2016年6月26日(日)まで、東京・お台場ビッグトップで開催!

ダイハツ トーテム 東京公演に行ってきた!

2016年2月2日(火)、お台場ビッグトップで行なわれたシルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」の公開リハーサルに行ってきました! パフォーマンスもちろん、その世界観も素晴らしく、まるで異次元の世界を旅するような感覚に。それぞれの演目で表現しているテーマがわかると、「トーテム」の世界観をより楽しめます!

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

いよいよ「ダイハツ トーテム 日本公演」が開幕!
“異次元”をたっぷり体感できる圧倒的な2時間!

待ちに待ったシルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム 日本公演」が開幕! 前日に行なわれた東京公演の公開リハーサルでは、公開を待ちきれない様子の人々のあふれんばかりの熱気が会場内に充満していました。

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

お台場に出現した黄色と青のストライプのテント、お台場のビッグトップにて、いよいよ2016年2月3日(水)から「トーテム」が開幕! 遥か46億年前から続く、人類の進化をテーマに語られる壮大な物語を、驚愕のアクロバットで表現!

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

会場に入ると、中央には大きな亀の甲羅(カラペース)が。これは地球上の“生命の起源”の象徴になっています

「トーテム」は人類の誕生から現在、そして未来へと数億年の旅を続ける、“不可能を可能にする人類の進化”をテーマにした壮大な物語を、超人的アクロバットや究極のパフォーマンスで表現しています。そしてそれが美しい衣装、プロジェクションマッピングや可動式ステージのつくり出す幻想的な空間と融合することにより、それぞれの演目の持つテーマと世界観が、より体感的に、まるでその進化の過程を旅しているような、異次元に足を踏み入れたような感覚で伝わってきます。

それぞれの演目にはテーマがあるので、そのテーマを知っておくと、アクロバットやパフォーマンスの意味がわかり、「トーテム」の世界観をより楽しめると思います。しかし最初はただただその超人的なパフォーマンスに目を奪われるばかりかもしれません。観るたび新たな気づきや驚きがありそうです。

とこどどころで演じられる「クラウン」によるちょっぴりマヌケでシュールなパフォーマンスは会場の笑いを誘い、張りつめた緊張を和らげてくれます。その緩急の絶妙さもあり、子どもでも2時間バッチリ集中して楽しめそうです(途中30分の休憩あり)。日本人パフォーマーも出演していますよ。

「ダイハツ トーテム(東京公演)」は2016年6月26日(日)まで開催! その後、大阪・名古屋・福岡・仙台の5大都市を巡演。

また2018年2月に来日するシルク・ドゥ・ソレイユの作品は「キュリオス」!

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「カラペース(CARAPACE)」。宇宙からやって来た「クリスタル・マン」が亀の甲羅(カラペース)に生命を吹き込むと、カエルや魚たちが活き活きと動き出します

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

カエルたちは亀の甲羅(カラペース)を鉄棒にして、鉄棒から鉄棒へと飛び移る圧巻のパフォーマンスを繰り広げます

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「フープ・ダンサー(パート1)(HOOP DANCER)」。北米先住民のダンサーがいくつものフープを自由自在に操り、さまざまな動物や地球の原風景をイメージさせる。人類が進化してきた歴史を描き出し、絶え間ない生物の連鎖を体現しています

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「リングス・トリオ(RINGS TRIO)」。男性2人が天空から降りるリングを使って力比べ。そこに現れたひとりの女性が見事な舞で2人を魅了します。「異性を魅了したい」という種を維持していくために必要不可欠な求愛活動を表現しています

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「ユニサイクル・ウィズ・ボウル(UNICYCLES WITH BOWLS)」。自然を象徴する衣装を身にまとった、高さ2mの一輪車に乗る女性アーティストたちが、金属製のボウルをジャグリングし、芳醇な秋の実りを祝います。足で投げたいくつものボウルを頭でキャッチするパフォーマンスは圧巻!

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「クラウン・フィッシャーマン(CLOWN FISHERMAN)」。慎重で臆病、危険を回避するため常にヘルメットを着用している。小さなボールと戯れるようなリズミカルなパフォーマンスは必見!

