2017年9月3日(日)まで幕張メッセで開催!

「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

2017年9月3日(日)まで幕張メッセで開催中の『ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-』の内覧会が7月14日(金)に行なわれました。『ギガ恐竜展2017』では地球史上もっとも大きな陸上動物ルヤンゴサウルスをはじめ、共食い説を裏付けるティラノサウルスの全身復元骨格など、日本初公開を含む多数の恐竜の全身復元骨格や化石標本、生態モデルやロボットなどを展示しています。

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

超巨大恐竜ルヤンゴサウルス日本初公開!

2015年に開催し好評を博した「メガ恐竜展」がスケールアップした今回の『ギガ恐竜展2017』。世界最大の超巨大恐竜ルヤンゴサウルスはもちろん “ギガ” 級ですが、全身骨格が85体展示されるなど、展示している恐竜の数もギガ級。子どもたちから圧倒的な人気を誇るティラノサウルスやトリケラトプスはもちろん、日本で繁栄した恐竜も展示。子どもたちが知っている、子どもたちが見たいと思う恐竜がすべて揃っている展覧会です。

さらに恐竜は2億3,000万年前から6,600万年前までの約1億6,000万年ほどこの地球上で栄えましたが、どんな恐竜がいて、どのような多様性があり、なぜ恐竜がこれほどの長きにわたり繁栄できたのかも紹介しています。過去の生物の多様性、進化、繁栄の謎が解ければ、今後、われわれ哺乳類を含めた人間の繁栄の鍵になるかもしれません。

「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」は、2017年9月3日(日)まで幕張メッセで開催!

【イベント紹介】2017年7月15日(土)〜2017年9月3日(日)ギガ恐竜展2017 ー地球の絶対王者のなぞー
【イベントレポート】2015年に開催された「メガ恐竜展2015 -巨大化の謎にせまる-」
【体験レポート】ヨーロッパ最大の恐竜「トゥリアサウルス」がマルキューブに出現!

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

『ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-』の監修を務めた、写真右から福井県立恐竜博物館主任研究員 柴田正輝氏、中国地質科学院研究所教授 ルヤンゴサウルス研究者 呂 君昌(ル・ジュンチャン)氏、ニューメキシコ自然史科学博物館 古生物学 学芸員 トーマス・E・ウィリアムソン氏

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

音声ガイドを務めた横山だいすけさんが登場! ルヤンゴサウルスの大きさに圧倒され、小さい頃はじめて恐竜展で恐竜の化石を見たときの驚きや感動を思い出したそう。「見どころがたくさんある」と『ギガ恐竜展2017』を紹介

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

福井県立恐竜博物館主任研究員 柴田正輝氏(写真左)と横山だいすけさん。ルヤンゴサウルスの大きさがよくわかります

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

大型竜脚類では体のすべてが保存されていることは少ないけれど、このルヤンゴサウルスはもっとも保存状態のよいものだそう。「運よく胴椎がつながったものが発見された」と、ルヤンゴサウルス研究者 呂 君昌(ル・ジュンチャン)氏

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

見つかった骨から全身を復元した結果、このルヤンゴサウルスは頭の先から尻尾の先までの全長は約38.1メートル、頭の高さは12〜14メートルと考えられているそう。胴椎に加えて腰骨や約2.3メートルもある巨大な大腿骨も発見されました

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

ニューメキシコで発見された「ビスタヒエベルソル」は、ティラノサウルスの仲間でティラノサウルスよりも1,000万年前の地層から発見。ティラノサウルスへどのように進化していったかを知るうえで重要な発見と、ニューメキシコ自然史科学博物館 古生物学 学芸員 トーマス・E・ウィリアムソン氏

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

全長は10メートルほどと考えられている「ビスタヒエベルソル」。ティラノサウルスは頭が大きく前足は非常に小さいが、「ビスタヒエベルソル」は顔の大きさに対して比較的大きな前足を持つ。ティラノサウルスへの進化の過程での形体的な変化も示している

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

「ワイレックス」という愛称で呼ばれているティラノサウルス、日本初公開。2002年に米モンタナ州で発見された。皮膚自体は化石にならないが、皮膚の形が地面に残った皮膚の印象化石も発見された。最近、ティラノサウルスは羽毛をつけた状態で復元されることが多く、古いタイプのものは羽毛を持っていたのは中国の標本からもほぼ確実だが、これほど大型化したときには、羽毛はたてがみ程度に持っていたかもしれないが、全身が羽毛で覆われていたということはないと言われています

