2021年7月16日(金)開業! 新感覚の体験型デジタルミュージアム

ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像ページをめくるように “めぐる”!?
“地球の自然” が凝縮された、生きるミュージアム

図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会うことができる新感覚の体験型施設『ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO』が、2021年7月16日(金)に東急プラザ銀座6Fに開業!

【体験レポート】ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEOに行ってきた!




ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO』は、デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その息吹を感じ、さらにほかの生き物との出会いに歩みを進める、そんな世界に没入できる新感覚の体験型施設です。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

来場者は「小学館の図鑑NEOシリーズ」からピックアップした生き物が “デジタル” で可視化される世界に入り込み、図鑑書籍だけでは伝えきれないリアルな生態系、ひいては “自然” を体感し学ぶことができます。

施設の中では24時間という時間の経過や天候の変動など、リアルな地球上における環境の変化を表現できるように設計され、空間や時間の経過とともにリアルな “地球の自然” を体感し、学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつくる」ことをめざした新感覚の体験型施設です。

発見の連続で知的好奇心を掻き立て、体験前後で “地球の自然” に対する価値観やマインドを変える、新しい “アカデミック・エンターテインメント” です。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

5つのゾーンで構成

アントビューゾーン
雑木林で普段見られる生き物が現れます。よく知った林の中や生き物でも、アリの目線で探検すると、見るものすべてが巨大で、新しい発見や驚きが体験できます。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

ウォーターフォールゾーン
豊かな水を有する日本らしい、美しい川を象徴する生き物たちが現れます。昼の美しい風景や、夜の幻想的な光景を楽しんでください。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

ディープフォレストゾーン
暖かい地域のうっそうとした森や、寒い地域の針葉樹の生えた森などに住む生き物が現れます。森林を立体的に活用する、生き物たちのくらしに注目です。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

アンダーウォーターゾーン
世界各地の様々な淡水に暮らしている、大きな生き物や不思議な生き物が現れます。中には、びっくりさせないと姿を見せない生き物もいます。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

ワイルドフィールドゾーン
サバンナのように背の高い草が広がる草原や、草がまばらに生えた乾燥地帯にすむ生き物が現れます。ここでは、突然の雨が降り、それにより姿を見せる生き物もいます。

新感覚の体験型デジタルミュージアム『ずかんミュージアム』の画像

「小学館の図鑑NEO」とは?

小学館の図鑑NEO」は、小学館から発売されている図鑑シリーズで、累計発行部数約1,100万部を超える小学館の看板書籍です。小学館創業80周年企画として2002年に刊行されました。『小学館の図鑑NEO』の「NEO」の由来は、Nature(自然と生き物)、Earth(地球と宇宙の)、Origin(起源をたずねて)の頭文字からとっています。

施設名
ずかんミュージアム(ZUKAN MUSEUM GINZA)powered by 小学館の図鑑NEO
施設名かな
ずかん みゅーじあむ ぎんざ ぱわーど ばい しょうがっかんのずかんねお
住所
104-0061
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 6F
アクセス
・銀座線「銀座」駅 C2・C3出口徒歩約1分
・丸ノ内線「銀座」駅 C2・C3出口徒歩約1分
・日比谷線「銀座」駅 C2・C3出口徒歩約1分
・日比谷線「日比谷」駅 A1出口徒歩約2分
・千代田線「日比谷」駅 A1出口徒歩約2分
・都営三田線「日比谷」駅 A1出口徒歩約2分
・JR山手線「有楽町」駅 銀座口徒歩約4分
・京浜東北線「有楽町」駅 銀座口徒歩約4分
営業時間
11:00~20:00 ※予定
定休日
東急プラザ銀座の休館日に準ずる ※1月1日と年1回の不定期休
料金
・大人:2,500円
・中高生:1,700円
・小学生:1,200円
・3歳以上小学生未満:900円
※3歳未満:無料
駐車場
310円/30分
その他
主催:ずかんミュージアム有限責任事業組合(佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社)

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20221223_movie_kagaminokojo_01

    抽選で試写会ご招待!160万人が涙した感動のファンタジーミステリー!アニメ『かがみの孤城』試写会ご招待!

    作家・辻村深月の最高傑作とも評されるベストセラー小説『かがみの孤城』が待望の劇場アニメ化!『かがみの…

注目イベント

  1. 20221223_movie_kagaminokojo_01

    2022年12月23日(金)全国ロードショー! 辻村深月ベストセラー小説の劇場アニメ!

    アニメ『かがみの孤城』試写会ご招待!
    作家・辻村深月の最高傑作とも評されるベストセラー小説『かがみの孤城』が待望の劇場アニメ化!『かがみの…
  2. 20221111_event_WINTERRISE_02

    冬の一大イベントに子どもとお出かけ!

    2022年クリスマスイベント
    子どもと一緒に楽しめる2022年のクリスマスイベントを紹介! サンタクロースがやってきたりワークショ…
  3. 20221021_report_ilumorinooto_06

    冬の子どもとのお出かけに大人気!

    2022年イルミネーション
    冬の子どもとのお出かけ先として大人気!2022年のイルミネーションを紹介!12月25日(日)まではク…
  4. Rider_2022winter_teaser_newlogo_yoko

    この冬休み、子どもと一緒に映画に行こう!

    2022年冬休みおすすめ映画
    子どもと一緒に楽しめるおすすめの冬休み映画を紹介!新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』、人気児童書の…
  5. 20221021_report_ilumorinooto_10

    2023年1月9日(月・祝)までムーミンバレーパークで開催!

    ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~ 体験レポート!
    イルミネーション×森×音の冬季ナイトイベント『ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~』が202…

おすすめスポット

  1. 20200715_report_sumida_03

    日本最大級! 500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽が登場!

    「すみだ水族館」が大規模リニューアルオープン!
    日本最大級となる500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽「ビックシャーレ」が登場!通常はバッ…
  2. 20190914_spot_bears_00

    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」× 屋内あそび場!

    くまのがっこうあそびひろば
    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の子供向けインドアプレイグラウンド『くまのがっこうあそびひろば』…
  3. 20220113_report_pompei_00

    2022年4月3日(日)まで東京国立博物館で開催!

    特別展「ポンペイ」開催!
    ヴェスヴィオ山の大噴火により一夜にして埋没した古代都市ポンペイをテーマとした特別展「ポンペイ」が、東…
  4. 201610_facilities_tokyotower_01

    東京のシンボル、高さ333メートルの日本一の観光名所

    東京タワー
    1958年末に東京地区の総合電波塔として港区芝公園に建設された東京タワーは、東京のシンボル、観光名所…
  5. 20220722_report_TIMEDIVER_t12
    圧倒的な“恐竜体験”ができるライブエンターテインメント「DINO-A-LIVE PREMIUM TI…

アーカイブ

ページ上部へ戻る