最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る!

特別展「深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

円錐状で高さ10センチ程度の傘を持つ「クロカムリクラゲ」。刺激を受けると傘の表面から星屑のように光り輝く青い粉を波状に発する ©NHK/ZDF/ZDFE/CURIOSITYSTREAM LLC

あの“深海”が再び! 今夏開催決定!

世紀のスクープ映像と言われた生きたダイオウイカの映像と全長約5メートルのダイオウイカの標本展示など、2013年夏に開催し、60万人もの来場者で大好評を博した特別展「深海」から4年、2017年7月11日(火)〜10月1日(日)に特別展「深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」国立科学博物館で開催することが決定!

本展では「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」などに焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介するほか、東北地方太平洋沖地震の実態にせまる「深海と巨大災害」、「深海と資源」などを映像やCGなどを駆使して紹介します。

またダイオウイカを撮影した取材班が再び結集し、新たな深海シリーズとしてNHKスペシャル「ディープ オーシャン」も制作中。より “深く”、新たな感動をお届けします。

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

透明な頭の中に大きな緑色の眼を持つ「デメニギス」(CG)。ドーム状の部分は視野を最大限に広げつつ、眼を守る役割がある ©NHK/ ZDF/ZDFE/CURIOSITYSTREAM LLC

【主な展示内容】
・「深海の巨大生物“オンデンザメ”」「伝説の怪物“ダイオウイカ”」「驚異の発光物体 “クロカムリクラゲ”」「ザ・深海魚 “デメニギス”」など貴重な映像と多数の深海生物標本。

・4Kやスーパーハイビジョンによる迫力の深海シアター。

・世界最高水準の科学掘削能力を持つ “地球深部探査船「ちきゅう」” に搭載されているドリルパイプの実物ほか、最新の深海調査を行っている船舶の模型、東北地方太平洋沖地震の地震断層を紹介。

【プレゼント】特別展「深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」ご招待券プレゼント!
【体験レポート】2013年夏に開催した特別展「深海 – 挑戦の歩みと驚異の生きものたち-」
【インタビュー】ダイオウイカ研究の第一人者 窪寺恒己博士(国立科学博物館)

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

最大の記録では全長18メートルに達し、“海の魔物” として恐れられてきた「ダイオウイカ」。本展ではダイオウイカよりさらに大きいと言われる「ダイオウホウズキイカ」の標本の一部も展示 ©NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

最大のものは体長50センチを超える世界最大の等脚類(ダンゴムシなどの仲間)「ダイオウグソクムシ」。アメリカ南部からブラジルの大西洋岸の水深310〜2,140メートルに分布している。腐肉食性で、海底に沈んできた生物の死骸を食べる “海の掃除屋” の異名を持つ

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

北太平洋の深海に生息し、成長すると全長7メートルを超える巨大ザメ「オンデンザメ」。本展では全長約3メートルの標本とともに、そのミステリアスな生態に迫る!©JAMSTEC

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

6,000メートルより深い「超深海」に生息している「カイコウオオソコエビ」©JAMSTEC

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

東北地方太平洋沖地震後の「しんかい6500」による海底調査で見つかった、一連の地震活動で生じたと考えられる水深5,350メートルで撮影された海底の亀裂。亀裂は南北方向に走り、幅、深さは1〜2メートル ©JAMSTEC

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

海底下を掘削する機器の操縦席「サイバーチェア」の実物展示も! サイバーチェアイメージ図 ©JAMSTEC

最新の深海調査船をはじめ、「超深海」や「生物発光」「巨大生物」に迫る! 深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜

2005年7月に完成した地球深部探査船「ちきゅう」。世界最高の科学掘削能力(海底下7,000メートル)を持ち、巨大地震発生の仕組み、生命の起源、地球規模の環境変動の解明、人類未踏のマントルへの到達など、人類の未来を開くさまざまなミッションに挑戦している ©JAMSTEC

イベント名
特別展「深海2017 〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」
開催期間
2017年7月11日(火) ~ 2017年10月1日(日)
休館日
2017年7月18日(火)
2017年9月4日(月)、11日(月)、19日(火)
開催時間
9:00〜17:00 ※金・土曜は20:00まで

夏休み特別開館延長
2017年8月13日(日)〜8月20日(日)9:00〜18:00
(8月18日(金)、19日(土)は20:00まで)

※入館は各閉館時刻の30分前まで
対象年齢
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
アクセス
・JR「上野」駅公園口から徒歩約5分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅から徒歩約10分
・京成線「京成上野」駅から徒歩約10分
料金
・一般・大学生:1,600円(1,400円)
・小・中・高校生:600円(500円)
・金曜限定ペア得ナイト券:2,000円
※ 未就学児は無料、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
※( )内は前売および各20名以上の団体料金

※金曜限定ペア得ナイト券は金曜夜間(17時〜20時、最終入場19時30分)入場可、会場での当日販売のみ、2名様同時入場、男女問わず
※ 同日に限り常設展もご覧いただけます
※ 前売券の一般販売は、2017年7月10日(月)まで
駐車場
なし
公式サイト
主催者名
国立科学博物館、海洋研究開発機構、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
問い合わせ
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20170809_present_kracie_01

    プレゼント! イガイな真実を歌った動画第2弾を公開!クラシエフーズ「イガイガイのうた」第2弾公開記念 カンドゥー親子ペア入場券プレゼント!

    お菓子やアイスを販売しているクラシエフーズは「ねるねるねるね」などの知育菓子が合成着色料・保存料ゼロ…

注目イベント

  1. 20170819_report_wanderwoman_09

    2017年8月25日(金)全国公開『ワンダーウーマン』映画レビュー!

    映画『ワンダーウーマン』キッズイベント親子試写会開催!
    世界中で大ヒット! 日本では2017年8月25日(金)に全国公開される映画『ワンダーウーマン』のキッ…
  2. LEGO_NINJA_CHARENGE_000

    HIKAKIN(ヒカキン)さん、SEIKIN(セイキン)さんも立派なニンジャに!?

    レゴ ニンジャゴー「ニンジャ チャレンジ」イベントが開催!
    ららぽーと豊洲でレゴ ニンジャゴー「ニンジャ チャレンジ」イベントが開催! 2017年8月11日(金…
  3. 20170730_report_hair_donation_01

    子どもたちへ医療用ウィッグを無償提供!

    「親子で学ぶ! ヘアドネーション体験イベント」開催!
    特定非営利活動法人ジャパン ヘア ドネーション アンド チャリティー(JHD&C:ジャーダック)は、…
  4. 20170727_report_rekitame_00

    これなら歴史が好きになる! コント、音楽、トークありの歴史をとことんエンタメするショー!

    「歴タメLive」第2弾開幕!
    教科書には載らないような歴史上の出来事をエンターテインメントとして表現する “もっと歴史を深く知りた…
  5. 20170727_report_teamLab_04

    光を浴び、包まれ、そして弾く、自然と体が動き出す新感覚の参加型アート

    「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」が開催!
    超幻想空間での 参加没入型、体験型ミュージックフェスティバル「バイトル presents チームラボ…

おすすめスポット

  1. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    KidsBee(キッズビー)
    日本初の本格ビュッフェ+室内遊具で親子3世代が安心して楽しめる大型施設『KidsBee(キッズビー)…
  2. 201610_facilities_tokyotower_01

    東京のシンボル、高さ333メートルの日本一の観光名所

    東京タワー
    1958年末に東京地区の総合電波塔として港区芝公園に建設された東京タワーは、東京のシンボル、観光名所…
  3. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
ページ上部へ戻る