インタビュー

第1回 渡辺満里奈さん

「子どもの夢の叶え方」の記念すべき第1回目は、2012年に「第5回 ベストマザー賞【芸能部門】」を受賞した渡辺満里奈さん。子育てや自分の好きなことにしっかり取り組みながらも、いつも明るく爽やかなイメージで、お仕事も多方面で活躍しています。子どもの頃の夢や今のお仕事へ至るまでの道のり、子どもとの向き合い方、そして今後の目標などについてお伺いしました。(インタビュー:2013年4月18日 / TEXT:高木秀明)

渡辺満里奈さんインタビュー

ひそかなサポート、
精神面を支えてあげてほしい

ー ご両親は、この仕事をどう思われていましたか?

この仕事をするにあたって、両親はあまり何も言いませんでした。好きなようにやればいいという感じですね。でも、私の出演したCMの商品をたくさん買ってくれたり、雑誌の切り抜きをしてくれていたり、レコードを出せばたくさん買って、「サインして」なんて言われると、そのときはちょっとうっとおしかったりしましたが、とても応援してくれて、ひそかにサポートしてくれていました。一番のファンは両親で、それは今でもそうですね。

テレビに出て、私のことを知っている人が多くなるといろいろありますが、悪いことは私の耳には入らないようにしてくれていたり、夜遅く帰ってもご飯が用意してあったりとか、精神面ではかなり支えられていました。その時は気がつかなかったけれど、今思うとそうなんですね。実家から通っていたのは、私にとっては気持ちが安定するものでした。通えるなら実家がいいと思います。当時は早く家を出たくて、結局20歳でひとり暮らしをしてしまうのですが、そういう時期があってよかったな、と思っています。

もし自分の子どもがテレビに出るような仕事をすることになったら、両親と同じようにひそかにサポートします。反対はしません。ダメって言っても、やりたいことはやりたいでしょうから。一緒に出演するようなことはしないと思いますが。タレントになりたいと思っているお子さんは、興味を持ったことを掘り下げたり、なんでもやってみようとチャレンジしたり、面倒と思わずに何でも楽しめるようにするといいと思います。逆に親御さんが熱心な場合は、ある程度お子さんが大きくなったら、背中を押すだけにするような、引き際が大切かもしれないですね。精神面を支えてあげてほしいと思います。

子育ては“趣味”。子育てをサポートするような活動もしていきたい

ー 昨年、「ベストマザー賞」を受賞しましたね。お子さんとは、どのように向き合っていますか?

びっくりしました。でも、いただけてとても光栄です。子どもとの関わり方で気をつけているのは、とにかく「規則正しい生活」ですね。親の都合ではなくて、子どものペースを崩さないよう生活するようにしています。

また、ある程度の年齢になってからの子どもなので、私がずっと面倒を見られるわけではありません。なので20歳から22歳くらいまでに、精神的、経済的に自立してほしいと思っています。社会に出て恥ずかしくないように、お箸の持ち方とかきれいな食べ方などの食事のマナーや挨拶を何度も注意しています。「左手!」「肘!」とか。当たり前の躾の範囲ですけどね。100回言ってわからなくても、101回目にはわかるかな、というくらい気長に考えていますが、けっこう厳しい方だと思います。うるさく言い過ぎちゃったかと時々反省しています。上から強く言い過ぎると考えない子どもになってしまうので、そこも課題ですね。

ー 経済的な自立については、どうですか?

経済的な自立は、そうですね、今はもう、こうすれば将来OKということがないので、自分で考える力、応用する力をつけて欲しいと思っています。たとえば仕事のときに、言われたことしかできないというのは、きっと困りますよね。自分で考えて、何かに気がつけるようになってもらいたいです。あとはコミュニケーションですね。目を見て話す、思っていることを口に出して伝える。今は子どもなのですごくつたないのですが、思ったことは言葉にして伝えるようにさせています。

これは私たち夫婦のルールでもあるんです。わかっているだろうから言わなくていいと思ってしまうことってありますよね。でも結婚したときに「なんでも言葉にしよう」と、言わなくてもわかるだろうというのはダメにしました。何かをやってもらったとき、たとえそれが当たり前なことでも、一言「ありがとう」と言うだけで気持ちが違います。これは、子どもにも覚えて欲しいと思いました。執筆した絵本『ありがとう ターブゥ』も、「ありがとう」は最初に覚えてほしい言葉だなと思って書きました。本当に基本的なことなのですが、口を酸っぱくして言っています。最近では、子どもたちから「あぁ、またはじまった」と言われますが。

ー 渡辺満里奈さんと言えば、夫婦仲のいいことで有名ですが、円満の秘訣は?

