2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビューで開催!

楳図かずお大美術展

楳図かずおの “芸術性” にスポットを当て、さまざまな角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」。その1つとなる楳図かずおの世界を体感できる展覧会『楳図かずお大美術展』が、2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催!

©楳図かずお

楳図かずおの世界を体感できる展覧会
新作発表! ZOKU-SHINGO

楳図かずおの “芸術性” にスポットを当て、さまざまな角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」。その1つとなる楳図かずおの世界を体感できる展覧会『楳図かずお大美術展』が、2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催!

長きにわたり歴史に名を刻む傑出したマンガ作品を多く世に送り出した楳図かずお。その作品にはマンガという既存の分野だけでは語りきることができない先見的な世界観、幻視的なビジョンが至るところに発揮されています。

楳図かずおの “芸術性” にスポットを当て、さまざまな角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」。その1つとなる楳図かずおの世界を体感できる展覧会『楳図かずお大美術展』が、2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催!

左:おろち(1969〜1970)/中:漂流教室(1972〜1974)/右:わたしは真悟(1982〜1986)
※カッコ内は連載年
©楳図かずお/小学館

楳図かずお大美術展』は、そんな楳図かずおの「比類なき芸術性」に焦点を当て、代表作を通じて気鋭のアーティストらとともに「楳図かずおの世界」を表現する、今までにない展覧会です。

最大の目玉は、楳図かずおが制作に4年の期間を費やした、27年ぶりの新作『ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館』の初公開!「マンガ」としてではなく、原画101点を連作絵画として見ることができます。

アーティスト・楳図かずおはどうやって生まれたのか? 作品を通じて、何を伝えようとしているのか? 漫画家の枠に収まらない “アーティスト・楳図かずお” の「大美術」を堪能できます。




本展の見どころ 第1弾

地球規模の気候変動や自然災害の多発による人新世の到来、AIやロボット工学が暗示するシンギュラリティの予感、さらには人が神の領域に立ち入る遺伝子工学やハイブリッド生命体の誕生など‥‥。

本展が焦点を当てるのは、驚くほど生々しく描かれた楳図かずおの先見性に満ちた代表作『漂流教室』『わたしは真悟』と『14歳』。そして、比類なき芸術家楳図かずおの27年ぶりの新作『ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館』を初公開!全101点の原画で鑑賞できます。

27年ぶりの新作『ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館』
巨匠・楳図かずおが語り、描く! “アイ” の行方 シンゴの物語〔第二章〕
1990年代の『14歳』以来、楳図かずおにとって実に27年ぶりの新作となる『ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館』を展示。1980年代に描かれた『わたしは真悟』の続編であり、同時に時空を超えたそのパラレル・ビジョン(並行世界)でもあります。

制作に4年の期間を費やし完成した本作は、アクリル絵画による101点の連作という方式を採っています。生き生きとして目を見張らされる筆触や、きらびやかで吸い込まれるような色彩で表現されており、時系列に沿って展開される物語性を持つ点ではマンガに近い部分もありますが、マンガと違ってコマ割りはなく、一枚一枚が独立して鑑賞できるものとなっています。「かつて子どもだった私たちへ」40年の時を超え、楳図かずおが生み出した、あらたなシンゴの世界です。

楳図かずおの “芸術性” にスポットを当て、さまざまな角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」。その1つとなる楳図かずおの世界を体感できる展覧会『楳図かずお大美術展』が、2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催!

【画像左】ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館 ©楳図かずお
【画像右】楳図かずお 《ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館》(一部)
2021年 アクリルガッシュ、紙  ©楳図かずお

本展の見どころ 第2弾
エキソニモによる「わたしは真悟」インスタレーションイメージを公開

展覧会の冒頭では、注目のアート・ユニット「エキソニモ」による「わたしは真悟」をテーマにしたインスタレーションを展示。大量のケーブルが山積する空間に設置された多数のモニターから「わたしは真悟」の作中場面が映し出されます。さらにガラスの向こうには、悟と真鈴が頂上から救助ヘリに飛び移った東京タワーが視界に入るという圧巻の展示空間が広がります。常に時代の先端技術に対峙してきたエキソニモのインスタレーションは、楳図かずおの持つ予見性に対するオマージュと言えるのかもしれません。

楳図かずおの “芸術性” にスポットを当て、さまざまな角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」。その1つとなる楳図かずおの世界を体感できる展覧会『楳図かずお大美術展』が、2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催!

©エキソニモ ©楳図かずお/小学館

楳図かずおの「芸術性」にスポットを当て「楳図かずおの世界」を発信する「UMEZZ ART PROJECT」が始動!東京シティビューではこのプロジェクトの一環として2022年1月28日(金)~3月25日(金)楳図かずおの世界を体感できる展覧会を開催!楳図かずお(漫画家)
1936年、和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育つ。小学校4年生で漫画を描き始め、高校3年生のときに『別世界』『森の兄弟』をトモブック社から単行本で出版し、デビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒット作により、“ホラーまんがの神様” と呼ばれる。『漂流教室』で小学館漫画賞受賞。一方、『まことちゃん』でギャグの才能も発揮。作中のギャグ、“グワシ” は社会現象となった。このほか、『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』『14歳』など、数多くのヒット作を生み出す。その他、タレント、歌手、映画監督など多数の肩書きを持ち、さまざまなジャンルで活躍中。2018年、『わたしは真悟』で仏・アングレーム国際漫画祭「遺産賞」受賞。また同年度、文化庁長官表彰受賞。

楳図かずおの “芸術性” にスポットを当て、さまざまな角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」。その1つとなる楳図かずおの世界を体感できる展覧会『楳図かずお大美術展』が、2022年1月28日(金)~3月25日(金)まで東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催!

