子どもの夢の叶え方

第16回 梶裕貴さん×神田沙也加さん(映画「GAMBA ガンバと仲間たち」)

1972年刊行の児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が構想15年、製作期間10年を経て3DCGアニメ『GAMBA ガンバと仲間たち』として2015年10月10日(土)全国公開!声優の梶裕貴さんと神田沙也加さんに映画の見どころを聞きました!(インタビュー:2015年8月30日(日) / TEXT:キッズイベント 高木秀明 PHOTO<梶裕貴さん、神田沙也加さん>:大久保景)
ページ:
1

2

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第16回 梶裕貴さん×神田沙也加さん(映画「GAMBA ガンバと仲間たち」)インタビュー

「ノロイが怖すぎて、私は泣きそうになりました!」と神田沙也加さん。「劇場映画ということで、コンパクトに、スピーディに展開するので、小さなお子さんでも最後まで夢中になって観られるようにつくられているなと感じています」と梶裕貴さん

潮路との再会、また新たな冒険をしてみたい!

ー「ガンバ」でまた冒険ができるとしたら、次はどんな冒険をしたいですか?

梶裕貴さん:やっぱり潮路と再会したいですね。

神田沙也加さん:え、出ていいですか?

梶裕貴さん:もちろん! 冒険のお話なので終わりはないと思いますし、いろいろな冒険を見てみたいですよね。潮路との再会もそうですし、もうちょっと大きくなった彼らも見てみたいなと思います。

ー 今度はヨイショっぽい立場だったり?

梶裕貴さん:そうですね。立場も変わっていくのかなぁ。

ー 神田さんは、ガンバとはどういう再会が理想ですか?

神田沙也加さん:やっぱり島を飛び出した形で、違う場所でお会いできたらいいんじゃないかなと思いますね。でもどういう形かなぁ‥‥。ガンバが迎えに来てくれてもいいですね。「行くよ!」って。

梶裕貴さん:でも絶対、ツブリがいないと行けないですよね(笑)

神田沙也加さん:そこがポイントなんですよね(笑)。今回もツブリがいなかったらっ! もうっ! という存在なので、ぜひガンバ一味に加わってもらって、ワールドワイドに活躍できたらいいですね。

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第16回 梶裕貴さん×神田沙也加さん(映画「GAMBA ガンバと仲間たち」)インタビュー

オオミズナギドリのツブリに乗るガンバと潮路。ツブリの声優は、テレビアニメでガンバの声を務めた野沢雅子さん。この3人(2匹と1羽)の連携は大きな見どころのひとつ! © SHIROGUMI INC., GAMBA

20代最後の作品、30代も、今までと変わらず全力で頑張っていく

ー 梶さんは今29歳で、もうすぐ誕生日。この映画が20代最後の作品かと思うのですが、20代と30代、どう変わっていくと思いますか?

梶裕貴さん:実際にどう変わるかは、なってみないとわかりませんが、20代と30代では心構えというか、意識も変わるかな。でも30代になるにあたっての心の準備もしてきたつもりで、いろいろな先輩方にお伺いしても「30代は楽しかった、楽しいよ」とお答えになられて、でも「20代を一生懸命頑張ってきた人たちだけどね」、という言葉もおまけで付いてくるので、30代が素敵なものになるように、特に20代後半は真摯にお芝居に向き合い、取り組んできたつもりです。仕事のスタイル、プライベートの過ごし方も変わっていくのかなと思っていますが、充実した30代を迎えられればいいですね。

ー 20代の手応えはどうでしたか?

梶裕貴さん:全力でやってきたかな、と思います。後悔はないし、やりたかった、やってみたかったけどご縁のなかった作品もあるわけですが、そういうのも含めて、自分にとって意味のある出会いだったんだと思っています。このまま変わらず、全力で頑張っていきたいと思います。

ー 具体的には30代にはこれをやりたい、やるぞ、というのはありますか?