結婚当初によく言っていたのが、いつも一緒にいられるのが当たり前だと思ったらダメ、ということですね。いつ何があるかわからないから、その時その時に、ちゃんと口に出して伝えようと。先ほども言いましたが、「言わなくてもわかるだろう」というのは“なし”なんです。

あとは、“カチンッ!”と来たとき、すぐに言い返さないようにしています。その時のテンションで言い返すと、必ず同じか、それ以上のテンションで自分に返ってきますから。少し時間を置いて落ち着いて考えて、それでも納得のいかないときは「あの時の話だけどね」と、改めて話し合うようにしています。言わないのもストレスがたまるので、自分のなかでおかしいな、と思ったら、そうやって解消していますね。だからケンカはないですね。

ー 今後の夢や目標は?

子育てが趣味みたいなところがあって、子育てに関わることが好きです。絵本の読み聞かせも楽しいと感じましたし、そういう活動は続けて行きたいと思っています。あとは、漠然とですが、社会で子どもを育てていけるような、子育てをサポートする活動ができないかな、と思っています。みんなで育てましょう、というような。そういうことを実現していけるといいですね。

インタビュー後記

インタビューをさせていただいたのは、ゴールデンウィークを間近に控える4月18日(木)。4月26日に那須高原に開館する、影絵作家・藤城清治さんの美術館、そして那須にはお子さんたちが好きな絵本「14ひきのシリーズ」(童心社)のいわむらかずおさんの美術館もあるので、「どちらも見に行けたらと思っているのですが、渋滞が‥‥」と悩んでいた渡辺満里奈さん。ご主人の名倉さんもお休みできるそうで、その顔は、お子さんを、家族を想うお母さんでした。

「子育てが趣味」で、「今後は子育てをサポートする活動ができれば」と語っていた渡辺満里奈さん。2013年8月3日(土)には絵本の読み聞かせとクラシックコンサートが楽しめる『「ありがとう ターブゥ」渡辺満里奈の絵本読み聞かせと0才からのクラシックコンサート』も開催。好きだからこそ自然体で、楽しく、そして軽やかに目標に向かっているようでした。

■ 藤城清治 美術館
http://www.nasukogen.org/topics/detail.php?n=0252

■ いわむらかずお絵本の丘美術館
http://ehonnooka.com

「ありがとう ターブゥ」渡辺満里奈の
絵本読み聞かせと0才からのクラシックコンサート

渡辺満里奈さんの絵本の読み聞かせとクラシックコンサートが楽しめる『「ありがとう ターブゥ」渡辺満里奈の絵本読み聞かせと0才からのクラシックコンサート』が、2013年8月3日(土)、JR大井町駅前の「きゅりあん」で開催されます。

大型スクリーンに映し出される絵本を渡辺満里奈さんが読み聞かせ、後半はBGMで流れたクラシックの名曲を生演奏でお楽しみいただけます。0才のお子さまも、身体で音を感じられる親子コンサートです。

・日時:2013年8月3日(土) 10:30(開場) 11:00(開演)
・全席指定:大人 3,500円 子ども 1,500円

※5月11日(土)チケット販売開始

■販売窓口
・9:00〜
 きゅりあん(JR大井町駅前)
 スクエア荏原(東急目黒戦 武蔵小山駅 徒歩10分)

・10:00〜
 O美術館(JR大崎駅前)
 しながわ観光協会(大井一丁目共同ビル1F)

■電話予約(10:00〜)
 チケットセンターCURIA(キュリア) TEL:03-5479-4140
 チケットぴあ(Pコード:197-452) TEL:0570-02-9999

■インターネット予約(9:00〜)※時間必要?
 品川文化振興事業団ホームページ
 http://www.shinagawa-culture.or.jp

■コンサートについて、詳しくはこちら

渡辺満里奈さん直筆サイン入り絵本『ありがとう ターブゥ』プレゼント!

渡辺満里奈さん直筆サイン入り絵本『ありがとう ターブゥ』プレゼント!

子どもたちに最初に覚えてほしい言葉という想いを込めて、渡辺満里奈さんが書いた絵本『ありがとう ターブゥ』。直筆サインを入れて、抽選で3名の方にプレゼントします。ご応募はこちら。

渡辺満里奈

渡辺満里奈

1970年11月、東京生まれ。86年デビュー。清潔感あふれる明るいキャラクターで、テレビ、CM出演などで活躍するほか、旅行や健康、自身の趣味などに関する本も多数出版。2005年に結婚、2007年12月に長男、2010年6月に長女を出産。