哀川翔流、ギネス級カブトムシの育て方も!

「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」に行ってきた!

子どもたちが昆虫を見る、知る、触れることを通して、自然環境や人間の暮らしとの関わりに興味を持ってもらうことを目的に開催するイベント「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」が2016年7月16日(土)から開催!さっそく「大昆虫展」に行ってきました! 2015年に88mmというカブトムシの大きさでギネス記録を更新した哀川翔さんが2016年も記録にチャレンジ! その公式計測会も開催されました! 果たして新記録更新か!?

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

カブトムシ、クワガタを見て、触って、親子で楽しく学ぼう!

開催日前日に行なわれた「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」の記者発表には、同展実行委員会副委員長でNPO法人日本アンリ・ファーブル会理事長も務める作家の奥本大三郎さん、同展アンバサダーの哀川翔さん、応援大使のカブトムシゆかりさんが出席。「大昆虫展」の見どころを紹介してくれました。

同展は100箱以上の昆虫標本の展示、150匹以上の生きたカブトムシと直に接する「ふれあいの里」、漫画家・手塚治虫の少年時代の標本や昆虫画の展示、昆虫キャンドルづくりのワークショップなど、盛りだくさんのイベント。今年は初めての試み、国蝶“オオムラサキ”の生態展示にもチャレンジしました。

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

同展実行委員会副委員長の奥本大三郎さん(写真左)、大昆虫展アンバサダーに哀川翔さん(写真中央)、応援大使のカブトムシゆかりさん(写真右)

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

虫好き3人が集まり、虫の話に花が咲き、とても和気あいあいとした記者発表に

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

初めての試み、国蝶“オオムラサキ”の生態展示にもチャレンジ!

さらに奥本副委員長は、「国や風土によって人間も含めた生き物の色やデザインに不思議な関係がある」と、アフリカのコンゴのにいる「ゴライアスオオツノハナムグリ」という大きなカブトムシの背中の模様が、コンゴにしかいない動物オカピと同じデザインだったり、タイのお寺の屋根の形が「ゴホンツノカブト」と同じだったり、実物を持ってきて展示し、そんな不思議な関係を見せてくれています。

さらに2015年に88mmというギネス記録を更新したカブトムシを育てた哀川さんが、「今年も出ちゃった。俺の中では88mm越え!」と、自信のカブトムシを持参。公開計測会も実施されました。

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

2015年にギネス記録を更新した88mmよりも大きい! と自信たっぷりの哀川翔さん。「みなさんの前でキッチリ計測しよう」と、カブトムシを持ってきてくれました

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

「また今年も出ちゃった。俺の中では88mm越えしてる」と哀川さん。「大きいですね〜」とカブトムシゆかりさん。哀川さんは小さいカブトムシも持ってきてくれました

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

計測を行なうのは、東京・中野「むし社」の飯島店長。胴体と首に隙間があると正確に測れないので、ここはしっかり詰めて、角は上下するので、下にあたる感じで、ギュと詰めてノギスで測るとのこと

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

大きいカブトムシは力が強く測るのも大変。手袋は欠かせないそうです。果たして結果は!?

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

「87.4mm!」の声に「足りないじゃないか!」と哀川さん。「2年連続でこの大きさに育てるのはすごい。これが去年なら、これでもギネス新記録だった」との声にも、「でもかなりショック、また来年に向けてがんばる」と、来年に向けてスタートしました

哀川翔流、ギネス級カブトムシの育て方!

虫好きが3人集まった記者発表はとても和気あいあいとした雰囲気。カブトムシゆかりさんが「ギネスサイズのカブトムシは幼虫の頃から違いますか?」と、哀川翔さんへ質問する一幕も。哀川さんは幼虫のときから大きさが全然違うと回答。さらに「12月の冬眠する前にもうかなりの大きさになっているので、コイツはでかくなるなというのはわかる。いかに幼虫のときにおいしいものを食べさせて大きくするかですね」。

カブトムシは成虫になってからは大きくならないので、いかに幼虫のときに大きくするかが勝負。冬眠前にある程度大きくしておくと、冬眠から覚めた春になってからも、モリモリとエサを食べてくれるそう。「食べ方が全然違う」とのことでした。

またカブトムシと触れ合うときの注意点については、基本的に昆虫には触らない方がいいとしつつも、カブトムシの進む方向に手を出して手に乗せたり、木切れに乗せるとか、小さい方の角を握って持ち上げる、またカブトムシは力も強く腕にトゲがあるので、手に乗ったカブトムシは無理矢理とらない方がいいと教えてくれました。

さらに幼虫を触るときには、おがくずで手をこすって手の脂をとること。特に幼虫の体の横に並んでいる小さな穴、呼吸をしている気門ですが、ここは触らないように。ばい菌が入って病気になると、アドバイスしてくれました。

標本を見て、生きたカブトムシとも触れ合え、虫についての知識も学べる展覧会。カブトムシゆかりさんは「1日で虫博士になれる」と太鼓判。奥本副委員長も「虫のことがよくわかる非常におもしろい昆虫展になった」と自信をのぞかせました。

「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」は、夏休み期間中の2016年8月24日(水)まで開催!

