子どもの夢の叶え方

第8回 大森研一監督×柴田杏花さん

子どもたちが実在した大海賊「村上水軍」の隠した伝説の財宝を探す本格アドベンチャー映画『瀬戸内海賊物語』が、2014年5月31日(土)から全国公開! 大森研一監督、そして主演の柴田杏花さんに、映画の見どころや今後の目標について、お話を伺いました。(インタビュー:2014年4月9日(水) / TEXT:キッズイベント 高木秀明 PHOTO:水町和昭)
ページ:
1

2

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第8回 柴田杏花さん

何かに一生懸命になれば
その努力は夢を叶える糧になる

ー 柴田さんが女優を目指すきっかけは?

柴田杏花さん:ミュージカルや舞台をやりたくて、ミュージカルスクールに通っていました。でもそこにいる子たちはみんな、テレビや映画の仕事もしていて、それを見て、私もやってみたいなと思って、事務所に応募しました。

ー今回の映画では初の主演に抜擢されましたが、活躍するためにどんなことを心がけていますか?

柴田杏花さん:仕事以外のことで、何か一生懸命になることができれば、その努力はきっと仕事にもつながる、仕事でも発揮できると信じています。一番は努力をすることが大切だと思っています。私はけっこう、いろいろなことにチャレンジをしたい性格で、仕事に限らず何でも努力をして、前に進んでいくのが大切だと思っています。

ー 監督が映像の世界に入ったきっかけは?

大森研一監督:小さい頃から映画をよく観ていました。親に映画に連れて行ってもらったり、でも映画館はなかなか行けなかったのでビデオを借りてくれたりして。それが映画や映像に興味を持ったきっかけですね。『グーニーズ』もそんなときに観た1本です。漠然とですが、映画などをつくる側にまわって、観た人が笑顔になって映画館を出て行くというイメージがありました。そういうことを、多くの人に与えられるようになれればいいなと思っていました。

ー 監督になるために、子どものときにできることは何ですか?

大森研一監督:当時の僕はビデオテープがすり切れるくらい何度も映画を観ていたので、今だったらDVDが割れるくらい(笑)、映画を観るのがいいと思います。常に別の作品ではなく、好きな作品を繰り返し観てもいい。作品を観ることで養われるものがたくさんありますし、引き出しも増えると思います。物語をつくることを目指すのであれば、物語をつくる組み立て方も育まれます。まずは、たくさんの作品を観る、何度も観るといいと思います。

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督

楓の、あきらめない姿
最後までやり通す心を感じ取ってほしい

ー 映画『瀬戸内海賊物語』の見どころ、注目してほしいところは?

大森研一監督:ここは柴田さんが一番うまく言えるかな(笑)。

柴田杏花さん:ひとつひとつを観てもらいたいというはもちろんあるんですけど、楓のあきらめない姿や、一度決めたら最後までやり通す心みたいなのを観て、感じとってもらえたらと思います。

大森研一監督:そうですね。あきらめない気持ちがあって、絵的なことを言えば、瀬戸内の独特の風景や、自然の中で遊んだり、外だからこそ味わえる感性みたいなものを観ていただけたらと思っています。特に瀬戸内特有の潮流にはこだわりました。どこの海で撮っても同じではなく、瀬戸内にしかない海、自然を観てください。幸運にも、撮影の1ヵ月間はほとんど雨が降らなくて、美しい瀬戸内の景色も楽しんでいただけると思います。




ー 柴田さんはじめ、子どもたちをとりまく共演者の方々が豪華なキャスティングです。共演者の方はどのような視点から選んだのでしょうか?

大森研一監督:子どもが主役ということもあるので、存在感は示しながらも、物語の中はもちろん、撮影の現場などでも、子どもたちを見守ってくれる、包み込んでくれる方々にお願いしました。実際子どもたちをすごく優しく包んでいただけて、お父さん役の内藤剛志さん、おばあちゃん役の中村玉緒さん、それぞれの方が家族として、撮影の時点から程よい距離感を保ち、とても撮影しやすい雰囲気をつくっていただけました。

ー 柴田さんは今回が初主演で、共演者の方々はベテラン揃いで、緊張はしましたか?

