2018年6月19日(火)〜9月24日(月・休)まで国立西洋美術館で開催!

ミケランジェロと理想の身体

ミケランジェロの傑作《ダヴィデ=アポロ》が初来日!展覧会「ミケランジェロと理想の身体」が2018年6月19日(火)〜9月24日(月・休)まで国立西洋美術館で開催!

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》 1530年頃 バルジェッロ国立美術館蔵 Florence, Museo Nazionale del Bargello On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities.

ミケランジェロの傑作《ダヴィデ=アポロ》が初来日!
作品約70点で “理想の身体美” に迫る!

彫刻、絵画、建築の各分野で名をなし、“神のごとき” と称された男、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475〜1564)。東京・上野公園の国立西洋美術館では、2018年6月19日(火)〜9月24日(月・休)まで、展覧会「ミケランジェロと理想の身体」を開催します。

本展では、世界に全部で約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作《ダヴィデ=アポロ》を日本初公開するとともに、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点により、ミケランジェロや当時の芸術家たちが創りあげた、理想の身体美の表現に迫ります。

ミケランジェロをはじめルネサンスの芸術は古代ギリシャ・ローマ美術を源に発展しましたが、なかでも男性の裸体表現は人体の理想像として大きな影響を与えました。

本展では、大理石およびブロンズ彫刻、壁画、油彩、素描、陶器など、日本初公開を含むさまざまな作品を展示。「幼少期から青年期の男性表現」「アスリートと戦士」「神々と英雄」などの切り口で男性美の表現を捉えるとともに、ミケランジェロに影響を与えた古代作品、そしてミケランジェロから影響を受けたルネサンス作品を紹介します。

ミケランジェロの傑作《ダヴィデ=アポロ》、3つの謎!

ミケランジェロの傑作《ダヴィデ=アポロ》が初来日!展覧会「ミケランジェロと理想の身体」が2018年6月19日(火)〜9月24日(月・休)まで国立西洋美術館で開催!

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》 1530年頃 バルジェッロ国立美術館蔵 Florence, Museo Nazionale del Bargello On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities.

① ダヴィデか? アポロか?
聖書の英雄ダヴィデなのか、ギリシャの神アポロなのか、この作品の主題は、ミケランジェロの生前から解釈がわかれていた。その原因はふたつある。ひとつは、ミケランジェロが作品の一部を未完のまま残したこと、もうひとつは、ダヴィデとアポロの必殺技が共に飛び道具だったことだ。

《ダヴィデ=アポロ》は左手を背中の方にぐいと伸ばして、背中にしょった飛び道具を取ろうとしている。だがそこにあるのは武器ではなく、手つかずの石の塊。ダヴィデがゴリアテを仕留めた投石器か、弓の名手だったアポロの矢筒か。飛び道具の正体は、ミケランジェロによって大理石の内に謎として残された。

② 古代の伝統か? ミケランジェロによる革新か?
頭から足下に向かってゆるやかなS字カーブを描くかのような、しなやかな身体の湾曲。片側の足に重心をかけるこの姿勢は、古代ギリシャ彫刻の古典的なポーズ、コントラポストだ。

しかし、古代の規範に従うなら、左足重心なら右腕に動きをつけ、もう一方の右足と左腕をリラックスさせることにより、緊張と弛緩が対角線で交差するのに、《ダヴィデ=アポロ》の場合には左足に重心をおき、左腕を上げている。大きく振り上げた左腕によって上半身がねじれ、前に突き出された右脚は、下半身に上半身とは逆方向のねじれを生み出している。身体全体が螺旋を描く大胆なポーズ。今やそこには《ダヴィデ=アポロ》の官能の美が漂う。ミケランジェロは、古代彫刻にのっとりながら独自の美を昇華させたのだ。

③ 未完か? 完成か?
完成を待たずにミケランジェロがフィレンツェを離れローマに赴いたため、未完のままとなった《ダヴィデ=アポロ》。表面には無数のノミ跡が残り、ミケランジェロの彫刻技法の秘密を伝える。しかし、この作品は本当に「未完」なのか。「どんな石の塊も内部に彫像を秘めている。それを発見するのが彫刻家の仕事だ」と語ったミケランジェロにとって、彫られるべき内部の像は、すでに彫り出されていたのかもしれない。

ミケランジェロ・ブオナローティ(1475〜1564)