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

会場入口には背中に乗って記念写真が撮れる「ヘラクレスオオカブト」

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

ファーブル研究で第一人者の奥本大三郎さん監修のもと、標本100箱を子どもたちにわかりやすく解説

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

150匹以上の生きたカブトムシと直に接する「ふれあいの里」、その前には世界の珍しいカブトムシやクワガタが20匹集結!

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

「ふれあいの里」は5.7m×12.6mの巨大虫かご。里山をイメージし、もちろん大人も入れます。8月上旬からはクワガタも放たれます(※持ち帰り不可)

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

昆虫が住む里山を再現し、生きたカブトムシを約150匹を放しています。自由に触って観察できます

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

「コーカサスオオカブト」や「ヘラクレスオオカブト」を展示。触っちゃダメだけど、写真は撮れるよ

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

体長170mm超! 世界最大級の「ヘラクレスオオカブト」の標本を展示

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

ゴライアスオオツノハナムグリの縞模様と、背中のチョコレート色は、同じ所に住むオカピの模様にそっくり。長い間同じ土地に住んでいると、人も、鳥も、虫も、同じ色調になるようです

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

シマウマの縞模様は、他の地域では見られないものです。しかし、アフリカでは珍しいものではありません

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

タイのゴホンツノカブトの角の形と色は、タイの寺院とよく似ている

カブトムシ好き子供たち必見!哀川翔流ギネス級カブトムシの育て方も!「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」に行ってきた!

昆虫キャンドルをつくれるワークショップも開催!

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200608_present_picoton_00

    プレゼント!YouTube『つくってみよーよ ピコトンTV』公開記念!ピコトン工作キット “選べる2個セット” プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンが、Yo…

注目イベント

  1. 20200730_report_STARS_03

    2021年1月3日(日)まで森美術館で開催!

    「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」が開催!
    草間彌生、村上隆、奈良美智ら現代美術のスターたちが集結した「STARS展:現代美術のスターたち—日本…
  2. 20200702_report_mogi_sensei_01

    未就学児からプログラミングを学べる「チャギントンプログラミング」

    脳科学者 茂木健一郎先生インタビュー!
    人気の鉄道アニメ「チャギントン」のキャラクターをゲーム感覚で動かすことでプログラミングを学び、“プロ…
  3. 20200715_report_sumida_03

    日本最大級! 500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽が登場!

    「すみだ水族館」が大規模リニューアルオープン!
    日本最大級となる500匹のクラゲが漂う長径7mの水盤型クラゲ水槽「ビックシャーレ」が登場!通常はバッ…
  4. 20200127_taiga_niiyama_san_01
    ウルトラマンシリーズの劇場版最新作『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』が、202…
  5. 20200629_report_kurage_sunshain_02

    2020年7月9日(木)サンシャイン水族館に癒しの大水槽が誕生!

    新クラゲエリア「海月空感(くらげくうかん)」オープン!
    サンシャイン水族館の大型リニューアル第3弾、“クラゲ” をメインにした新エリア「海月空感(くらげくう…

おすすめスポット

  1. 20191201_spot_DRAEMON_shop_01

    2019年12月1日(日)ダイバーシティ東京 プラザにオープン!

    ドラえもん未来デパート
    世代を超えて世界中から愛されている「ドラえもん」の世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパー…
  2. 20190713_spot_ITADAKI_06

    生駒山上遊園地にボーネルンドプロデュースの屋外あそび場

    PLAY PEAK ITADAKI(プレイ ピーク イタダキ)
    生駒山上遊園地では、2019年7月13日(土)に株式会社ボーネルンドが設計および監修を手がける国内最…
  3. 20190729_event_ABAL_DINOSAUR_01

    2019年7月29日(月)〜9月30日(月)横浜「アソビル」で開催!

    ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)
    空間移動型VRで大迫力の恐竜世界を歩き回れる「ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)」が、…
  4. 20190914_spot_bears_00

    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」× 屋内あそび場!

    くまのがっこうあそびひろば
    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の子ども向け新施設『くまのがっこうあそびひろば』が、2019年9…
  5. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    KidsBee(キッズビー)
    日本初の本格ビュッフェ+室内遊具で親子3世代が安心して楽しめる大型施設『KidsBee(キッズビー)…

アーカイブ

ページ上部へ戻る