柴田杏花さん:たとえばお父さん役の内藤さんと一緒にお芝居をしていると、自然にスッとお芝居に入り込むことができました。

ー 監督というのは、自分の考えを人に伝え、理解してもらわなければならない仕事だと思います。書店などでも自分の考えを「上手に伝える」ということをキーワードにした書籍がたくさん出版されていますが、自分の考えを伝え、みんなの気持ちをひとつにするために心がけていることは?

大森研一監督:常に客観性を崩さないようにしています。撮影していても、その瞬間瞬間にいろいろな意見が出てきます。しかし、そもそもの全体像がいかに的確なのかを示し、理解していただき、その場の雰囲気に流されないように、ついてきてもらうように心がけています。

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さんインタビュー

「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さん

ー お二人のこれからの夢、目標は?

大森研一監督:『瀬戸内海賊物語』の“続編”! 『グーニーズ』も続編の製作が発表されたので(笑)。まぁ、それはうまくいけばですが、今回は現代劇だったので、歴史ものとしての村上水軍の話や、それこそ本屋大賞を受賞した「村上海賊の娘」の映画化とか、すでにいろいろお声はかかっているでしょうけど…。合戦があったり、そういう時代物の作品を撮りたいと思っています。

柴田杏花さん:ひとつの役にとらわれずに、いろいろな役をできる女優さんになりたいと思っています。

【#子どもたちへ】大森研一監督のおすすめを紹介! 子どもたちへのメッセージも! 新型コロナウィルス感染症による臨時休校・外出自粛要請 支援企画

【試写会レポート】 映画『瀬戸内海賊物語』子供の日“キッズイベント独占”親子試写会を開催! 参加された方の感想はこちら!

インタビュー後記

本屋大賞の「村上海賊の娘」、『グーニーズ』の続編と、立て続けに追い風の吹いている『瀬戸内海賊物語』。そのような発表がある前に試写を拝見させていただきましたが、本当に、とてもいい映画でした。冒険もの特有のスリルに爽快感、そして冒険後の成長などもしっかり描かれ、子どもと大人が、それぞれの視点で楽しめる映画だと感じました。5月5日の「子供の日」に開催した「『瀬戸内海賊物語』子供の日“キッズイベント独占”親子試写会」でも、ご参加いただいた方はみなさん同様の感想をお持ちで、お子さんの中には、繰り返し気に入ったシーンについて話し、興奮冷めやらぬまま、夜、眠りについたそうです。※試写会に参加された方の映画の感想はこちら!

宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』しかり、良くも悪くも、子どもは大人の都合の中で生きています。大人もまた、自分ではどうしようもない大人の都合の中にいるのですが、子どもが、自らの力で解決策を見つけようとするその姿やピュアな想いに、映画を観た大人も、そして子どもたちも何かを感じるはずです。

柴田さんのご両親は、まだ映画を観ていないそうです。全国公開を機に観られると思いますが、おそらくは普段とは少し異なる娘の成長をスクリーンで見るというのは、どういう気持ちなんでしょう。ご両親の感想も聞いてみたいですね。

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さんインタビュー大森 研一(おおもり けんいち)

映画監督、映像作家、脚本家。1975年愛媛県生まれ、大阪芸術大学卒。映像制作会社『合同会社ウサギマル』代表。映画を中心に、映像制作全般における企画から脚本・演出・編集までのすべてを手がける。また小説の連載などの執筆でも活動中。原案・脚本・監督を務めた冒険映画『瀬戸内海賊物語』が、2014年5月24日(土)から愛媛・香川・徳島で先行公開、5月31日(土)から全国で公開。