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「ハンド・バランシング(HAND BALANCING)」。長い人生の間には何度も困難な局面に立ち会います。そんな困難に立ち向かう度に身に着けていく強さやバランス力、成長していく過程を、腕のみを使った驚くべき安定感としなやかな肉体美で表現。台座は砂時計で、時の流れをイメージ

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「フット・ジャグリング(クリスタル・レディー)(FOOT JUGGLING(CRYSTAL LADY))」。宇宙から舞い降りたクリスタル・レディーが、宝石がちりばめられた四角い布を両手両足で滑らかに回転、美しい鉱物の世界を創り出します

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

人類へと至る数億年の進化の物語をコミカルに表現した、「トーテム」を象徴するパフォーマンス

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「ディアボロ(DIABOLO)」。バレンティーノの非常識なポイ捨てに腹をたてたトラッカーが、果敢な闘牛士に変身。フラメンコにインスピレーションを受けたビートに合わせ、ディアボロを巧みに操ります

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「フィックスト・トラピス・デュオ(FIXED TRAPEZE DUO)」。止まり木を思わせる空中ブランコの上で、若い男女が戯れるようにお互いの身体を絡めながら宙を舞い、愛を確かめ合う。そのしなやかな動きは鳥のように軽快で、重力を感じさせない

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「フープ・ダンサー(パート2)(HOOP DANCERS)」。さまざまな部族に囲まれるなか、北米先住民のダンサーが力強くダイナミックなダンスを舞いながら、調和と永遠を象徴するふたつの球体をフープで創りあげる

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「ローラー・スケート(ROLLER SKATES)」。雪の中の結婚式を連想させるシーンで、ローラー・スケートを履いた男女が直径1.8mの小さな台座の上を、圧倒的なスピードで回転、旋回します。エネルギーのすべてがその速度に凝縮された、究極の信頼関係から成り立つこの演目は、愛の無限さを象徴しています

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

「ロシアン・バー(RUSSIAN BARS)」。今は亡き南米の文明からインスピレーションを受けた、暗闇に美しく光る衣装を身にまとったアーティストたちが力強さとバランス力を競うアクロバットな演目

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

まるで無重力空間を浮遊する宇宙飛行士のように軽々と宙を舞い、バーからバーへとダイナミックに飛び移る。地球の重力から逃れたい人間の欲望を呼び覚ます

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演最新作「ダイハツ トーテム(東京公演)」に行ってきた!2018年2月の次回作は「キュリオス」!

美しく、息を飲むようなパフォーマンスの連続には大満足! ひとつひとつの演目が表現しているテーマがわかると、「トーテム」の世界観をより楽しめますよ!

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. THE LION KING - Featuring the voices of James Earl Jones as Mufasa, and JD McCrary as Young Simba, Disney's "The Lion King" is directed by Jon Favreau. In theaters July 19, 2019...© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

    2019年8月9日(金)全国公開!『ライオン・キング』オリジナル ナップサック プレゼント!

    あの「ライオン・キング」が世界最高峰のキング・オブ・エンターテイメントへと進化し、実写もアニメーショ…
  2. 20190819_present_GEAR_01

    新感覚エンターテイメント、話題の舞台公演!『ギア-GEAR-』招待券プレゼント!

    京都で出逢える感動の新感覚エンターテイメント『ギア-GEAR-』招待券プレゼント!セリフを使わない“…

注目イベント

  1. 2488029 - ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
    クエンティン・タランティーノ監督最新作、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットの2大スター初共演…
  2. 20190810_report_gegege_05

    2019年8月10日(土)〜26日(月)サンシャインシティで開催!

    「ゲゲゲの妖怪100物語」に行ってきた!
    水木しげるさんの大人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪世界を体感できるイベント「ゲゲゲの妖怪100物語」…
  3. 20190807_report_SW_Identities_001
    『スター・ウォーズ』の世界を体感できる大規模な世界巡回展「STAR WARS™ Identities…
  4. 20190724_report_Qplaza_01

    2019年7月19日(金)東京・池袋にオープン!

    「キュープラザ池袋」に行ってきた!
    2019年7月19日(金)、池袋エリアに新たなランドマーク「キュープラザ池袋(Q plaza池袋)」…
  5. TO2_teaser_Bbai_ol

    夏休みに、子どもと一緒に映画に行こう!

    夏休み おすすめ映画 2019年
    いよいよ夏休み! 「トイ・ストーリー4」や「仮面ライダージオウ」「騎士竜戦隊リュウソウジャー」「ペッ…

おすすめスポット

  1. 20181102_spot_LittlePlanet_01

    東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープン!

    Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ
    プロジェクションマッピングなどのデジタル技術を活用した知育アトラクションを楽しめる体験型知育デジタル…
  2. 20190501_spot_PuChu_03

    2019年5月1日(水・祝)待望のオープン!

    PuChu!(プチュウ)
    “ポストAI時代に必須の「知性」と「感性」を遊びながらに学べる” をコンセプトにした子どものための屋…
  3. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
  4. 201610_facilities_miraikan_01

    先端科学技術を体験するサイエンスミュージアム

    日本科学未来館
    「日本科学未来館」は、私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する体験型のサイエンスミュージア…
  5. 20190331_spot_shaun_02

    2019年3月31日(日)グランドオープン!

    ひつじのショーン ファームガーデン
    クレイアニメーション「ひつじのショーン」の世界観を再現した『ひつじのショーン ファームガーデン』が、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る