楳図かずお氏 本人が描いた自画像がデザインされたUMEZZ ART PROJECTロゴ ©楳図かずお

イベント名
楳図かずお大美術展
開催期間
2022年1月28日(金) ~ 2022年3月25日(金)
※57日間/会期中無休
※情勢によりやむを得ず営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性があります。
開催時間
10:00~22:00(最終入館 21:30)
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
https://www.roppongihills.com/access/
アクセス
・東京メトロ 日比谷線「六本木」駅 1C出口すぐ(コンコースにて直結)
・都営地下鉄 大江戸線「六本木」駅 3出口 徒歩約4分
・都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」駅 7出口 徒歩約5分
・東京メトロ 南北線「麻布十番」駅 4出口 徒歩約8分
・東京メトロ 千代田線「乃木坂」駅 5出口 徒歩約10分
料金
・一般:2,200円
・学生(高校・大学生):1,500円
・子ども4歳~中学生:900円
・シニア(65歳以上):1,800円
※屋内展望台入館料含む
※4歳未満無料
※料金はすべて税込です
※障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで)は無料
※前売券 各200円割引
※本展は事前予約制(日時指定券)を導入
主催者名
・主催:東京シティビュー、楳図かずお大美術展製作委員会
・後援:六本木商店街振興組合、J-WAVE
問い合わせ
TEL:03-6406-6652(東京シティビュー)
その他
巡回情報:大阪会場(あべのハルカス美術館)2022年9月17日(金)~11月20日(日)
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. blue_pos_jp_f

    プレゼント!映画『ブルー きみは大丈夫』フレンドシップ・ブレスレット プレゼント!

    孤独な少女と、想像力豊かな子どもにだけ見える不思議な存在 “もふもふ” ブルーの物語、映画『ブルー …

注目イベント

  1. 20240513_interview_arashinoyoruni_01

    2024年8月24日(土)・25日(日)日生劇場で上演! 日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2024

    音楽劇『あらしのよるに』キャスト 白石隼也さん、南野巴那さんインタビュー!
    オオカミとヤギ、本来なら仲良くなるはずのないふたりが「食べる側」「食べられる側」の関係をこえて友情を…
  2. 202412_movie_saibou_01

    2024年12月、はたらきます!漫画『はたらく細胞』がまさかの実写映画化!

    はたらく細胞
    細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定で大ヒット中の漫画『はたらく細胞』が超豪華キャスト×…
  3. 20241206_movie_moana2_01

    2024年12月6日(金)全国劇場公開!『アナと雪の女王』『ウィッシュ』のディズニー・アニメーション・スタジオ最新作!

    モアナと伝説の海2
    珠玉の音楽と圧巻の映像美で世界中を感動の渦に包み込み数々の映画賞にノミネートされた『モアナと伝説の海…
  4. 東京スカイツリータウンⓇ 夏休みイベント2024の画像

    2024年7月12日(金)~9月1日(日)東京スカイツリータウンで開催!

    東京スカイツリータウン®夏休みイベント2024
    東京スカイツリータウンでは夏休みイベント「東京スカイツリータウン(R) 夏休みイベント2024」を2…
  5. 大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®の画像

    2024年7月13日(土)〜8月26日(月)東京スカイツリータウン®で開催!

    大昆虫展 in 東京スカイツリータウン® 〜ようこそ昆虫の惑星へ〜
    珍しい昆虫たちと直接ふれあえる「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」が、2024年7月13日(…

おすすめスポット

  1. 20231007_spot_IMAGINUS_02

    杉並区高円寺にオープン! 科学をあそぶように学べる科学体験施設

    イマジナス(IMAGINUS)
    科学をあそぶように学べる科学体験施設「イマジナス(IMAGINUS)」。世界中で人気のサイエンスショ…
  2. 20191201_spot_DRAEMON_shop_01

    2019年12月1日(日)ダイバーシティ東京 プラザにオープン!

    ドラえもん未来デパート
    「ドラえもん」世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」が2019年12月1日(日)東京…
  3. 20231026_CITYCIRCUIT_00
    都内で子どもから大人まで本格的なEV(電動)レーシングカートを楽しめる施設「シティサーキット東京ベイ…
  4. 20220429_spot_ENNICHI_01

    2022年4月29日(金)羽田イノベーションシティにオープン!

    縁日|ENNICHI by 1→10
    子どもが大好きなお祭り・縁日を最新デジタル技術で再現、子どもはもちろん大人も日本文化を楽しく学べる体…
  5. 20220730_spot_SASUKEkidsADVENTURE_01

    超人気番組とコラボしたフィールドアスレチックが、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストに登場!

    SASUKEキッズアドベンチャー
    子どもと楽しめるアスレチック施設「SASUKEキッズアドベンチャー」が2022年7月30日(土)さが…

アーカイブ

ページ上部へ戻る