親子で不思議な空間を体験! キッズ&ファミリー向けプログラム

参加者募集!レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル「おやこでアート ファミリーアワー 第2回」(2018/1/20)

子供と一緒に楽しめる!親子で不思議な空間を体験! キッズ&ファミリー向けプログラム「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」「おやこでアート ファミリーアワー」

イメージ写真:おやこでアート ファミリーアワー(「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」2017年)撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館

開館前の美術館を貸し切り!
子どもと一緒に美術館を楽しもう!

森美術館は2017年11月18日(土)から2018年4月1日(日)まで、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」を開催します。

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では「金沢21世紀美術館」に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。

本展では、お子さんと家族が一緒に美術館を積極的に楽しむラーニング・プログラムとして、作家のエルリッヒと一緒に展覧会を楽しむワークショップや、未就学児と家族に向けて開館前の美術館を開放する「ファミリーアワー」などのプログラムを開催します。

2018年1月20日(土)開催の「おやこでアート ファミリーアワー 第2回」(日本語のみ)は、開館前の美術館を貸し切り、0歳から6歳のお子さんと一緒に安心して鑑賞できるプログラム。妊娠中のプレママもご参加いただけます。家族との週末の楽しみに、子どもたちとの交流に、子育ての情報交換に、「レアンドロ・エルリッヒ展」を自由にお楽しみください。なおおやこでアート ファミリーアワー 第1回」は2017年12月2日(土)にも開催します。

子供と一緒に楽しめる!親子で不思議な空間を体験! キッズ&ファミリー向けプログラム「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」「おやこでアート ファミリーアワー」

イメージ写真:おやこでアート ファミリーアワー(「N・S・ハルシャ展」2017年)撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館

エルリッヒの作品を通して
新たなものの見方を発見!

エルリッヒの作品を通じて既成概念や常識を取り払って「見る」ことで、新たなものの見方を発見し、知的好奇心を育むことができるでしょう。

また、本展の作品はすべて撮影が可能なので、親子で「インスタ映え」する写真を撮りながら展示を楽しむこともできます。

【イベント紹介】レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル 2017年11月18日(土)〜2018年4月1日(日)まで森美術館で開催!

キッズ&ファミリー向けプログラム
・おやこでアート ファミリーアワー 第1回(2017年12月2日[土]開催) ※日本語のみ
・キッズ・ワークショップ「レアンドロさんと一緒に」 ※日英逐次通訳付
・キッズ・ワークショップ「レアンドロ展で “こども哲学” しよう」 ※日本語のみ

子供と一緒に楽しめる!親子で不思議な空間を体験! キッズ&ファミリー向けプログラム「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」「おやこでアート ファミリーアワー」

《建物》2004年 展示風景:ニュイ・ブランシュ、パリ、2004年 ※参考図版

イベント名
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル「おやこでアート ファミリーアワー 第2回」(12/2)
応募締切
2018年1月19日(金)
開催日
2018年1月20日(土)
開催時間
9:30〜10:30
定員
80組 ※要予約
対象:未就学児(0〜6歳)とそのご家族、現在妊娠中の方とそのご家族
開催場所
森美術館 展示室内(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー53階)
アクセス
・東京メトロ 日比谷線「六本木」駅 1C出口すぐ(コンコースにて直結)・都営地下鉄 大江戸線「六本木」駅 3出口 徒歩約4分
・都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」駅 7出口 徒歩約5分
・東京メトロ 南北線「麻布十番」駅 4出口 徒歩約8分
・東京メトロ 千代田線「乃木坂」駅 5出口 徒歩約10分
料金
無料
※当日有効の「レアンドロ・エルリッヒ展」鑑賞チケットが必要です
申込方法
キッズ・ワークショップ「おやこでアート ファミリーアワー 第2回」応募フォーム
http://www.mori.art.museum/jp/learning/493/
ご注意
※ベビーカーや抱っこひもで赤ちゃんと一緒に自由にご鑑賞ください。
※9:35/9:55より、美術館スタッフが展示室内でいくつかの作品をご紹介します。参加をご希望の方は展示室入口にお集まりください。
※10:00より一般のお客様も入館します。ご了承ください。
主催者名
・主催:森美術館
・後援:アルゼンチン共和国大使館
問い合わせ
TEL:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00 森美術館 ラーニング担当)

関連記事

イベントカレンダー

プレゼント

  1. Print

    プレゼント!11月29日(水)から日本科学未来館で開催!企画展 MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!- ご招待券プレゼント!

    2017年11月29日(水)より日本科学未来館にて企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の…

注目イベント

  1. 20171123_movie_usticeleague_01

    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー!

    映画レビュー『ジャスティス・リーグ』(2D・字幕版)
    2017年11月23日(木・祝)全国ロードショー! ジャスティス・リーグ 201…
  2. 20171116_report_erlich_00

    全作品撮影OK! フォトジェニックな作品が集まる体験型現代アート展

    「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきた!
    東京・六本木の森美術館で2017年11月16日(木)、18日(土)から開催される不思議な現代アートの…
  3. 20171123_report_momoyamabeat_yamamoto_00
    2017年11月23日(木・祝)〜12月3日(日)にEXシアター六本木で上演!もっと歴史を深く知りた…
  4. 20171102_report_kineko_01

    スペシャル・サポーターの “だいすけお兄さん” も登場!

    「キネコ国際映画祭2017」オープニング・セレモニーが開催!
    子ども国際映画祭「キネコ国際映画祭2017」のオープニング・セレモニーが、2017年11月2日(木)…
  5. 20171118_event_FANTASIA_002
    日本の文化・伝統と音楽を融合した「FANTASIA -EPISODE.1 PRINCESS KAGU…

おすすめスポット

  1. 201610_facilities_Doraemon_museum_01

    「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生の作品世界と想いを伝える文化施設

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
    世界中の人々に愛されている名作『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを、約5万…
  2. 201610_facilities_miraikan_hiroba_01

    楽しみながら、子どものハテナをみんなで育む

    “おや?”っこひろば(日本科学未来館)
    私たちの生活を豊かにする最先端の科学技術を紹介する、東京・お台場にある国立の科学博物館「日本科学未来…
  3. 201610_facilities_shimizukouen_fieldathletic_01

    ファミリー! 冒険! 水上コース! 国内最大級のフィールドアスレチック!

    清水公園フィールドアスレチック
    ファミリー、冒険、水上のスリルと冒険に満ちた3つのコースと100ものアスレチック遊具を備えた国内最大…
ページ上部へ戻る