子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!

豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)に行ってきた!

2015年10月31日(土)、豊洲野外音楽広場にて「豊洲野音 CARNIVAL」が開催! 広い会場内にはピクニックエリアやキッズスペース、授乳スペースなども充実し、小さな子ども連れの家族もたくさん! 当日はハロウィンということもあり、参加者は思い思いの仮装で、野外ライブはもちろん、会場内のあちこちで開催された多彩な催しを楽しみました。「豊洲野音 CARNIVAL」は11月1日(日)までの2日間にわたって開催。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

肩車、抱っこ、子どもと一緒にライブを楽しむ!

ゆりかもめの「新豊洲」駅から徒歩30秒にある「豊洲野外音楽広場」。2020年の東京オリンピックに湧く湾岸エリアにある広大なスペースからは、豊洲の高層ビル群はもちろん、東京タワーとスカイツリー、レインボーブリッジも見える好ロケーション。そしてここだけ大きな穴がぽっかりと開いたように、見渡す限りの空が広がっている。ここで、2015年春に1日だけ開催し約5,000人を動員、ファミリー層にも大好評だった「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」が、今回はInterFM897開局記念として2015年10月31日(土)と11月1日(日)の2日間にわたり、1日目はハロウィン、2日目は収穫祭をテーマに開催されました。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

「豊洲野外音楽広場」で2日に渡り「豊洲野音 CARNIVAL」が開催。取材した10月31日(土)はハロウィンということもあり、仮装した方もたくさん

「豊洲野音 CARNIVAL」は、音楽が好きな方はもちろん、小さな子どものいる家族でもみんなでライブを楽しめることを目的にした野音となり、ピクニックエリアやキッズエリア、授乳スペースなど、小さな子どものいる方に配慮した施設の設置をはじめ、参加アーティストも、現在30代〜40代の方がよく聴いていたアーティストが多数出演。コンサートやライブに足が遠のいてしまった方が、子どもと一緒に気軽に音楽を楽しめるようになっています。そのため会場内にはベビーカーがたくさん! ライブも子どもを肩車したり抱っこをしながら、リズムにあわせて楽しんでいるお母さんやお父さんの姿をよく見かけました。そして、そんなふうに楽しんでいるお母さん、お父さんの様子に、子どもたちもとても楽しそうでした。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

ステージは会場内に2ヵ所。こちらは入口近くにある「MATSURI STAGE」。写真は佐藤タイジさんと堂珍嘉邦さんのライブ。椿鬼奴さんのライブも行なわれていました

音楽と、ゆったりとした時間が流れる空間に癒される

会場内にはステージが2つあり、11時30分から30〜40分おきに交互にライブが実施されるとともに、その合間にハロウィンやちんどんCARNIVAL宣伝隊、サンバなどのパレード、さらにInterFM897のブースでも、これからライブを行なうアーティストによるトークショーやニューカマーによるミニライブが行なわれるなど、1日中、あちらこちらから途切れることなく音楽が流れていました。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

かなり広いスペースの「キッズエリア」。受付には、草むらで捕まえたバッタが虫かごに入っていました

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

イスとシートは設置OKの「ピクニックエリア」。お昼を過ぎた頃からだんだんと人で埋まっていきました

子どもたちも音楽を楽しむとともに、キッズエリアで積み木や指編み(指で編む編み物)などのワークショップ、たき火でマシュマロを焼いて食べたり、ハロウィンのフェイスペインティング、ジャグリングに挑戦したり、そしてやっぱり子どもならでは、追いかけっこをして楽しんでいました。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

あったかいたき火とマシュマロ。寒いと、暖かいところに人は集まりますね。たき火でマシュマロを焼いてパクリ。煙が目にしみるとか、今の子どもたちはなかなか体験できないかな?