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

「ワイレックス」には途中から尻尾がなく、ティラノサウルスに尾を食いちぎられ、そのあと感染症を発症して死んでしまったと考えられている。アメリカで見つかっている他のティラノサウルスの骨にも大きな肉食恐竜の歯形が付いているものがあり、当時、ティラノサウルスを襲う肉食恐竜はティラノサウルスしかいないので、共食いしていたと考えられる

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

ティラノサウルスの前足は指が2本だが、このワイレックスは指が3本。中手骨という小さな骨がある。2本指になる進化の過程の証拠だ

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

広い会場に大きな恐竜。目の前にすると圧倒される大きさ。これに肉がつき動いていたら、ものすごい迫力だ

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

さまざまな形をしたフリルや長い角を発達させた角竜類

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

トリケラトプスの角の成長の様子。ティラノサウルスと戦うときの武器と考えられていたが‥‥

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

トリケラトプスの角は凶暴なティラノサウルスに対抗する武器と考えられていましたが、反撃するためのものではなく、大人と子どもを区別するための視覚的な区別のしるしとする説が出てきました

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

頭骨にもさまざまな種類がある。頭突きをするためと考えられていたが、頭突きはしなかったという新たな仮説も出てきました

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

大型オビラプトロサウルス類の胚化石「ベイベイロン・シネンシス」、愛称は「ベイビー・ルイ」。発見されたのは20年以上前でナショナルジオグラフィックの表紙を飾ったこともあるが、学名がついたのは2017年5月

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

日本で繁栄した恐竜のコーナーも。日本では北海道から鹿児島まで19道県で恐竜の化石が発見されている

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

恐竜の絶滅は、約6,600万年前の隕石の衝突とされています。その衝突の痕跡は約6,600万年前の地層「K/Pg層」で見られます。この境界より上の地層から恐竜は発見されていない

子供たちが大好きティラノサウルスも!夏休みに開催「ギガ恐竜展2017 -地球の絶対王者のなぞ-」に行ってきた!

恐竜に食べられちゃう!? トリックアートで記念撮影!

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20171024_event_gogh_00

    プレゼント! 2017年10月24日(火)まで東京都美術館で開催!「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」ご招待券プレゼント!

    2017年10月24日(火)〜2018年1月8日(月・祝)まで、東京都美術館にて「ゴッホ展 巡りゆく…
  2. sss

    2017年10月21日(土)から国立西洋美術館で開催!「北斎とジャポニスム」招待券プレゼント!

    北斎の画とモネやドガ、セザンヌ、ゴーガンなど、北斎の影響を受けた西洋美術を比較展示する展覧会「北斎と…

注目イベント

  1. 20170929_event_cava_01

    1,800名様を無料ご招待! 子どもたちに贈るパントマイム音楽劇

    10/22(日)開演「ぼくをさがしに 〜言葉のない世界への旅〜」の稽古場に潜入!
    1,800名の観覧者を募集中!2017年10月22日(日)開演の親子で楽しめるパントマイム音楽劇「ぼ…
  2. 20170903_report_Da_Vinci_000

    楽しみながら数理感性・非認知能力を磨く無料のイベント

    「ダヴィンチ☆マスターズ」開催!
    ゲームや実験を通して科学や数理への興味を抱くきっかけづくりを行なうイベント「ダヴィンチ☆マスターズ」…
  3. 20171123_movie_gifted_01

    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー!

    映画レビュー『gifted/ギフテッド』(2D・字幕版)
    特別な才能を持つ7歳の少女の育て方をめぐり、子どもにとってのいい環境、幸せについて、親ならば誰もが悩…
  4. A DOG'S PURPOSE

    2017年9月29日(金)全国ロードショー!

    映画レビュー『僕のワンダフル・ライフ』(2D・字幕版)
    犬を飼い、看取った経験のある人は、常にこの映画のような再会を願っているんじゃないだろうか。…
  5. 201709_movie_dream_02

    2017年9月29日(金)勇気と感動のロードショー!

    映画レビュー『ドリーム』(2D・字幕版)
    人種差別がいまより激しかった時代、アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」を成功に導いた3人の黒…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  2. 201610_facilities_cupnoodles_museum_01

    20世紀の大発明! インスタントラーメンの体験型ミュージアム

    カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
    日清食品創業者でインスタントラーメン発明者、安藤百福氏の『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』…
  3. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
ページ上部へ戻る