全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!

新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!

2016年11月10日(木)、株式会社ON-ARTが国際特許取得技術により実現した、全長8メートルにおよぶ二足自立歩行型としては世界最大・世界初の恐竜「ティラノサウルス3号」の披露記者会見が開催! まるで生きているかのようなその姿は圧巻!
全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!

新型「ティラノサウルス3号」と、株式会社ON-ART代表取締役社長 金丸賀也氏

リアルな恐竜を再現し、目の前で見てみたい

「もしも恐竜が生きていたら、私たちはどんなふうに感じるだろう?」そんな想いを実現するためにつくられたのが、DINO-A LIVEの「ティラノサウルス」。10年かけてコツコツと、リアルさを追求するために改良に改良を重ねて恐竜をつくり続け、現在13頭が稼働。テーマパークや動物園、博物館などで恐竜体感ライブショーが行われています。

今回発表された新型「ティラノサウルス3号」は、二足自立歩行型としては世界最大となる全長8メートル、最先端技術を投入したフラッグシップモデルです。複数の動作・姿勢制御機構や外部認識機構、通信機構などを搭載することによりリアルに歩行し、まるで生きているように動くことができます。

さらにこれだけの大きさでありながら、重量はたったの約38kg。航空機などにも使われるカーボンファイバーなど最先端の素材を利用し、徹底的に軽量化を行うとともに高い剛性も誇っています。

全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!

「軽量化がイコール安全性ではないと思いますが、徹底した軽量化によって安全性を追求しています。頭の重量は2kg〜3kgほどしかなく、このように頭をかじられても衝撃はほとんどありません」と株式会社ON-ART代表取締役社長 金丸賀也氏

子どもたちには、怖さや驚きも含めた恐竜の存在を感じてほしい

株式会社ON-ART代表取締役社長 金丸賀也氏は「できるかぎりリアルにつくり、恐竜が生きていたらどんな感じがするんだろう? ということを、目の前の恐竜から体感してもらいたい。大きいしリアル過ぎてちょっと怖いのですが、特に子どもたちには、昔はこんな生き物がいたんだという、目を見張るような驚きや、恐竜の存在を感じてほしい」と、恐竜づくりにかける意気込みを話してくれました。

実際「ティラノサウルス3号」が目の前に迫ってくると、その圧迫感と迫力には大人でも最初は“怖い”と感じてしまうほど。“怖さ”にもいろいろな種類がありますが、普段はなかなか実感できない「捕食されてしまうかも」という恐怖を感じました。

しばらくするとその恐怖はだんだんと薄れてきますが、目の前を恐竜が闊歩していると、まるで恐竜時代へタイムスリップしたかのような感覚を覚えます。もし恐竜と共存する世の中だったら、または映画のように、科学技術で甦った恐竜と遭遇したらなど、実感を持ってさまざまな想像の世界を体感することができます。

株式会社ON-ARTでは、2018年には現在の13頭から20〜30頭ほどに恐竜の種類や数を増やし、ゆくゆくは恐竜時代を楽しみながら学べるサイエンスパーク「DINO-A-PARK」の実現を目指しているそうです。

【イベントスケジュール】恐竜体感ライブショー「DINO-A LIVE」

全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!

ティラノサウルスが急に暴れ出した!

全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!

緑色のライトで照らすと大人しくなるよう育てたという設定。ライトを向けられたティラノサウルスがだんだんと落ち着いていきます

全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!

現在稼働している恐竜は13頭。会場にはアロサウルス(写真左)、ラプトル(写真右)も登場、大暴れしてくれました

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. Print

    プレゼント!11月29日(水)から日本科学未来館で開催!企画展 MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!- ご招待券プレゼント!

    2017年11月29日(水)より日本科学未来館にて企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の…

注目イベント

  1. 20171130_report_jintai_04

    ダ・ヴィンチ〜最先端技術を駆使して探る “人体” の謎!

    特別展「人体-神秘への挑戦-」記者発表会
    2018年3月13日(火)から国立科学博物館で開催される特別展「人体-神秘への挑戦-」の記者発表会が…
  2. 20171128_report_move_012
    2017年11月29日(水)から日本科学未来館で開催される「企画展 MOVE 生きものになれる展 -…
  3. 20171201_movie_FULLMETAL_ALCHEMIST_01

    2017年12月1日(金)全国ロードショー!

    映画レビュー「鋼の錬金術師」(2D)
    2017年12月1日(金)全国ロードショーの映画「鋼の錬金術師」(2D)の感想、映画レビュー!「鋼の…
  4. 20171123_movie_usticeleague_01

    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー!

    映画レビュー『ジャスティス・リーグ』(2D・字幕版)
    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー! ジャスティス・リーグ 201…
  5. 20171116_report_erlich_00

    全作品撮影OK! フォトジェニックな作品が集まる体験型現代アート展

    「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきた!
    東京・六本木の森美術館で2017年11月16日(木)、18日(土)から開催される不思議な現代アートの…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
  2. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…
  3. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
ページ上部へ戻る