巨大な「ホホジロザメ」の貴重な標本に遭遇!

「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

食物連鎖の頂点に君臨するサメシャチをはじめ、海で生きる脊椎動物の捕食関係を通して生き物のつながりを明らかにする「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」が、2016年7月8日(金)から国立科学博物館で開催! さっそく行ってきました! 同展の見所のひとつは日本初公開となる「ホホジロザメ」の全身液浸標本。間近で、本物の巨体をじっくりと観察できる貴重な機会です!

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

生物多様性の展示、捕食関係を通して生き物のつながりを明らかに!

恐ろしい顔をしたサメばかりが展示されているかと思いきや、さにあらず。「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」では、魚類、哺乳類、鳥類、爬虫類など、海で生きるさまざまな生物の標本を162点も展示し、それらの生物のつながりを「食う」「食われる」を通して明らかにしています。

さまざまな生物が「食う」ためにどのように進化し、どんな能力を備えたのか。そもそも最初の魚類には口はあっても歯も顎もありませんでした。しかし歯ができ、顎を動かせるよう進化することで、より力強く獲物を捉えることができるようになったのです。

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

古生代最大の魚類「ダンクルオステウス」の頭骨。強力な顎を持った古生代の代表的なハンター。大きな顎で魚を捕えて食べていたが歯はない

一方、「食われる」方はどんな身を守る術を持っているのか。たとえば海の生き物の多くは食べ物を丸呑みにするため、捕食者の口よりも大きくなれば食べられることはありません。フグのように体を膨らませる術を身に付けたり、マンボウは体を大きくすることで身を守っています(ただしサメなど、歯で食いちぎる食べ方をする生き物には通用しません)。

同展では、海に生きるさまざまな生物の驚くべき捕食に関する能力を目の当たりにするとともに、多彩な生物が生息する海の素晴らしさ、そして生物のつながりをわかりやすく一望できる展覧会です。

また現在、人間は地球上で一番強いハンターです。強いからこそ、生態系を健全な状態で維持できるように守っていかなければなりません。生き物に興味を持つことで、同展の副題にもなっている「恵み豊かな地球の未来」を実現する、そんな願いも込められています。

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

こちらの写真、決定的瞬間のまま化石となっているのですが、どんな化石かわかりますか?

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

わかりやすく想像図にすると、こんな感じ。クラドキクルスに腹を食い破られたカラモプレウルス。大型魚類同士がお互いを食い合う姿の化石。よく見ると口からは尻尾が、お腹から頭が出ています

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

脊椎動物は顎を持つことで、より大きな獲物を食べることができるようになり、巨大化していきました。全長20mにもなったと言われる最大級の魚類「ショニサウルス」の頭骨や12mの首長竜「タラメソドン」骨格標本、そして12.5mの巨大なサメ「カルカロドン・メガロドン」

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

「恐竜展」などでお馴染み、国立科学博物館の真鍋真先生。古生代、中生代の生物の顎や歯の進化について説明してくれました

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

千数百万年前に生息していた巨大なサメ「メガロドン」の顎復元模型を前に、「海で生きる脊椎動物の捕食関係を通して生き物のつながりを明らかにすることで、多彩な生物が生息する海の素晴らしさ、そして生物の命をつなぐ営みについて理解を深めてほしい」と、同展の監修を務めた国立科学博物館の篠原現人先生

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

同展最大の見どころ、日本初公開となる全長3.2m、320kgの「ホホジロザメ」の全身液浸標本。2014年8月末に沖縄県本部町近海で漁の延縄にかかって死んでいたものを研究用の標本として作製したもの

