2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで国立新美術館で開催!

ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか

ルーヴルの “顔” が来日する大規模展覧会!
古代から19世紀までの肖像芸術の魅力に迫る!

ルーヴル美術館の肖像芸術を一堂に会した大規模展「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」が、2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで、国立新美術館で開催!

同展はルーヴル美術館の全8部門(古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画)から、3,000年以上前の古代から19世紀ヨーロッパまでの偉人の肖像芸術約110点の展示を通して、それぞれの時代・地域で、肖像が担ってきた社会的役割や表現上の特質を浮き彫りとし、奥深い肖像芸術の魅力に迫る本格的な展覧会です。

2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで国立新美術館で開催!「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」古代から19世紀までの肖像芸術の魅力に迫る!

《棺用マスクの顔の部分》
新王国時代、第18王朝、アメンへテプ3世の治世(前1391〜前1353年) エジプト出土
Photo © RMN-Grand Palais(musée du Louvre)/ Franck Raux /distributed by AMF-DNPartcom

2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで国立新美術館で開催!「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」古代から19世紀までの肖像芸術の魅力に迫る!

セーヴル磁器製作所(ルイ=シモン・ボワゾに基づく)
《フランス王妃マリー=アントワネットの胸像》1782年
Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Peter Harholdt /distributed by AMF-DNPartcom

ルーヴルが誇る肖像画の至宝が
27年ぶりの来日!

見どころのひとつは “美しきナーニ” という通称で親しまれている16世紀ヴェネチア派の巨匠ヴェロネーゼの絵画『女性の肖像』。1991年以来となる27年ぶりの来日となります。モデルは当時の上流階級の貴族と考えられていますが、素性は謎に包まれています。

どこから見てもモデルの女性と目があわないことから “ミステリアス” と評される作品で、絵の外側のどこかをそっと見つめる彼女の瞳は、寂しさ、悲しみ、はにかみ、恥じらい、とまどい、憂い、優しさ、静かな喜びなど、さまざまな感情を宿しているように見えます。

2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで国立新美術館で開催!「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」古代から19世紀までの肖像芸術の魅力に迫る!

ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ)
《女性の肖像》 通称《美しきナーニ》1560年頃
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

また、フランス皇帝として最高権力を手にしながらも、追放先で孤独な最期を迎えたナポレオンの激動の人生を、アントワーヌ=ジャン・グロの傑作『アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)』から、フランチェスコ・アントンマルキの『ナポレオン1世のデスマスク』までの5点の作品でたどるコーナーも大きな見どころです。

オフィシャルサポーターは俳優の高橋一生さん。同展の音声ガイドも務めます。

【レポート】高橋一生さん登場!「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」記者発表会

【プレゼント】「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」ご招待券

2018年5月30日(水)〜9月3日(月)まで国立新美術館で開催!「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか」古代から19世紀までの肖像芸術の魅力に迫る!

アントワーヌ=ジャン・グロ
《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》1796年
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom

イベント名
ルーヴル美術館展 肖像芸術 ー人は人をどう表現してきたか
開催期間
2018年5月30日(水) ~ 2018年9月3日(月)
休館日
毎週火曜日休館
※ただし2018年8月14日(火)は開館
開催時間
10:00〜18:00
※金・土曜日は、5・6月は20:00まで、7・8・9月は21:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
対象年齢
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
国立新美術館 企画展示室1E(〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)
アクセス
・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・東京メトロ日比谷線「六本木」駅 4a出口から徒歩約5分
・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 7出口から徒歩約4分
料金
・一般:1,600 円(1,400円)
・大学生:1,200円(1,000円)
・高校生:800円(600円)
※中学生以下無料
※団体券は国立新美術館のみ販売(団体料金の適用は20名以上)
※障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料
※前売券は2018年3月10日(土)〜5月29日(火)まで販売
■ チケットの購入はこちら
主催者名
国立新美術館、ルーヴル美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ
問い合わせ
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 201805_movie_Isle_of_Dogs_01

    プレゼント!銀熊賞受賞作品!映画『犬ヶ島』オリジナル Tシャツプレゼント!

    第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞「監督賞」を受賞し、日本の映画ファンのみならず世界中から注目を集め…

注目イベント

  1. 20180518_report_MANGEKYO_01

    2018年6月20日(水)までオルタナティブシアター(有楽町)で開催中!

    「万華響 ーMANGEKYOー」ゲネプロ公演開催!
    和太鼓エンタテインメント集団「DRUM TAO(ドラム タオ)」の『万華響 ーMANGEKYOー』ゲ…
  2. 20180422_report_davinci_kobe_00

    子どもの「好き!」が見つかる! 自然科学、理数系分野を楽しみながら学べる無料イベント

    「第7回 ダヴィンチ☆マスターズ(in 神戸大学)」開催!
    実験や観察などの体験を通じて科学や数理への興味を抱くきっかけづくりを行なう無料の理数系イベント「ダヴ…
  3. 20180419_report_manjiro_001
    2018年6月14日(木)〜24日(日)、もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ 第6弾舞台「ジョン万…
  4. 20180411_review_rampage_02
    2018年5月18日(金)に全国公開の映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の紹介、映画を観た感想、映画レビ…
  5. 20180428_report_adidas_01

    超豪華! 伊達公子さん、五郎丸歩さん、中田浩二さん、渡邉拓馬さん、漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一先生が登場!

    アディダス参加型スポーツイベント「YOUNG ATHLETES CHALLENGE 2018」開催!
    アディダスの参加型スポーツイベント「YOUNG ATHLETES CHALLENGE 2018(ヤン…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_tokyotower_01

    東京のシンボル、高さ333メートルの日本一の観光名所

    東京タワー
    1958年末に東京地区の総合電波塔として港区芝公園に建設された東京タワーは、東京のシンボル、観光名所…
  2. 201610_facilities_miraikan_01

    先端科学技術を体験するサイエンスミュージアム

    日本科学未来館
    「日本科学未来館」は、私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する体験型のサイエンスミュージア…
  3. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    KidsBee(キッズビー)
    日本初の本格ビュッフェ+室内遊具で親子3世代が安心して楽しめる大型施設『KidsBee(キッズビー)…

アーカイブ

ページ上部へ戻る