2021年7月16日(金)開業! 新感覚の体験型デジタルミュージアム

ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像ページをめくるように “めぐる”!?
“地球の自然” が凝縮された、生きるミュージアム

図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会うことができる新感覚の体験型施設『ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO』が、2021年7月16日(金)に東急プラザ銀座6Fに開業!

【体験レポート】ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEOに行ってきた!




ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO』は、デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その息吹を感じ、さらにほかの生き物との出会いに歩みを進める、そんな世界に没入できる新感覚の体験型施設です。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

来場者は「小学館の図鑑NEOシリーズ」からピックアップした生き物が “デジタル” で可視化される世界に入り込み、図鑑書籍だけでは伝えきれないリアルな生態系、ひいては “自然” を体感し学ぶことができます。

施設の中では24時間という時間の経過や天候の変動など、リアルな地球上における環境の変化を表現できるように設計され、空間や時間の経過とともにリアルな “地球の自然” を体感し、学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつくる」ことをめざした新感覚の体験型施設です。

発見の連続で知的好奇心を掻き立て、体験前後で “地球の自然” に対する価値観やマインドを変える、新しい “アカデミック・エンターテインメント” です。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

5つのゾーンで構成

アントビューゾーン
雑木林で普段見られる生き物が現れます。よく知った林の中や生き物でも、アリの目線で探検すると、見るものすべてが巨大で、新しい発見や驚きが体験できます。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

ウォーターフォールゾーン
豊かな水を有する日本らしい、美しい川を象徴する生き物たちが現れます。昼の美しい風景や、夜の幻想的な光景を楽しんでください。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

ディープフォレストゾーン
暖かい地域のうっそうとした森や、寒い地域の針葉樹の生えた森などに住む生き物が現れます。森林を立体的に活用する、生き物たちのくらしに注目です。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

アンダーウォーターゾーン
世界各地の様々な淡水に暮らしている、大きな生き物や不思議な生き物が現れます。中には、びっくりさせないと姿を見せない生き物もいます。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

ワイルドフィールドゾーン
サバンナのように背の高い草が広がる草原や、草がまばらに生えた乾燥地帯にすむ生き物が現れます。ここでは、突然の雨が降り、それにより姿を見せる生き物もいます。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

「小学館の図鑑NEO」とは?

小学館の図鑑NEO」は、小学館から発売されている図鑑シリーズで、累計発行部数約1,100万部を超える小学館の看板書籍です。小学館創業80周年企画として2002年に刊行されました。『小学館の図鑑NEO』の「NEO」の由来は、Nature(自然と生き物)、Earth(地球と宇宙の)、Origin(起源をたずねて)の頭文字からとっています。

施設名
ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO
施設名かな
ずかん みゅーじあむ ぎんざ ぱわーど ばい しょうがっかんのずかんねお
住所
104-0061
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 6F
アクセス
・銀座線「銀座」駅 C2・C3出口徒歩約1分
・丸ノ内線「銀座」駅 C2・C3出口徒歩約1分
・日比谷線「銀座」駅 C2・C3出口徒歩約1分
・日比谷線「日比谷」駅 A1出口徒歩約2分
・千代田線「日比谷」駅 A1出口徒歩約2分
・都営三田線「日比谷」駅 A1出口徒歩約2分
・JR山手線「有楽町」駅 銀座口徒歩約4分
・京浜東北線「有楽町」駅 銀座口徒歩約4分
営業時間
11:00~20:00 ※予定
定休日
東急プラザ銀座の休館日に準ずる ※1月1日と年1回の不定期休
料金
・大人:2,500円
・中高生:1,700円
・小学生:1,200円
・3歳以上小学生未満:900円
※3歳未満:無料
駐車場
310円/30分
その他
主催:ずかんミュージアム有限責任事業組合(佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社)
OFUSEで支援する

記事が役に立ったという方はご支援くださいますと幸いです。上のボタンからOFUSE経由で寄付が可能です。コンテンツ充実のために活用させていただきます。

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20240719_movie_tosochu_06

    プレゼント!JO1とFANTASTICSが競演!逃走中 THE MOVIE「ハンターグローブ」プレゼント!

    子どもたちに大人気のバラエティ番組「逃走中」。その「逃走中」が20周年という節目にドラマ映画化!『逃…
  2. 20240722_present_rakugakids_01

    プレゼント!南砂町SUNAMO店、海老名ビナウォーク店オープン記念!「あそんで!そだてる!らくがキッズ」親子ペアご招待チケット プレゼント!

    雨でも子どもたちが思いきり身体を動かして遊べる施設「あそんで!そだてる!らくがキッズ」の南砂町SUN…

注目イベント

  1. リリース用KV_0620pm_fix_ol

    2024年7月20日(土)〜9月1日(日)コレド室町および日本橋エリアで開催!

    月面ワンダー ~日本橋に月をつくってみた~
    人類未体験の “ムーン” エンターテインメント「月面ワンダー ~日本橋に月をつくってみた~」が、20…
  2. 「オバケ?」展 の画像

    2024年7月13日(土)〜 9月29日(日)PLAY! MUSEUMで開催!

    「オバケ?」展 親子体験レポート!
    絵本、漫画、落語、アニメーション、音楽、写真などで楽しむ、オバケの不思議が大集合の「オバケ?」展が2…
  3. 20240712_report_konchuten_00

    2024年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「昆虫MANIAC(昆虫マニアック)」体験レポート!
    国立科学博物館の研究者によるマニアックな視点と昆虫標本に最新の昆虫研究を織り交ぜ、カブトムシやクワガ…
  4. 20240710_report_giantdinos_00
    全長約37メートル、世界最大級の巨大竜脚類「パタゴティタン・マヨルム」の全身復元骨格を展示する「巨大…
  5. 20240726_event_NAKED_OMATSURI_01

    2024年7月26日(金)〜8月16日(日)丸ビル(東京駅直結)で開催!

    NAKED “OMATSURI” Eat, Play, and Dance!(ネイキッド おまつり)
    東京タワー、新宿御苑など東京を代表するスポットで新体験を生み出してきたNAKED, INC.(ネイキ…

おすすめスポット

  1. 20221031_report_dokuten_01

    2022年11月1日(火)~2023年2月19日(日)国立科学博物館で開催! 科博 “初”!「毒」をテーマにした特別展

    特別展「毒」イベントレポート!
    国立科学博物館初となる「毒」をテーマにした特別展「毒」が2022年11月1日(火)から開催!内覧会に…
  2. 20200629_report_kurage_sunshain_02

    2020年7月9日(木)サンシャイン水族館に癒しの大水槽が誕生!

    新クラゲエリア「海月空感(くらげくうかん)」オープン!
    サンシャイン水族館の大型リニューアル第3弾、“クラゲ” をメインにした新エリア「海月空感(くらげくう…
  3. 2019101024_report_SHIBUYA_SCRAMBLE_SQUARE_01
    渋谷エリアでもっとも高い屋上展望空間を持つ大型複合施設「渋谷スクランブルスクエア第 I 期(東棟)」…
  4. 20230819_event_funfun_00
    子どもたちの自己肯定感を育み、大人たちには子どもたちの無限の可能性に気づくリアルイベント『あそビバ …
  5. 20190315_spot_UNKO_01

    2019年3月15日(金)横浜駅東口アソビル2Fに期間限定オープン!

    うんこミュージアム YOKOHAMA
    UNKO(うんこ)が紡ぐ新感覚アミューズメント空間「うんこミュージアム YOKOHAMA」が、201…

アーカイブ

ページ上部へ戻る