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

内臓や筋肉など生物の形をしっかりと保存し、間近で本物の巨体を観察できる。標本の制作過程も映像で見ることができる

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

全長約6mの「ホホジロザメ」の顎。歯の鋭さや次から次へと歯が生えてくる様子がわかる

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

威圧感ナンバーワンの「シロワニ」をはじめ、金槌のような頭部が特徴的な「シロシュモクザメ」など、さまざまなサメを展示

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

サメ界のスピード王「アオザメ」など、まるで襲ってくるかのような迫力の展示。通常より高い位置に展示することで迫力を出し、また歯の様子がわかるようにしている

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

会場内のさまざまなところにサメについての詳しい解説「サメラボ」のパネルを設置。子どもでもわかりやすく説明しています

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

ハンティングする際のポイントもわかりやすく紹介。生物が何を手がかりに獲物を探しているかなどを紹介。海の生物の生態がわかるめずらしい映像などもたくさん

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

会場内では頭上にも注目! シャチやイッカクなどの骨格を展示しています

子供たち大興奮!「海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜」に行ってきた!

会場内は「深海」「極域」「外洋」「浅海」と、それぞれの生物を生息域でわけて展示。たくましく生きるさまざまな海の生き物を紹介し、多様な生物が生息している海の豊かさを紹介

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. dinosaur2019_T_A4_1108.ol

    プレゼント!2019年夏開催、待望の恐竜展!特別展「恐竜博2019」ご招待券プレゼント!

    謎の恐竜 “デイノケイルス” の実物化石と全身復元骨格が世界初公開される特別展「恐竜博2019」が、…
  2. 20190714_present_pet2_01

    ジャパンプレミアご招待! イルミネーション最新作!『ペット2』ジャパンプレミア(2D吹替版)プレゼント!

    『怪盗グルー』シリーズや『ミニオンズ』『SING/シング』を手掛けたイルミネーション・エンタテインメ…

注目イベント

  1. 20190712_report_dino2019_10

    2019年10月14日(月・祝)まで国立科学博物館で開催!

    特別展「恐竜博2019」に行ってきた!
    2019年7月13日(土)から国立科学博物館で特別展「恐竜博2019」開催!「恐竜博2019」に行っ…
  2. 20190706_report_TOYSTORY4_02

    夏休みにおすすめ!『トイ・ストーリー4』映画レビュー!

    『トイ・ストーリー4』キッズイベント親子試写会開催!
    ディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』が2019年7月12日(金)全国公開!公開を翌週に控…
  3. TO2_teaser_Bbai_ol

    2019年7月12日(金)全国ロードショー!

    映画レビュー:トイ・ストーリー4(2D 字幕版)
    ディズニー/ピクサーの大傑作『トイ・ストーリー』シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』が2019年7月…
  4. 20190607_report_mammoth_02

    2019年11月4日(月・休)まで日本科学未来館で開催!

    企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか- に行ってきた!
    2019年6月7日(金)から日本科学未来館で企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか- が開催!…
  5. 20190425_interview_mammoth_kondo_sensei_01
    2019年6月7日(金)〜11月4日(月・休)まで日本科学未来館で企画展「マンモス展」-その『生命』…

おすすめスポット

  1. 20190501_spot_PuChu_03

    2019年5月1日(水・祝)待望のオープン!

    PuChu!(プチュウ)
    “ポストAI時代に必須の「知性」と「感性」を遊びながらに学べる” をコンセプトにした子どものための屋…
  2. 20190707_spot_anpanman_07

    2019年7月7日(日)みなとみらい61街区にオープン!

    横浜アンパンマンこどもミュージアム
    横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールが、2019年7月7日(日)に移転し、新施設「横浜アンパン…
  3. 201610_facilities_miraikan_01

    先端科学技術を体験するサイエンスミュージアム

    日本科学未来館
    「日本科学未来館」は、私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する体験型のサイエンスミュージア…
  4. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  5. 201610_facilities_shimizukouen_fieldathletic_01

    ファミリー! 冒険! 水上コース! 国内最大級のフィールドアスレチック!

    清水公園フィールドアスレチック
    ファミリー、冒険、水上のスリルと冒険に満ちた3つのコースと100ものアスレチック遊具を備えた国内最大…

アーカイブ

ページ上部へ戻る