デビッド・ボウイの大回顧展が開催!ステージ衣装や手書きの歌詞などが公開!

「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

2016年1月に亡くなった英国のロックスター、デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」(デヴィッド・ボウイ・イズ)が、いよいよ2017年1月8日(日)から開催! 1月5日(木)に内覧会が開催され、ステージ衣装や手書きの歌詞など300点以上がお披露目されました。

20170105_report_DAVID_BOWIE_is_01

圧倒的なボリューム!
ボウイにエスコートされているかのような体験型展示もユニーク

ファンにとっては待ちに待った「DAVID BOWIE is」(デヴィッド・ボウイ・イズ)。その期待を裏切らない展示物の数々は、オリジナルのステージ衣装や手書きの歌詞など300点以上、初めて公開される貴重なものも多数展示されていました。

さらに会場に入ると手渡されるヘッドホンからは、それぞれの展示に対応した音楽やボウイのコメント、関係者のインタビューが流れ、まるでボウイにエスコートされているような体験を味わえます。

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

ロンドンのヴィクトリア & アルバート博物館のキュレーターで「DAVID BOWIE is」の監修を務めたVictoria Broackes(ヴィクトリア・ブロークス/写真中央)さんとGeoffrey Marsh(ジェフリー・マーシュ/写真左)さんは、同展の大きな見所のひとつを「ボウイの哲学」と紹介。ボウイは「誰もがなりたい人間になれる」ということを伝え続けていた

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

「DAVID BOWIE is」日本展オフィシャルサポーターの、女優・二階堂ふみさん。デヴィッド・ボウイの大ファンで、「ずっと追いかけ続けたい憧れの男性」とのこと(写真:有賀幹夫)

以前からのファンも新しいファンも楽しめる展覧会

同展はボウイの50年におよぶ創作活動を一堂に見られるものとなっています。誰もが一度は目にしたことのあるきらびやかな衣装など、スターになってからのものが多数を占めていますが、苦労していた10代の頃にアイデアを綴ったスケッチやデザインも展示し、アーティストとしてのボウイの原点、そしてどのようにボウイが形成されていったのか、そのプロセスを見ることができます。

ボウイも最初からスターだったわけではなく、デヴィッド・ロバート・ジョーンズ(ボウイの本名)という少年が試行錯誤しながらボウイというアーティストをつくりあげていたことがよくわかり、そこに共感を覚えるとともに、真似のできないすごさも感じました。同展のどこに一番シビれるかは、ボウイにハマった時期によって異なると思いますが、観る方の数だけそのポイントがある展覧会となっています。

長くボウイを追い続けた方にも新しい発見があり、これから知っていく方々にはボウイの魅力を楽しめることはもちろん、ボウイの音楽や哲学を知ったことで、毎日が少し豊かになると思います。同展は東京・品川の寺田倉庫 G1ビルで、2017年1月8日(日)〜4月9日(日)まで開催。

【イベント紹介】「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」開催概要

【映画紹介】大回顧展「DAVID BOWIE is」のドキュメンタリー映画「デヴィッド・ボウイ・イズ」が、2017年1月7日(土)より全国の映画館で再上映中!

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

会場入ってすぐのところに展示されている「ストライプド ボディスーツ」。1973年の「アラジン・セイン・ツアー」のため、山本寛斎氏がデザイン

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

苦労していた10代の頃にアイデアを綴ったスケッチやデザインも展示

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

スタンリー・キューブリック監督映画『2001年宇宙の旅』に触発されて生まれた1969年のヒット作「Space Oddity(スペース・オディティ)」

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

「スターマン」の衣装と「トップ・オブ・ザ・ポップス」の映像

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

1972年〜73年にかけて行われた「ジギー・スターダスト・ツアー」で披露された、山本寛斎氏がデザインしたボディスーツ

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

日本の歌舞伎からもインスピレーションを得ていたボウイ。歌舞伎の化粧法や早変わりのテクニックをライブパフォーマンスに取り入れていた

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

山本寛斎氏がデザインした漢字柄のマント。「デビッド・ボウイ」も漢字になっている

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

アレキサンダー・マックイーンと共同でデザインしたユニオン・ジャック柄のコート

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

ボウイ自らが描いた三島由紀夫の肖像画(写真左)も展示

デビッド・ボウイの大回顧展が開催!「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!

日本のオリジナル展示には、映画「戦場のメリークリスマス」で共演した北野武氏、坂本龍一氏の撮りおろしインタビューも上映。北野武氏が「映画の神様が降りてきた」というシーンも紹介

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20170308_event_mucha_01

    プレゼント! 2017年3月8日(水)から国立新美術館で開催!「ミュシャ展」無料観覧券プレゼント!

    アール・ヌーヴォーを代表する芸術家のひとりアルフォンス・ミュシャの幻の超大作を集めた展覧会「ミュシャ…
  2. Main slab of rare fossil 'dinobird' and earliest bird found in the Upper Jurassic of Solenhofen in Germany, now on display at The Natural History Museum, London.  Known also as the London Archaeopteryx.

    2017年3月18日(土)〜6月11日(日)まで国立科学博物館で開催!「大英自然史博物館展」ご招待券プレゼント!

    「大英自然史博物館」の収蔵標本の中から貴重なコレクションを展示する「大英自然史博物館展」が、2017…

注目イベント

  1. 20170105_report_DAVID_BOWIE_is_03

    デビッド・ボウイの大回顧展が開催!ステージ衣装や手書きの歌詞などが公開!

    「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」に行ってきた!
    2016年1月に亡くなった英国のロックスター、デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE …
  2. 20161208_report_GGP_01

    COMMUNE246を再生可能エネルギーとのタッチポイントに!

    GREEN POWER プロジェクトがソーラーパネルカー「みどり号」お披露目!
    『GREEN POWER(グリーンパワー)プロジェクト』では2016年12月8日(木)、東京・表参道…
  3. 20161208_report_desney_art_01

    2017年4月8日(土)から日本科学未来館で開催!

    企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」詳細発表!
    ミッキーマウスの誕生から最新作「モアナと伝説の海」まで、約90年にわたるディズニー作品の原画を展示す…
  4. 20161110_report_t_rex_01

    全長8m超の世界最大・世界初の二足自立歩行型恐竜!

    新型「ティラノサウルス3号」世界初公開!
    2016年11月10日(木)、株式会社ON-ARTが国際特許取得技術により実現した、全長8メートルに…
  5. 20161031_report_rasuko_01

    私たちの祖先クロマニョン人の豊かな創造性や芸術のはじまりを体感!

    特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」開催!
    東京・上野の国立科学博物館で11月1日(火)から「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
  2. 201610_facilities_tokyotower_01

    東京のシンボル、高さ333メートルの日本一の観光名所

    東京タワー
    1958年末に東京地区の総合電波塔として港区芝公園に建設された東京タワーは、東京のシンボル、観光名所…
  3. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
ページ上部へ戻る