梶裕貴さん:う〜ん‥‥。作品とは出会いかな、と思っていて、自分の考えや理想はあるけど、それとうまく噛み合うところで、出会うべくして出会うんだろうなと思いながら、何事も一生懸命やることかな、と思っています。

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第16回 梶裕貴さん×神田沙也加さん(映画「GAMBA ガンバと仲間たち」)インタビュー

大人にとってはどこか懐かしく、子どもたちにとってはまったく新しいガンバの物語。2015年秋、日本のエンターテインメントに新たな旋風を巻き起こす!

声優になるために、子どもたちが今できることは?

ー 梶さんは新人の頃「ご飯を食べるのもいっぱいいっぱいで、お芝居になかなか集中できなかった」そうですが、それでも声優を続けてこられたのはなぜですか?

梶裕貴さん:当然、何度も心が折れそうになりましたけど、やっぱり「悔しかった」からですね。まだちゃんと見ていただけていない、評価してもらう前の段階であきらめたらもったいないなと。実際にいろいろと仕事をして、それでもうまくいかない、先が見えないということなら違ったんでしょうけど、まだちゃんと見てもらえていないし、もっとできるはずだと自分の力を信じていました。

ー 神田さんは声優をはじめ舞台やテレビなどでも活躍されています。声だけと、自らが出て演技するのでは、気持ちや役に対する考え方、取り組み方は変えているんでしょうか?

神田沙也加さん:お客様がいらっしゃる空間と、お見せしたいもの、そのサイズ感や距離感によって取り組み方は変えています。たとえば大きな劇場でのミュージカル。だいたいみなさんに「ミュージカルのイメージは?」って聞くと「(身振りをつけて)わたしは〜♪」みたいになりますが、それはそういうイメージでやっているのではなくて、空間に合わせると必然的にそうなるんです。

大きな劇場で最後列から舞台を見ても豆粒くらいにしか人が見えないときに、ちょっと眉毛を動かして顔の表情を変えても伝わりません。そんな視覚に頼れないなかでは、声色を考えるんです。これはお芝居とアフレコで共通しているところで、お芝居をしていて、すごく役立っているかなと感じます。なのでその場で求められているスケールというものを、常に読むようにしています。

ー 声優を目指している子どもたちへのアドバイスをお願いします。

梶裕貴さん:僕は中学から声優を目指していて、声優になるということを中心に学校生活やアルバイトをしてきました。それはそれで大事なことだと思うのですが、でもそれだけにならないで、いろいろなことに興味を持ってやってみるのがいいと思っています。それこそ学校生活は学生時代にしか経験できないことですし、その経験は声優という仕事に役立つことがあるかもしれません。声優になるためにこれだけしかしない、と頑なにならずに、そのときそのとき、いろいろなことに幅広く挑戦したり、体験したり、感じる感性を育てるのが一番いいかなと思っています。

ー 神田さんのように活躍したいと思っている子どもは、何から勉強したり、どのように目指したらいいですか?

神田沙也加さん:今のうちに、興味のあるものを深く知っておいた方がいいと思います。習い事も、やりたくてやっていることばかりではないと思うのですが、習ったこととか、そこでの先生との出会いやお話などで得た知識や経験は、大人になったときに“得にしかなっていない”というか。特技ってもちろん多ければ多いほどいいし、それで人のことを喜ばすことができるんですよ。それはすごくおもしろいことなんだ、ということを、今のうちにわかったうえで、好きなことに取り組んでもらえたらと思います。

インタビュー後記

「バタバタで大変ですね」と気遣ってくれた神田沙也加さん。しかし大変なのは神田沙也加さんと梶裕貴さんの方。インタビュー前は朝からイベントに出演し子どもたちとの撮影会をやったり、完成披露試写会で舞台挨拶をし、このあとまだいくつものインタビューが控えている。

「ガンバ」は、そのストーリーはほとんど覚えていないのですが、子どものころテレビアニメを観ていました。そのころと比べかなりスリムになったガンバが軽やかにスクリーン上を駆け巡るこの映画は、梶裕貴さんもおっしゃるように日本のアニメーションの底力を感じさせてくれるとともに、小さなガンバたちが強大な敵に立ち向かう姿に、子どもたちはきっと夢中になることでしょう。そして大人たちには幼い頃の気持ちを思い出させてくれる、親子で一緒に楽しめる映画になっています。

