2018年6月30日(土)〜8月26日(日)MIHO MUSEUMで開催!

夏季特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」

2018年6月30日(土)〜8月26日(日)まで、夏の子供向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」がMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム/滋賀県甲賀市信楽町)で開催!子供が大好きな2つの色「赤」と「青」は、古代の人にとってどんな意味を持っていたんだろう?

(右)べス神形容器 エジプト 前7〜前6世紀 MIHO MUSEUM 蔵
(左)みみずく土偶 余山貝塚 縄文時代後期(BC1300年頃)重要文化財 辰馬考古資料館蔵(撮影:藤森武)

古代の人にとって「赤」と「青」って
何だったんだろう?

MIHO MUSEUMミホ・ミュージアム/滋賀県甲賀市信楽町)は2018年6月30日(土)〜8月26日(日)、同館初となる夏の子ども向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」を開催します。

世界の美術品を
「赤」と「青」で分けてみた!

「専門的な知識や高度な洞察力がないと美術館は楽しめない」「子ども連れのおでかけに美術館は考えられない」。そんなことはありません!

子どもが大好きな2つの色、「赤」と「青」で世界の美術品を眺めてみると、古代の人びとが地域や文化を問わず「赤」と「青」に特別な想いを持っていたことがわかります。頭で理解するのではなく、色を心でストレートに感じていた古代の人々の気分を味わってください。

同特別展では展示室を1冊の巨大3D絵本に見立て、子どもでもひとりで読み進んでいけるような語り調の文章をたよりに、本物の美術品を挿絵に、古代の赤と青の世界へ誘います。

2018年6月30日(土)〜8月26日(日)まで、夏の子供向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」がMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム/滋賀県甲賀市信楽町)で開催!子供が大好きな2つの色「赤」と「青」は、古代の人にとってどんな意味を持っていたんだろう?

ユーゴ
ベラクルス・メキシコ 600〜900年 石、赤色顔料、変性黄鉄鉱 MIHO MUSEUM蔵

2018年6月30日(土)〜8月26日(日)まで、夏の子供向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」がMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム/滋賀県甲賀市信楽町)で開催!子供が大好きな2つの色「赤」と「青」は、古代の人にとってどんな意味を持っていたんだろう?

ハトホル形ペンダント
エジプト 前16〜前11世紀 ラピスラズリ MIHO MUSEUM蔵

体験コーナーがいっぱい!
観るだけじゃない美術館の楽しみ方!

フェイス・ペインティングやアクセサリーで古代の人に変身するコーナー、赤と青のマントをまとって同じ色の部屋に入ってみるコーナー、色のナゾを解き明かすスタンプラリーなど、観るだけでなく体験できる楽しい仕掛けもいっぱい!

また休日には、色石のアクセサリー作りや、パピルスを使ったコースター作りなど、予約なしでも気軽に楽しめるイベントも行ないます。さらに特別企画として、感性を伸ばすさまざまなプログラムも盛りだくさん!

この夏休み、緑豊かな「MIHO MUSEUM」で、世界の美術品を身近に体験してみませんか? 夏休みの自由研究のヒント探しにもおすすめです!

【プレゼント!】夏の子ども向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」ご招待券プレゼント! 2018年6月30日(土)〜8月26日(日)MIHO MUSEUMで開催!

2018年6月30日(土)〜8月26日(日)まで、夏の子供向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」がMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム/滋賀県甲賀市信楽町)で開催!子供が大好きな2つの色「赤」と「青」は、古代の人にとってどんな意味を持っていたんだろう?

埴輪
舞踏人物 古墳時代 6世紀 MIHO MUSEUM蔵

2018年6月30日(土)〜8月26日(日)まで、夏の子供向け体験型特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」がMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム/滋賀県甲賀市信楽町)で開催!子供が大好きな2つの色「赤」と「青」は、古代の人にとってどんな意味を持っていたんだろう?

河馬像
エジプト 中王国時代 前21〜17世紀 ファイアンス MIHO MUSEUM 蔵

開催趣旨

太古の人々にとって、「色」は自然そのものでした。そして、「色」を何かに施すことは、自然のエネルギーをもってする呪術であり、象徴的な意味を加えることでした。

やがて美を意識して彩色するようになりますが、「色」が今日のように、純粋に「彩る」ことのみを目的として使われるようになるのは、中世あるいは近世以降のことです。一方、現代の私たちは自然から離れた場所にいても、自然界で目にする以上に多彩な色に触れることができるようになりました。

赤と青は、古代世界においてはいずれも信仰と深く結びつき、“聖なる色” と捉えられていたようです。また赤と青は、一般的にあらゆる色のなかでもっとも強いイメージがあるとされる2色であると同時に、一方は動的で他方は静的であるなど、両極の側面を持つ色だとも言えます。

本展では、古代から近世における日本そして世界の美術品に表された赤と青を取り上げ、人々が古より「色」とどのように関わってきたかを考えます。さらに、夏休みスペシャル企画として、おとなも子どもも太古の世界へタイムスリップ! 現代の私たちが見失いかけている “色のエネルギー” を心で感じ取れるよう、さまざまな体験コーナーやワークショップなどを開催します。

「MIHO MUSEUM」について

MIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム)」は1997年11月、琵琶湖の南、自然豊かで風光明媚な湖南アルプスの山中に誕生しました。建築設計は、フランス・ルーヴル美術館のガラスのピラミッド、ワシントンのナショナルギャラリー東館、北京、香港の中国銀行ビル等で世界的に知られる I.M.Pei氏によるものです。