イタリア・ルネサンスの芸術家。彫刻、絵画、建築の各分野で第一級の作品を残したが、ミケランジェロ自身は自らを「彫刻家」と呼んだ。「天井画は私の本業ではないので、時間の浪費です」という本人の言葉からもわかるとおり、ミケランジェロ芸術の神髄は彫刻にある。代表作はフィレンツェ・アカデミア美術館の《ダヴィデ》、サン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》。

イベント名
ミケランジェロと理想の身体
開催期間
2018年6月19日(火) ~ 2018年9月24日(月・振)
休館日
月曜日、2018年7月17日(火)
※ただし、2018年7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館
開催時間
9:30〜17:30(金、土曜日は21:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)
アクセス
・JR「上野」駅下車(公園口出口)徒歩1分
・京成電鉄「京成上野」駅下車 徒歩7分
・東京メトロ銀座線「上野」駅下車 徒歩8分
・東京メトロ日比谷線「上野」駅下車 徒歩8分
料金
・一般:1,600円(1,400円)
・大学生:1,200円(1,000円)
・高校生:800円(600円)
※中学生以下は無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※前売券は 2018年6月18日(月)まで展覧会公式サイト、主要プレイガイドにて販売(手数料がかかる場合があります)。国立西洋美術館では開館日のみ、2018年6月17日(日)まで販売
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
駐車場
※美術館には駐車場はありません。
主催者名
主催:国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
後援:外務省、イタリア大使館
協賛:大日本印刷
協力:アリタリア - イタリア航空、日本貨物航空、西洋美術振興財団

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20180703_event_JOMON_01

    プレゼント! 縄文の “国宝” 全6件集結!特別展「縄文 – 1万年の美の鼓動」無料観覧券プレゼント!

    史上初! 縄文の “国宝” 全6件集結!「縄文の美」が集結する特別展「縄文 - 1万年の美の鼓動」が…
  2. ロゴ切抜き(完了)

    プレゼント!「親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館」ご招待券プレゼント!

    東京国立博物館は2018年夏のファミリー向け企画でNHK Eテレの番組「びじゅチューン!」とのコラボ…

注目イベント

  1. 20180611_report_team_Lab_museum_00

    2018年6月21日(木)にオープン! 森ビルとチームラボのデジタルアートミュージアム

    「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless(チームラボボーダレス)」に行ってきた!
    森ビルとチームラボが共同で運営するデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGIT…
  2. 20180614_report_manjiro_11

    溝口琢矢さんらが熱演! 2018年6月24日(日)までEXシアター六本木で上演!

    もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第6弾 舞台「ジョン万次郎」開演!
    教科書には載らないような歴史上の出来事をエンターテインメントにして表現する「もっと歴史を深く知りたく…
  3. 20180614_report_manjiro_kakomi_01

    溝口琢矢さん、荒木宏文さん、石原壮馬さん、正木郁さん、山下聖菜さん、細貝圭さんら主要キャストが見どころ紹介!

    舞台「ジョン万次郎」主演・溝口琢矢さん「僕らの勇姿を観に来て!」
    教科書には載らない歴史上の出来事をエンターテインメントにして表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシ…
  4. 20180525_report_JXTG_01

    2018年5月31日(木)まで「心のふれあい」がテーマの作品募集中!

    「第49回 JXTG童話賞」で童話創作 特別授業が実施!
    石油などのエネルギーを扱うJXTGホールディングス株式会社は2018年5月31日(木)まで「第49回…
  5. 20180513_report_JUMPJAM_02

    2018年6月から都内32ヵ所の児童館で誰もが体験できる!

    ナイキの運動遊びプログラム『JUMP-JAM Park』開催!
    子どもたちが遊びながら自己肯定感や社会的スキル、運動能力を養なえる「ナイキ」の運動遊びプログラム「J…

おすすめスポット

  1. 20180313_spot_HUGHUG_03

    日本最大級のネット遊具を供える屋内施設が2018年3月13日(火)オープン!

    京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
    2018年3月13日(火)、京王線多摩動物公園駅前に子供向け全天候型遊戯施設「京王あそびの森 HUG…
  2. 20180317_spot_foretaventure_chiba_01

    2018年3月17日(土)オープンのアドベンチャー施設

    フォレストアドベンチャー・千葉
    樹上での大冒険が楽しめる「フォレストアドベンチャー・千葉」が2018年3月17日(土)、さくら名所百…
  3. 2018_spot_2021_odakyu_01

    “子ども” も “大人” も楽しめる鉄道ミュージアム

    ロマンスカーミュージアム
    小田急電鉄は2021年春、「海老名駅」の隣接地に小田急の魅力が詰まった、子どもも大人も楽しめる鉄道ミ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る