体験した際のスコアは7450点で上から14番目でした。明日は太ももが筋肉痛になっていそう

一体感は「ARKINVADERSアルキンベーダー)」というゲームでも感じることができる。地面にプロジェクションされたバーチャルフィールドに表れたインベーダーを、デジタルのボールを蹴って倒していくというもの。複数人でプレイするゲームで、全員で力を合わせないとクリアできない。人数が少ないと守備範囲が大きくなってしまうので、4人では少し人数不足、5人でちょうどよさそう。けっこう動くので、一緒にプレイした人にはゲーム終了後に「お疲れさま」なんて声をかけてしまう。

20180112_report_invaders_05

「ARKINVADERS(アルキンベーダー)」は親子、家族で楽しめるゲーム。最後はインベーダーの怒濤の攻撃があるので、足がもつれないように!

もうひとつ「バハムートディスコ feat. SPACE INVADERS」は、450度の迫力ある映像空間にスペースインベーダーが襲来! スペシャル楽曲に合わせて攻めてくるインベーダーをリズムに乗ってやっつける体感型音楽アトラクション。最大4人で楽しむことができ、本気で遊べば一番汗が出そう。

20180112_report_invaders_06

ダンスが得意な人はハマりそう。でも一番体力を使いそうなゲームでした

ますます進化する
スペースインベーダーの魅力

用意されているコンテンツの多くは体を動かしながら、インベーダーを知っている人も知らない人もみんなで楽しめるというもの。実際にいくつか体験させていただきましたが、とても楽しく、改めて家族で来たいと感じました。

あの「ピキュン ピキュン」という独特のサウンドやキュートなインベーダーのデザインは、スペースインベーダーを知らない世代は「PLAY!スペースインベーダー展」を体験することで魅了されそう。

もちろんスペースインベーダーにハマった世代の人にとっては、最新のデジタル技術と融合することで新たな魅力を発見する一方、懐かしい当時のグッズなども展示されていて、ゲーム以外にも楽しめる。会場内には限定カフェもあるので、休憩しながら気に入ったゲームを何度も楽しめそうです。

動きやすい格好と靴で、そしてゲームはけっこう汗をかくので、風邪をひかないように気をつけてください。

【開催概要】2018年1月12日(金)〜31日(水)に東京シティビューで開催! PLAY!スペースインベーダー展

20180112_report_invaders_07

日本では座ってプレイするテーブルタイプが好まれましたが、立ってプレイするアップライト筐体もありました

20180112_report_invaders_08

2人で座ってプレイできるゲームも

20180112_report_invaders_09

スペースインベーダーに熱中した世代なら誰もが知っている、当時人気の漫画「ゲームセンターあらし」の作者 すがや みつる氏からのコメントも展示。確かに、「PLAY!スペースインベーダー展」は、当時の漫画の世界を具現化したかのような空間になっていました

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20180101_premium_outlet_00

    「プレミアム・アウトレット」で新年初売り&冬のバーゲン開催!プレミアム・アウトレット3,000円分お買い物券プレゼント!

    全国9ヵ所の「プレミアム・アウトレット」では、2018年1月1日から新年初売り『ハッピーバッグ キャ…

注目イベント

  1. 20180112_report_invaders_02

    親子、家族でスペースインベーダーで遊ぼう!

    「PLAY!スペースインベーダー展」に行ってきた!
    2018年1月12日(金)から六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催される「PLAY!スペースイ…
  2. 20180103_ikimono_kame_toumin_01

    ミドリガメはビオトープで飼育できるかな? 〜ミドリガメの飼育と越冬〜

    ミドリガメただいま冬眠中
    ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)を室外(ベランダ)で飼育中。その飼育環境や越冬・冬眠の仕方を紹介…
  3. 20171219_spot_TMC_05

    世界一謎があるテーマパークが新宿・歌舞伎町にオープン!

    「東京ミステリーサーカス」に行ってきた!
    「リアル脱出ゲーム」など、“謎” に満ちたさまざまな体験型ゲーム・イベントが集う、新たなエンターテイ…
  4. 20171215_report_JXTG_01

    入賞作品は1冊の童話集に、2018年も開催!

    第48回JXTG童話賞授賞式が開催!
    JXTGホールディングス株式会社が「心のふれあい」をテーマに童話を募集する「第48回JXTG童話賞」…
  5. 20170330_review_valerian_02
    2018年3月30日(金)全国ロードショー! ヴァレリアン 千の惑星の救世主 201…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_shimizukouen_fieldathletic_01

    ファミリー! 冒険! 水上コース! 国内最大級のフィールドアスレチック!

    清水公園フィールドアスレチック
    ファミリー、冒険、水上のスリルと冒険に満ちた3つのコースと100ものアスレチック遊具を備えた国内最大…
  2. 20171219_spot_TMC_01

    世界一謎があるテーマパークが新宿・歌舞伎町にオープン!

    東京ミステリーサーカス
    2017年12月、新宿・歌舞伎町に世界一謎があるテーマパーク「東京ミステリーサーカス」がオープン!潜…
  3. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    KidsBee(キッズビー)
    日本初の本格ビュッフェ+室内遊具で親子3世代が安心して楽しめる大型施設『KidsBee(キッズビー)…
ページ上部へ戻る