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

「キッズエリア」では積み木、指編み(指で編む編み物)などのワークショップも行なわれていました

お腹がすけば、世界各国の料理の屋台で用意されている店舗限定の子どもメニューを。さらに会場真ん中には豚をまるごと食べるブースが出展。3時間以上かけてじっくり中まで火を通したイタリア流ブタの丸焼き「ポルケッタ」をはじめ、足の付け根はソーセージ、内臓は黒豆と煮込んだブラジル家庭料理の「フェジョアーダ」にするなど、“鳴き声以外は無駄なく全部食べ尽くす”をコンセプトに、私たちは命をいただいて生きているという大切なメッセージを、押し付けることなく伝えていました。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

豚をまるごと食べるブースではイタリア流ブタの丸焼き「ポルケッタ」をはじめ、ブラジルの「フェジョアーダ」「シュラスコ」などを販売

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

スペインの「パエリア」にトルコの「ケバブ」、メキシコの「タコス」、ジャマイカの「ジャークチキン」、タイの「タイラーメン」、沖縄の「ソーキそば」など、さまざまな国の料理が並ぶフードエリア。それぞれの店舗が子どもメニューを用意

涼しさが増す17時近くになるとキャンプファイヤーに点火。たき火がしずらくなった都心で、こんなに大きなキャンプファイヤーはめったにない機会。初めて見るという小さな子どもも多いことでしょう。大きな炎や木のはぜる音、火の粉は少し怖いかもしれないけれど、見知らぬ人が輪になって暖をとる火のありがたさや、いつまで見ていても飽きない火の不思議な魅力を感じられたはず。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

会場の真ん中にはキャンプファイヤーが。16時40分の点火予定。向こう側には豊洲の高層ビル群が見えます

「豊洲野音 CARNIVAL」は豪華アーティストによるライブが素晴らしかったのはもちろん、常に音楽にあふれ、さまざまな場所で趣向を凝らした催しが行なわれ、広大なスペースのおかげもあってか、とてもゆったりとした穏やかな時間が流れ、心休まるくつろぎの空間のなか、みんなが思い思いに楽しんでいる姿、無心に遊ぶ子どもたちの姿が、とても印象的でした。2016年の春に第3回が開催されるなら、次は家族で来たいと感じました。

寒さ対策は必須、ライブはかぶりつきで見られる可能性が!

今回、1日目は朝から寒く、2日目も夕方以降は冷え込みました。野外で開催されるため、春でも秋でも、やはり寒さ対策は必須。安心して楽しむためにも、ウィンドブレーカーやポンチョなど、暖かいものを準備しておきましょう。また、場所によっては土ぼこりが舞うのでマスク、ビニールシートなどの敷物もあると便利です。

ライブステージは、ひとつのステージが終わると次の準備を行ないます。もう1ヵ所のステージでライブをしていたり、ちょうどはじまるタイミングなので人はそちらに流れていくので、お目当てのアーティストが出演するステージは、準備中から待っていると、かなり前の列から、場合によってはかぶりつきでライブを楽しめる可能性もありそうです。「こんなに近くで見られるんだ」というのも、とても嬉しいポイントでした。

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

意外(!?)と子どもに人気だったのがジャグリンググッズショップ。皿回しがブームかと思うほど、みんな一生懸命に挑戦していました

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

阿波踊りを披露してくれた「湘南なぎさ連」。ハロウィンの仮装をした人も参加し意外なコラボレーションが実現!

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

ハロウィンのフェイスペイントをしてくれるブースも。ちょうど「Def Tech」のライブをやっていて、ブースのお姉さんたちもノリノリでした

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

向こうに見えるのが「YAON STAGE」。近くに見に行っても、遠くから見ても、他の場所で勝手に遊んでいても、美味しいものを食べていても、どんな楽しみ方をしてもOK!

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

15時頃になるとかなりの来場者が。ベビーカーもあちらこちらで見られます。今年の春に開催したときは、5,000人の来場者だったそうです

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

楽しそうな音が聞こえてくる方を見ると、サンバのカーニバルが。子どもたちも一緒に踊っていました

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

もちろん大人たちも楽しそう。落ち着いた色の服装になりがちな秋ですが、ハロウィンの仮装はカラフルで、カーニバルな感じも出ています

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

「YAON STAGE」でのライブ。子どもを肩車して、一緒に楽しみます。何をしたかは忘れてしまっても、広い場所で大きな音で音楽を聴いて、みんな楽しそうで、なんか楽しかったな、という記憶が残れば、それだけでいいですね

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

InterFM897のブースでは、これからライブを行なうアーティストによるトークショーやニューカマーによるミニライブが開催。写真は今日のトリを務める「スキマスイッチ」の2人のトークショー