今や人気・実力ともNo.1の若手声優となった梶裕貴さん、声優はもちろん、舞台やテレビなど多方面でも活躍している神田沙也加さん。2人とも目標を設定し、その実現に向かって真摯に努力できる、その意思の力があるからこそ、今活躍しているんだなと感じました。

20150830_interview_kaji_prof梶裕貴(かじ ゆうき)

1985年9月3日生まれ。「進撃の巨人」(エレン・イェーガー役)、「ワールドトリガー」(三雲修役)、「七つの大罪」(メリオダス役)、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』(フユニャン役)など。第7回、第8回声優アワード主演男優賞を受賞。

20150830_interview_kanda_prof神田沙也加(かんだ さやか)

1986年10月1日生まれ。「レ・ミゼラブル」他、数多くのミュージカルに出演。透明感のある歌声と演技力に定評がある。国民的大ヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』日本語吹替版でアナ役を担当し、第9回声優アワード主演女優賞を受賞。

ページ:
1

2

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200124_present_CATS_01

    プレゼント!映画『キャッツ』オリジナルグッズ プレゼント!

    ミュージカルの金字塔「キャッツ」が実写映画化、2020年1月24日(金)に全国ロードショー!映画『キ…

注目イベント

  1. 20200124_movie_CATS_08

    2020年1月24日(金)全国ロードショー!

    映画レビュー:キャッツ(2D・字幕版/日本語吹替版)
    世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」が、超豪華キャストで実写映画化、2020年1月2…
  2. 20200116_report_energiewenden_09

    2020年3月29日(日)まで日本科学未来館で開催!

    「どうする!?エネルギー大転換」展に行ってきた!
    2017年にドイツ博物館で開催し約68万人が来場した企画展「どうする!?エネルギー大転換」展が202…
  3. 20170203_event_mamemaki_ikegami_01

    50mの大桟敷から豆まき! 令和2年 池上本門寺「節分追儺式」

    池上本門寺「節分追儺式」
    2020年2月3日(月)に「池上本門寺」で節分追儺式が開催。境内に特設した50メートルの大桟敷から、…
  4. Taika Waititi and Roman Griffin Davis in the film JOJO RABBIT. Photo by Kimberley French. © 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
    タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』が2020年1月17日(金)全国公開!第二次世界…
  5. 20200131_movie_AI_houkai_01

    2020年1月31日(金)全国ロードショー!

    映画レビュー:AI崩壊
    『キングダム』の大沢たかお主演、大ヒットした映画『22年目の告白 -私が殺人犯です- 』の入江悠監督…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  2. 20190713_spot_ITADAKI_06

    生駒山上遊園地にボーネルンドプロデュースの屋外あそび場

    PLAY PEAK ITADAKI(プレイ ピーク イタダキ)
    生駒山上遊園地では、2019年7月13日(土)に株式会社ボーネルンドが設計および監修を手がける国内最…
  3. 202004_spot_TONDEMI_YOKOSUKA_01

    横須賀の新ランドマーク「Coaska Bayside Stores」に2020年4月下旬オープン!

    SPACE ATHLETIC “TONDEMI YOKOSUKA”(スペース アスレチック トンデミ ヨコスカ)
    都市型アスレチック施設『SPACE ATHLETIC “TONDEMI YOKOSUKA”(スペース…
  4. 2020summer_spot_mizoo_01

    2020年夏、川崎駅前に水族館が開業!

    mizoo(ミズー)川崎水族館
    世界の美しい水辺を五感で感じる新感覚エンターテインメント水族館「mizoo(ミズー)川崎水族館」が、…
  5. 202020425_spot_SMALL_WORLDS_TOKYO_11

    世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパークが2020年4月25日(土)グランドオープン!

    SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズTOKYO)
    世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズTO…

アーカイブ

ページ上部へ戻る