COMMUNE246を再生可能エネルギーとのタッチポイントに!

GREEN POWER プロジェクトがソーラーパネルカー「みどり号」お披露目!

経済産業省資源エネルギー庁の再生可能エネルギー普及促進の取組『GREEN POWER(グリーンパワー)プロジェクト』では2016年12月8日(木)、東京・表参道の人気スポット「COMMUNE246」にソーラーパネルカー「みどり号」を設置、お披露目を行ないました。グリーンパワーを使った空間をつくることで再生可能エネルギーの情報を発信し、多くの人に再エネに触れてもらう「場」としていきます。
GREEN POWER プロジェクトがソーラーパネルカー「みどり号」お披露目!

「COMMUNE246」に設置されたソーラーパネルカー「みどり号」。太陽光で電気をつくり、照明や音響の電力の一部に利用する(写真提供:GREENPOWERプロジェクト)

「みどり号」でつくった電気を利用
「COMMUNE246」を再エネとのタッチポイントに

「みどり号」は普段の生活では実感しづらい再生可能エネルギー(再エネ)を活用した暮らしの見える化のため、太陽光エネルギーで発電した電力を「COMMUNE246」の公共施設部分の照明や音響の電力の一部に利用します。

「みどり号」でつくったグリーンパワーを利用することで、「COMMUNE246」を再エネ情報の発信の「場」、多くの人に再エネに触れてもらう「場」として機能させていきます。さらに2017年1月以降(予定)の毎週土日には、「みどり号」を東京・青山の国連大学前広場で開催される「Farmer’s Market」に出張設置します。

ソーラーパネル3枚を設置している「みどり号」は、5時間の日照時間の場合2日でフル充電(1800W)となり、以下のことができます。

・光を灯せる
30球をつけた電球ガーランドでは約10時間灯すことができます。

・充電ができる
MacBookでは連続30時間、iPhoneでは連続180時間使うことができます。

・料理ができる
業務用冷蔵庫を約30時間使うことができます。

・音楽が聴ける
ミキサーを使ってDJプレイを約10時間楽しむことができます。

再エネの暮らし、楽しさがわかる『GREEN POWER DRINKS』も開催!

「みどり号」がお披露目された12月8日(木)は日本の再エネの現状や、すでに再エネを利用して暮らしている人の事例を伝えるイベント『GREENPOWER DRINKS』も開催。オフグリットの住宅施工を手がけている藤野電力の鈴木俊太郎氏、コーヒー豆の焙煎機の電力に100%太陽光発電を利用している有限会社スロー代表取締役の小澤陽祐氏をゲストに迎え、NPOグリーンズ代表理事の鈴木菜央氏の司会でトークイベントが行なわれました。

「家庭菜園のように電気もつくる」という言葉がとても印象的で、トークイベントでは再生可能エネルギーをつくり、暮らしに役立てる楽しさを話してくれました。

※オフグリッド:電力会社からの送電を止め、電気を自給すること。「グリッド」とは電力会社から電気が送られてくる「送電線」のことで、「オフグリッド」はその送電線とつながっていない状態。太陽光発電システムなら「オフグリッドソーラー」などと呼びます。

GREEN POWER プロジェクトがソーラーパネルカー「みどり号」お披露目!

『GREEN POWER DRINKS』で再生可能エネルギーについてトークイベントを行なう、左から藤野電力の鈴木俊太郎氏、有限会社スロー代表取締役の小澤陽祐氏、NPOグリーンズ代表理事の鈴木菜央氏

GREEN POWER プロジェクトがソーラーパネルカー「みどり号」お披露目!

『GREEN POWER DRINKS』には、たくさんの再生可能エネルギーに興味のある方々が来ていました

『GREEN POWER(グリーンパワー)プロジェクト』について
「日本をグリーンの力でうごかそう。」というコンセプトのもと、経済産業省資源エネルギー庁が中心となって、平成25年度(2013年度)より官民連携で再生可能エネルギーの普及促進を行っているプロジェクトです。

日本の発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合を大きくしていくために、再生可能エネルギー固定価格買取制度の理解促進のための広報事業について、さまざまな取り組みを行っています。

GREEN POWER プロジェクト
ソーラーパネルカー「みどり号」の活動、詳細情報はコチラ

『GREEN POWER DRINKS』について
日本の再エネの現状、エネルギーも含めた暮らしを手づくりしている人の事例を伝え、来場者同士がつながり、自発的なアクションを生み出してもらうことを目的としたイベント。『GREEN POWER プロジェクト』の一環として実施しています。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200511_present_picoton_00

    プレゼント! お家で楽しむ子供工作の決定版!ピコトン工作キット【豪華3種入り】プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンは、イベ…
  2. 20200501_present_rivet_vegipans_01

    プレゼント!リベットボタンさんのCD、ベジパンズ「おべんとケース」等プレゼント!

    「#子どもたちへ」のページで、おすすめの音楽、映画、絵本を紹介してくれた、あそびクリエーター/アーテ…

注目イベント

  1. 20200601_osusume_nakayama_san_00

    #子どもたちへ 朝日新聞記者(極地記者)

    中山由美さんおすすめ!
    書籍「北極と南極のへぇ〜 くらべてわかる地球のこと」の著書で、第61次南極観測越冬隊に同行し2019…
  2. 20190425_interview_mammoth_kondo_sensei_01

    #子どもたちへ 野尻湖ナウマンゾウ博物館館長

    近藤洋一先生おすすめ!
    大人気の企画展「マンモス展」の古生物学を監修した野尻湖ナウマンゾウ博物館の館長 近藤洋一先生が、ゾウ…
  3. 20200526_osusume_okutani_san_01

    #子どもたちへ Candy Boy

    奥谷知弘さんおすすめ!
    Candy Boyの奥谷知弘さんが「今がんばって積み重ねたものは大人になったときに自分の武器になる」…
  4. 20200520_osusume_omori_kantoku_00

    #子どもたちへ 映画監督

    大森研一監督おすすめ!
    『瀬戸内海賊物語』『海すずめ』の監督で、新作映画『未来へのかたち』の公開を準備中の大森研一監督が、冒…
  5. 20200516_event_CandyBoy_BONBON_01

    2020年5⽉31日(日)までCandy Boy公式YouTubeチャンネルで無料配信!

    公演映像レビュー:BONBON
    フレンチポップをテーマに活動している癒し系男⼦グループ「Candy Boy(キャンディーボーイ)」初…

おすすめスポット

  1. 2018_kamogawa_001

    海の生き物たちと出会える場所、シャチ、ベルーガのパフォーマンスも必見!

    鴨川シーワールド
    太平洋を一望できる房総半島に位置する「鴨川シーワールド」は、“海の世界との出会い” をテーマに、80…
  2. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  3. 20181102_spot_LittlePlanet_01

    東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープン!

    Little Planet(リトルプラネット)× XFLAG ダイバーシティ東京プラザ
    プロジェクションマッピングなどのデジタル技術を活用した知育アトラクションを楽しめる体験型知育デジタル…
  4. 20190331_spot_shaun_02

    2019年3月31日(日)グランドオープン!

    ひつじのショーン ファームガーデン
    クレイアニメーション「ひつじのショーン」の世界観を再現した『ひつじのショーン ファームガーデン』が、…
  5. 202003_spot_streetmusium_01
    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている株式会社ピコトンは、新型コロナウイルスの影響によ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る