2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題!

2017年/日本/カラー
配給:東宝
©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2017

この冬、誰も見たことのない
「妖怪ウォッチ」が始動!

物語は「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界。

恐るべき妖怪ウイルス『鬼まろ』によって穏やかな日常は終わりを告げる。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか!?

子どもたちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』。そのシリーズ最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)に全国公開。その衝撃の内容が大きな話題に!

子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題!

登場人物が一新!
お馴染みの妖怪たちは驚きの姿で登場!

今作では妖怪たちは普段の姿=「ライトサイド」と、戦闘形態「シャドウサイド」という2つの姿を手に入れ、バトル時には超変化! さらに、これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わり、新しい世界観の新生「妖怪ウォッチ」になっています。

子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題!

さらに妖怪アニメの大先輩、誰もが知る国民的キャラクター「ゲゲゲの鬼太郎」が登場! 鬼太郎だけではなく、目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男という、お馴染みの “鬼太郎ファミリー” も総出演!

「ゲゲゲの鬼太郎」は今日の妖怪漫画・妖怪アニメの生みの親ともいえる、水木しげる氏の代表作。1965年に漫画連載がスタート(※連載当初の「墓場の鬼太郎」が後に改題)、1968年にアニメが放送され、瞬く間に妖怪ブームを巻き起こし、世に「妖怪」のイメージを浸透させました。その後も5度のアニメシリーズ化が成され、国民的アニメとなった「ゲゲゲの鬼太郎」。

劇中、ある危機を迎えたジバニャンたち一行は、伝説の存在である「鬼太郎」に助けを求め、たどり着くのが、あの「ゲゲゲの森」! そこで、大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、今、子どもたちを夢中にさせている妖怪たちが対面を果たす!

子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題! 子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題!

主人公役2人のゲスト声優も決定!

1人目は、2011年の東宝シンデレラで審査員特別賞を受賞して以来、映画、舞台、歌手と、幅広く活躍し、今期の大注目ドラマ「陸王」にも出演。声優としても、歴史的大ヒットとなった「君の名は。」のヒロイン役で日本中の観客の心を掴み、今最も注目されている若手女優・上白石萌音さん。

2人目は、モデルとしても活躍しながら、数々の大人気ドラマ、大人気映画に出演し続ける、大人気俳優・千葉雄大さん。NHK連続ドラマ小説「わろてんか」でも、主人公・てんに大きな影響を与える兄役で人気を博し、話題になっています。新たな「妖怪ウォッチ」の幕開けにふさわしい実力を持った女優、俳優が、主人公たちに命を吹き込む!

この冬、子どもはもちろん、大人も楽しめる “妖怪エンターテインメントムービー” が誕生!
子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題! 子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題!

妖怪史上最大の戦いが今、はじまる!

これは、ケータたちの世界から30年後の物語。穏やかな日常は終わりを告げ、運命の日が始まろうとしていた。数千年に一度、地球を襲う最悪の妖怪ウイルス・鬼まろ。人の “悪意” に感染して無限に増殖していく‥‥。

いちはやく異変に気づいたエンマ大王は人間と妖怪の滅亡の危機を救うため、いにしえの力を秘めた『妖怪ウォッチ エルダ』に選ばれし者を見つけだした。なんとそれはケータの娘・ナツメだった!ウィスパーから『エルダ』を受け取ったナツメは、妖気を操る少年・アキノリ、そして伝説の猫妖怪・ジバニャンたちと鬼まろ退治にのりだした。

一方、鬼まろは闇を抱える少年・トウマと契約を交わし、“悪意” を増殖させる邪悪な『鬼眼(ぎがん)ギア』を与える。トウマを利用し、次々と人の心を食らっていく鬼まろ。そして、鬼まろが集めた “悪意” が力を与え、もっとも恐ろしい鬼王・羅仙を蘇らせてしまった!

子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題! 子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題! 子供たちからの圧倒的人気を誇る『妖怪ウォッチ』最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、2017年12月16日(土)全国東宝系にてロードショー!登場人物が一新し、その衝撃の内容が大きな話題!

公開中・近日公開予定

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20180112_event_invader_00

    招待券プレゼント! 1月12日(金)から東京シティビューで開催!「PLAY!スペースインベーダー展」招待券プレゼント!

    2018年に40周年を迎える『スペースインベーダー』。それを記念して、六本木ヒルズ展望台 東京シティ…

注目イベント

  1. 20171130_report_jintai_04

    ダ・ヴィンチ〜最先端技術を駆使して探る “人体” の謎!

    特別展「人体-神秘への挑戦-」記者発表会
    2018年3月13日(火)から国立科学博物館で開催される特別展「人体-神秘への挑戦-」の記者発表会が…
  2. 20171128_report_move_012
    2017年11月29日(水)から日本科学未来館で開催される「企画展 MOVE 生きものになれる展 -…
  3. 20171201_movie_FULLMETAL_ALCHEMIST_01

    2017年12月1日(金)全国ロードショー!

    映画レビュー「鋼の錬金術師」(2D)
    2017年12月1日(金)全国ロードショーの映画「鋼の錬金術師」(2D)の感想、映画レビュー!「鋼の…
  4. 20171123_movie_usticeleague_01

    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー!

    映画レビュー『ジャスティス・リーグ』(2D・字幕版)
    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショーの映画『ジャスティス・リーグ』(2D・字幕版)の映画…
  5. 20171116_report_erlich_00

    全作品撮影OK! フォトジェニックな作品が集まる体験型現代アート展

    「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきた!
    東京・六本木の森美術館で2017年11月16日(木)、18日(土)から開催される不思議な現代アートの…

おすすめスポット

  1. 本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!KidsBee(キッズビー)

    親子3世代で楽しめる、本格ビュッフェとキッズ遊具の大型施設!

    KidsBee(キッズビー)
    日本初の本格ビュッフェ+室内遊具で親子3世代が安心して楽しめる大型施設『KidsBee(キッズビー)…
  2. 201610_facilities_shimizukouen_fieldathletic_01

    ファミリー! 冒険! 水上コース! 国内最大級のフィールドアスレチック!

    清水公園フィールドアスレチック
    ファミリー、冒険、水上のスリルと冒険に満ちた3つのコースと100ものアスレチック遊具を備えた国内最大…
  3. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
ページ上部へ戻る