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

キャンプファイヤーに火が着き、人が集まってきました。向こう側に見えるのは東京タワー。キャンプファイヤーの炎も、夜景もきれいです

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

夏にメジャーデビューしたばかりの、加山雄三さん率いる「THE King ALL STARS」は、50’sのR&Rなどで大盛り上がり。アンコールでは「君といつまでも」「サライ」も熱唱!(撮影:船橋岳大)

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

1日目のトリを務めた「スキマスイッチ」。新曲の「LINE」をはじめ、みんなで盛り上がれる名曲「全力少年」、アンコールではピアノの伴奏による「奏」を披露。なんとも贅沢な時間でした(撮影:船橋岳大)

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

2日目に出演した藤井フミヤさん。「TRUE LOVE」や「ANOTHER ORION」など、しっとりとしたバラードを披露(撮影:船橋岳大)

子どもが小さくても大丈夫! 家族で1日中楽しめる野外ライブ!「豊洲野音 CARNIVAL(カーニバル)」に行ってきた!

2日目のトリは佐野元春and The Hobo King Band。大人のロックステージで、2日にわたる「豊洲野音 CARNIVAL」を締めくくってくれました(撮影:船橋岳大)

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200608_present_picoton_00

    プレゼント!YouTube『つくってみよーよ ピコトンTV』公開記念!ピコトン工作キット “選べる2個セット” プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンが、Yo…

注目イベント

  1. 20200730_report_STARS_03

    2021年1月3日(日)まで森美術館で開催!

    「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」が開催!
    草間彌生、村上隆、奈良美智ら現代美術のスターたちが集結した「STARS展:現代美術のスターたち—日本…
  2. 20200702_report_mogi_sensei_01

    未就学児からプログラミングを学べる「チャギントンプログラミング」

    脳科学者 茂木健一郎先生インタビュー!
    人気の鉄道アニメ「チャギントン」のキャラクターをゲーム感覚で動かすことでプログラミングを学び、“プロ…
  3. 20200715_report_sumida_03

    日本最大級! 500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽が登場!

    「すみだ水族館」が大規模リニューアルオープン!
    日本最大級となる500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽「ビックシャーレ」が登場!通常はバッ…
  4. 20200127_taiga_niiyama_san_01
    ウルトラマンシリーズの劇場版最新作『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』が、202…
  5. 20200629_report_kurage_sunshain_02

    2020年7月9日(木)サンシャイン水族館に癒しの大水槽が誕生!

    新クラゲエリア「海月空感(くらげくうかん)」オープン!
    サンシャイン水族館の大型リニューアル第3弾、“クラゲ” をメインにした新エリア「海月空感(くらげくう…

おすすめスポット

  1. 20180906_spot_TGG_01

    2018年9月6日オープン! 英語だけの世界を体験できる英語学習施設

    TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)
    革新的な体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」が2018年9月6日…
  2. 20200417_spot_tokyo_mizumachi_01

    「浅草」と「東京スカイツリータウン®」を結ぶ新たなエリアが誕生!

    鉄道高架下複合商業施設「東京ミズマチ®
    浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ鉄道高架下に、新たな複合商業施設「東京ミズマチ®」が誕生、浅草側の…
  3. 20200714_report_kawasui_19

    2020年7月17日(金)川崎ルフロンにオープン!

    「カワスイ 川崎水族館」に行ってきた!
    多摩川、アジア、アマゾン川など世界の水辺を再現し、そこに生きる生き物とともに水辺のオアシスを体感でき…
  4. 202004_spot_TONDEMI_YOKOSUKA_01

    横須賀の新ランドマーク「Coaska Bayside Stores」に2020年4月下旬オープン!

    SPACE ATHLETIC “TONDEMI YOKOSUKA”(スペース アスレチック トンデミ ヨコスカ)
    都市型アスレチック施設『SPACE ATHLETIC “TONDEMI YOKOSUKA”(スペース…
  5. 20151210_report_lalaport_tachikawa_01

    立川市最大級の250店舗、西東京エリア初の「ららぽーと」がオープン!

    「ららぽーと立川立飛」に行ってきた!
    2015年12月10日(月)西東京エリア初のららぽーと「ららぽーと立川立飛」がオープン!ららぽーと立…

アーカイブ

ページ上部へ戻る