設計のテーマは「桃源郷」。東晋の詩人、陶 淵明の「桃花源記」にある仙境の楽園-桃源郷の物語を、構想・設計・建設に6年の歳月をかけて、信楽の地に実現しました。

所蔵品はエジプト、ギリシア・ローマ、西アジア、中央アジア、南アジア、中国、朝鮮、古代アメリカなどの古代美術と、仏教美術や、茶道美術をはじめ、絵画、漆工、陶磁器などの日本古美術をあわせて約3,000件からなり、季節により国内外からの出陳を加えて、常時250〜500点を展示しています。

その質の高いコレクションは、ニューヨーク・メトロポリタン美術館、ロサンゼルス・カウンティ美術館、オーストリア・ウィーン美術史美術館、オランダ・ライデン国立古代博物館などで公開され、海外からも高く評価されています。

イベント名
夏季特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」
開催期間
2018年6月30日(土) ~ 2018年8月26日(日)
休館日

月曜日
※2018年7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館

開催時間

10:00〜17:00(入館は16:00まで)

対象年齢
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
MIHO MUSEUM(〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷 300)
アクセス
【電車】
・JR「石山」駅よりバス(3番乗り場より150系統)ミホミュージアム行き乗車、終点がMIHO MUSEUM(所要時間約50分)

【クルマ】
・新名神高速「信楽」I.C.より約15分
・新名神高速「草津田上」I.C.より約20分
・名神高速「栗東」I.C.より約30分
・名阪国道「壬生野」I.C.より約35分
料金
【入館料】
・一般:1,100円
・高・大学生:800円
・小・中学生:300円
※20名以上の団体は各200円割引
駐車場
無料(普通車170台)
公式サイト
主催者名
・主催: MIHO MUSEUM、京都新聞
・後援: 滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK 大津放送局、BBC びわ湖放送、エフエム京都
問い合わせ

TEL:0748-82-3411(MIHO MUSEUM/ミホ・ミュージアム)

OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20240719_movie_tosochu_06

    プレゼント!JO1とFANTASTICSが競演!逃走中 THE MOVIE「ハンターグローブ」プレゼント!

    子どもたちに大人気のバラエティ番組「逃走中」。その「逃走中」が20周年という節目にドラマ映画化!『逃…
  2. 20240722_present_rakugakids_01

    プレゼント!南砂町SUNAMO店、海老名ビナウォーク店オープン記念!「あそんで!そだてる!らくがキッズ」親子ペアご招待チケット プレゼント!

    雨でも子どもたちが思いきり身体を動かして遊べる施設「あそんで!そだてる!らくがキッズ」の南砂町SUN…

注目イベント

  1. 20240712_report_konchuten_00

    2024年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「昆虫MANIAC(昆虫マニアック)」体験レポート!
    国立科学博物館の研究者によるマニアックな視点と昆虫標本に最新の昆虫研究を織り交ぜ、カブトムシやクワガ…
  2. 20240710_report_giantdinos_00
    全長約37メートル、世界最大級の巨大竜脚類「パタゴティタン・マヨルム」の全身復元骨格を展示する「巨大…
  3. 20240726_event_NAKED_OMATSURI_01

    2024年7月26日(金)〜8月16日(日)丸ビル(東京駅直結)で開催!

    NAKED “OMATSURI” Eat, Play, and Dance!(ネイキッド おまつり)
    東京タワー、新宿御苑など東京を代表するスポットで新体験を生み出してきたNAKED, INC.(ネイキ…
  4. 2024summer_teaser_0416_POS
    2大ヒーローによる豪華2本立て映画『仮面ライダーガッチャード ザ・フューチャー・デイブレイク』『爆上…
  5. ヒルズ・ワークショップ フォー・キッズ 2024の画像

    2024年6月24日(月)受付開始!7月27日(土)〜8月18日(日)六本木ヒルズ、麻布台ヒルズ、虎ノ門ヒルズ他で開催!

    ヒルズ・ワークショップ フォー・キッズ 2024
    街がまるごと学び場になった、子どもが主役のワークショップが2024年7月27日(土)〜8月18日(日…

おすすめスポット

  1. 20190713_spot_ITADAKI_06

    生駒山上遊園地にボーネルンドプロデュースの屋外あそび場

    プレイ ピーク イタダキ(PLAY PEAK ITADAKI)
    ボーネルンド設計・監修の国内最大規模(約9,800平方メートル)の屋外あそび場「プレイ ピーク イタ…
  2. 20240229_report_immersivefort_01

    世界初の “完全没入体験” イマーシブ・テーマパークが、2024年3月1日(金)お台場のヴィーナスフォート跡地に開業!

    イマーシブ・フォート東京 体験レポート!
    従来のテーマパークから大きく進化した完全没入(イマーシブ)体験だけで構成される世界初のイマーシブ・テ…
  3. 20220516_spot_LOTTE_02

    2022年5月16日(月)にオープン! 見学予約受付開始!

    ロッテ おかしの学校
    子どもと楽しむ工場見学。お菓子のロッテが浦和工場の見学施設をリニューアルし、食の楽しさ、つくる楽しさ…
  4. 20190914_spot_bears_00

    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」× 屋内あそび場!

    くまのがっこうあそびひろば
    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の子供向けインドアプレイグラウンド『くまのがっこうあそびひろば』…
  5. 202020425_spot_SMALL_WORLDS_TOKYO_11

    世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパークが2020年6月11日(木)グランドオープン!

    スモールワールズ TOKYO
    世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「スモールワールズ TOKYO(SMALL WORLDS T…

アーカイブ

ページ上部へ戻る