キッズイベント「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さんインタビュー柴田 杏花(しばた きょうか)

1999年東京都生まれ。スターダストプロモーション所属。2009年度「りぼんガール」準グランプリ。TBS「JIN?仁?」(09年)、EX「ハガネの女」(10年)、WOWOW「贖罪」(12年)、KTV「幽かな彼女」(13年)など、ドラマ、CMで活躍中。『瀬戸内海賊物語』は初主演映画。

ページ:
1

2

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. 20200608_present_picoton_00

    プレゼント!YouTube『つくってみよーよ ピコトンTV』公開記念!ピコトン工作キット “選べる2個セット” プレゼント!

    子ども向けワークショップの企画・実施等を行なっている「子供のクリエイティブ応援企業」ピコトンが、Yo…

注目イベント

  1. 20200911_report_sunshineaqua_20

    大人気企画第2弾! 2020年11月5日(木)までサンシャイン水族館で開催中!

    夜のサンシャイン水族館「もっと♡性いっぱい展」に行ってきた!
    大人気企画第2弾!夜のサンシャイン水族館「もっと♡性いっぱい展」が 2020年11月5日(木)までサ…
  2. 20200827_report_artaquarium_12

    2020年8月28日(金)東京・日本橋にオープン!

    「アートアクアリウム美術館」に行ってきた!
    毎年夏になると日本橋で開催され、艶やかな金魚が美しく舞う、“涼” を感じる空間として愛されてきた「ア…
  3. 20200805_report_Disney_plus_09

    この夏の楽しみ方をママパパ目線で提案! 大人気ファミリーが浴衣姿で集結!

    『ディズニープラスでみんなイッキミ“夏祭り”キャンペーン supported by ディズニー★JCB カード』特別イベントが開催!
    ディズニー作品の定額動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」は2020年8月5日(水)…
  4. 20200730_report_STARS_03

    2021年1月3日(日)まで森美術館で開催!

    「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」が開催!
    草間彌生、村上隆、奈良美智ら現代美術のスターたちが集結した「STARS展:現代美術のスターたち—日本…
  5. 20200702_report_mogi_sensei_01

    未就学児からプログラミングを学べる「チャギントンプログラミング」

    脳科学者 茂木健一郎先生インタビュー!
    人気の鉄道アニメ「チャギントン」のキャラクターをゲーム感覚で動かすことでプログラミングを学び、“プロ…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_shimizukouen_fieldathletic_01

    ファミリー! 冒険! 水上コース! 国内最大級のフィールドアスレチック!

    清水公園フィールドアスレチック
    ファミリー、冒険、水上のスリルと冒険に満ちた3つのコースと100ものアスレチック遊具を備えた国内最大…
  2. 20200417_spot_tokyo_mizumachi_01

    「浅草」と「東京スカイツリータウン®」を結ぶ新たなエリアが誕生!

    鉄道高架下複合商業施設「東京ミズマチ®
    浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ鉄道高架下に、新たな複合商業施設「東京ミズマチ®」が誕生、浅草側の…
  3. 20180621_spot_borderless_teamlab_01

    2018年6月21日(木)「身体で世界を捉え、立体的に考える施設」が東京・お台場にオープン!

    チームラボアスレチックス:運動の森
    森ビルとチームラボがお台場にオープンする「MORI Building DIGITAL ART MUS…
  4. 20190809_spot_unkomuseum_01

    2019年8月9日(金)、ダイバーシティ東京プラザ 2階にオープン!

    うんこミュージアム TOKYO
    2019年3月に横浜にオープンし大人気を博している「うんこミュージアム YOKOHAMA」。その第2…
  5. 20190914_spot_bears_00

    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」× 屋内あそび場!

    くまのがっこうあそびひろば
    大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の子ども向け新施設『くまのがっこうあそびひろば』が、2019年9…

アーカイブ

ページ上部へ戻る